2018年11月20日

(証し)自叙伝書写を始めてから… 念願の祝福、氏族や両親も!



181120.jpg


自叙伝書写を通して、本人・家族・親族の方を
祝福結婚に導いたという証しを紹介します。


昨年8⽉に祝福を受けることができました。

書写を始めてから、夫との祝福を願って
毎晩の食事の後に夫の前で書写を続けてきました。

少しずつ夫が変わってきたことを感じたので、
「祝福を受けてください」とお願いしました。
すんなりとはいきませんでしたが、
祝福式に参加してくれました。


夫の兄の⻑男(甥)が40歳近くになり、
結婚ができなくて悩んでいました。

教会を通して出会いがあり、
昨年11⽉結婚し、今年9⽉10⽇に⻑男が誕⽣しました。


今年6⽉には、私の両親を祝福に導くことができ、
念願がかないました。

今まで何度となく、ビデオを⾒てもらったり、
祝福の意味を説明したりしましたが、困難でした。
⺟に書写だけは書いてくれるように頼みました。

そんな中、昨年5⽉から⺟の喘息がひどくなり⼊院しました。
⼤学病院に移され、肺ガンと診断されて治療が始まりました。

ベッドの上に⼀⽇中いるので、
「書写をして⼼を落ち着かせて治療していこう」
と⺟に提案しました。

⺟は以前とは違い、⼀⽇に何枚も書き、
「元気になりたい」、「⽗のめんどうを早く帰ってみてあげたい」
の⼀⼼で、真面目に続けました。

すると不思議なことに、治療のケロイドもなく肺の中はきれいになり、
病院の先⽣⽅やレントゲンの先⽣⽅もビックリする程で、
思ったより早く退院することができました。


2018年を迎え、1か⽉の間に何度となく両親を訪ねました。
夫は仕事で疲れていても⼀緒に⾏ってくれました。

私達夫婦が昨年8⽉に祝福を受けたことは伝えていたので、
夫婦仲を⾒て安⼼したように思います。

5⽉の⺟の⽇に、私は素直に「祝福を受けて欲しい」
と⼼から伝えることができました。いつもなら、
「お⽗さん、受けたくないよね、嫌だよね」とけしかける⺟でしたが、
その⽇は「受けてみようや、お⽗さん」と素直な⺟になっていました。

6⽉に祝福を受け、2か⽉経った頃には、
2人ともスッキリした顔色で健康にも恵まれ、
以前とは違って楽しそうな感じでした。


実は、私は親⼦関係が良いとは⾔えない家庭で育ちました。
しかし、み⾔を学ぶ中で、
「両親が私たちに何をくれたのか」を考えられるようになりました。

ただただ、私たちの⼦供のために働き、⾝を削り、
不便な⽣活を我慢して育ててくれた両親でした。

祝福を通して、今までにない親孝⾏をさせてもらえたことで、
私の中の負債感がなくなりました。
今では、私達夫婦が訪問しないと⼼配して、
逆に⺟が訪ねて来てくれるほどになりました。

これからも頑張って、⼼を込めて書写を続けていきたいと思います。
天の⽗⺟様と真の⽗⺟様に感謝いたします。
ありがとうございました。



素晴らしい証ですね。。。

書写というのが出発点でしたが、
何よりも、ご自身が祝福を受けたこと。
これが大きな契機となっていることを感じます。

ご主人に理解してもらって、
祝福を受けたので、
幸せな夫婦関係を築いておられるのだと思います。

また、祝福家庭となることは、
私たちがその価値をあまり実感できませんが、
とても大きな恩恵であり、それまでとは大きく変わったはずです。

それが、甥御さん、さらには、ご両親にも、
善なる波動として、伝わっているのでしょう。

私たちも幸せな夫婦、幸せな家族関係を築いて、
それを周りの人たちに波及させていく、
まさに、真の家庭づくり運動を推進していきたいと思うのです。





にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)



この記事へのコメント
自分はご利益宗教は嫌いです。
というか、宗教というものはご利益ではない。

宗教というものは哲学であり、道徳であり、人生の道しるべだと思う。

そしてお父様の自叙伝には全ての知恵と道徳と人生の指針が書かれていると思う。

そういう意味での写経は素晴らしいと思う。
Posted by 宗教 at 2018年11月20日 10:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。