2018年09月06日

私は「最後の母」! 独り娘の号令で3日修、本当に突然だったのか 《祝勝会のみ言》



180906 20180828.jpg


先週、一連の式典の後、
お母様が責任者たちに、
3日間の修練会をするように命じられました。

その指示をされたのが、祝勝会でのみ言でした。
一度紹介しましたが、もう少し詳しく紹介いたします。


私たちに希望がありますか?
夢がありますか?
できますね?
それなら良いです。

しかし問題は、(今の時代が)完全な天の父母様の夢、
人類の願い、真の父母様の夢が
実現した時代ではないことです。
(そこに)向かっている時なのです。

新しい摂理歴史、天一国時代を開き、
天一国に向けて、全世界の祝福家庭、食口たちが
氏族メシヤの責任を果たし、
世界的に、天一国安着のために歩んでいます。

私たちの目標は、明確に定められています。


皆さんは、昨日の映像を通して
イグアスの滝を見たことと思います。
何百もの支流が合わさって
巨大な水流をつくりあげるのです。

私たち統一家の祝福家庭、食口たちが全世界的に、
特に氏族的メシヤの責任を果たした家庭を考えると
70万人以上いると見ることができます。

しかし全世界の人口は毎年増えています。
それであるならば、76億人の支流が
一つになるためにはどうすれば良いですか。

何年かかるでしょうか。


皆さんが考えなければなりません。
「ウリヌンハナダ(私たちは一つ)」という言葉を
簡単に使っています。
ひとつの心、ひとつのみ旨、ひとつの行動…。

しかし、実際皆さん自身において、
心と体があります。

自分の心はこのように願うのに、
体が言うことを聞かない。
どうすれば自分という個人において、
心と体を統一させられるでしょうか。


すべてのものを下ろさなければなりません。
私は過去に、あることをした。
いま現在、私はあることをしている。
そして、私が思考する知識レベルは、この程度だ。

このようなすべてのことを下ろしておいて、
「無」から心と体がいかに一つとなり、
統一された位置で歩むことができるか
努力しなければなりません。

ですから、きょうのプログラムには、
指導者会議が予定されていますが、
この時間から、上下高低を問わず、すべての指導者は、
すべてのことを置いて、3日修錬に参加するのです。

各自が別の心と体を持っている皆さんが、どうして
独り娘、真の母と一つになることができますか。
努力しなければなりません。

父母様の思いは、全体の為に生きようとする思いです。
父母様が成そうと心に決めた、
そのみ旨を推し量るべき立場にあるのが
責任者たちです。


自分の思いが入っていてはいけません。
私が何かを願えば、そこに全てを賭ける気持ちで
整頓されなければなりません。

自己中心的なものを下ろしておいて、
新たに真の母と一つになって、
勝利的な国家の復帰、2020世界の復帰に向け、
自分がいかに行動し、実践すべきかを苦悶しながら、
修錬をしっかり受けるようにお願いします。

それで、皆さんの心と体が整理され、
統一された状態で、このような方向に進んで、
「私たちが勝利しよう」という決断、
答えが与えられるでしょう。

それまで皆さんは
誰と一つにならなければなりませんか。

ですから、すべてのものを空にして、
お母様と一つになる3日間の時間を
持たなければなりません。
分かりましたか。

昨日のミュージカルでも、
皆さんはたくさんのことを感じたことと思います。


私は母です。
最後です。

聖書にもこう書かれています。

「人の子に対して言い逆らう者は、
ゆるされるであろう。
しかし、聖霊に対して言い逆らう者は、
この世でも、きたるべき世でも、
ゆるされることはない」

最後なのです。
私と一つにならなければなりません。

皆さんの生涯、人類の歴史において、
私と一つにならなければなりません。
私と一つになれない考えを持っている人々に、
希望はありません。

この期間に、皆さんは純白になって、
純金にならなければなりません。
分かりましたか。


天譜苑奉献式、文鮮明天地人真の父母天宙聖和6周年記念聖和祝祭、
2018天地人真の父母孝情天宙祝福式 祝勝会
天一国6年天暦7月18日(陽暦2018. 8.28)
天宙清平修錬苑



今回の修練会。
実はこのみ言を語られるまでは、
誰も知らなかったのだそうです。
世界本部の側近の方たちも。。。

お母様も「指導者会議が予定されていますが」
と語られているように、
徳野会長もその会議の時にスピーチするために
資料を作り、練習をし。。。
しかし、突然中止になって、唖然としたそうです。

お父様がいらっしゃった時、
突然、食口を集めたり、修練会をしたり、
そういうことがままありましたが、
この時のお母様の背後には、
お父様がおられる、というか、
お父様が乗り移っておられる。。。
その場にいた方が感じられたそうです。

そして、3日間は雨。
まさに過去を洗い流して、
新しい出発をするに、
ふさわしい修練会であったのでした。

それにしても、お母様のみ言は、
とても厳しいみ言ですね。。。

「最後なのです」
「一つにならなければなりません」
このことを毎日毎日噛みしめて
黄金期の今この時を歩まなければ、と思うのです。

明日に続きます。




180906 20180828_30.jpg






にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 07:00 | Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「人の子に対して言い逆らう者は、
ゆるされるであろう。
しかし、聖霊に対して言い逆らう者は、
この世でも、きたるべき世でも、
ゆるされることはない」

自分はこの聖句の意味を真の御父母様に出会って初めて分かった。
お父様がお母様は聖霊として来られたと教えてくれなかったら、そしてお母様に、出会わなかったら絶対に分からないことであった。
聖書は真の御父母様を予言していたと確信した。
御父母様の価値が少しでも分かったのなら、涙を止める事は出来ない。
Posted by 感謝 at 2018年09月06日 20:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。