2018年08月29日

母の深い愛を感じた、6周年聖和祝祭!! 私も参加して来ました! <リポート1>



40157736_1965506753510463_4638037442379644928_n.jpg


きょう集まった皆さんは
お父様に何を語りたいですか?
私はこのように言いたいです。

「お父様、
これからはご心配なさらないでください。
私たちが必ず責任を完遂いたします。
本郷苑で
これまで孤独だった天の父母様を慰労され、
頌栄(しょうえい)の対象として
自由になられることを懇切に願います」

(2015年8月30日、天宙聖和3周年記念式でのみ言)



「Blessed Life」より
今日は聖和節の行事に関して取り上げます。


8月27日、文鮮明総裁の聖和(逝去)6周年を迎えたこの日、
世界各地から2万人以上が集まる中、
韓国・清平で聖和6周年関連行事と孝情天宙祝福式が行われました。

午前7時、天正宮博物館大講堂で真のお母様(韓鶴子総裁)をお迎えして、
「文鮮明 天地人真の父母 天宙聖和6周年記念 敬礼式」が行われました
雨の降る中でしたが、出席者はまず、
文鮮明総裁の墓地である本郷苑を参拝した後、敬礼式に臨みました。

午前9時30分、満場の清心平和ワールドセンターで
「文鮮明 天地人真の父母 天宙聖和6周年記念 聖和祝祭」が開催となりました。

聖和祝祭は、セイコ・リーさんのオープニング公演からスタートし、
記念映像が上映された後、開会宣言、報告祈祷、孝情文化特別公演と続きました。

特別公演は親子の深い絆と母の子を思う深い愛をテーマとしたミュージカル劇で進行。
会場は、素晴らしい歌声とともに父母の心情と孝情の思いに溢れました。

特別公演の後は、文善進世界会長(世界平和統一家庭連合)の朗読による聖和の辞、
鄭元周総裁秘書室長の「追慕の書信」の朗読と続き、
最後に、韓鶴子総裁が文鮮明総裁の遺影の前に献花をされ、
聖和祝祭は幕を閉じました。



私も今回は現地に行かせて頂きましたが、
やはり直接その場で参加すると、感動が大きかったです。

前日から雨で、当日も早朝から降っていました。
なので、敬礼式の時間は雨が降っていたのですね。

すでに雨は止んでいたものの
聖和祝祭会場に入る際には、
ウェディングドレスのすそが濡れないよう
新郎が気遣う姿も見られたようです。
(会場内での役目があったため私は見ていませんが。)


特別公演は、「親子の深い絆と
母の子を思う深い愛」がテーマでしたが、
お父様が聖和された今、
全人類を母の愛で、かき抱かれる、
お母様の愛の世界を感じさせていただきました。

ある先輩が言っていた言葉が思い起こされました。
今は、お母様の愛を受ける時代なのだと。

「人間っていうのは、赤ちゃんの時、
子供の時は、まずお母さんなんだ、
最初に言葉を覚えるのも、
ママ、オンマだろう。
だから母の愛が必要なんだ。

ところが家庭連合では、これまで
お父様の愛を先に受けているような感じだった。
本当はそこにもお母様がいらっしゃったんだ。

でも、今はお父様がいないから、
お母様の愛を受けるしかない。
こういう時が必要なのかも知れないね」


元周秘書室長の朗読も、
とても素晴らしいものでした。
いずれ映像が来たら、紹介したいと思います。

そして、お母様の献花で前半の行事(聖和祝祭)が
幕を閉じることになりますが、
最初に紹介したみ言のごとく、
お父様の前に決意された内容を
一片丹心、変わらずに思われている、
お母様の姿を感じさせていただきました。

明日に続きます。






にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 10:15 | Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

「神様はとても高いので、宇宙の国のような人だけを愛する事が出来るという、そういう神様ではなく、あの、地獄の底にいる人までも愛そうとする神様なのです。」

「真の愛とは何ですか。誰かに会って100年でも千年でも共にいたいという愛です。夫婦間においても永遠に愛したいという愛です。そこには地獄があり得ず、サタンがつけ込むこともできません。」

「心と体が一つになるところにおいて、真の愛が現れるようになります。夫婦の心と体の中に神様の真の愛が臨み、一つになって息子、娘を生まなければなりません。」

「真の愛の中でならどんなことが起こっても、ひたすら喜ばれる方が神様であられます。真の愛の世界で人類が生きるとすれば、一生後悔のない幸福な生涯になることでしょう。また世の中に戦争の歴史もないでしょうし、不満や不幸のない世界になっていたでしょう。」

祝福と理想家庭より

知れば知るほどお父様は再臨主であられた。
知れば知るほどお母様はイエスの花嫁であられた。
このような夫婦は二度と二度と現れる事はない。
我々の永遠の目標です。限りない感謝を神様に捧げます。
Posted by 祝福 at 2018年08月29日 20:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。