2018年12月19日

Peace Starts with Me! 独生女を叫び始めた米宗教指導者たち 《徳野会長》



181219 Peace Starts With Me Healing America202018.11.12.jpg


2018年にどれだけ多くの人が、真の父母を受け入れ、
独り娘に感銘を受けたでしょうか。

11月から12月の世界巡回だけでも、
あまりに大きな結実がありましたが、
その全てに同行された徳野会長が、
インターネット礼拝で報告されています。

今回は、11月12日、NYで行われた
アメリカ大会の部分を紹介します。


アメリカ大会では、
大きな特徴を二つ紹介します。

まず一つ目は、参加した人の内容です。
そこは、2万名の会場ですが、
ほぼ満杯になりました。

そして、今回の特徴は何かというと、
参加した人は、食口が全員でないということです。
実は、4割くらいの人たちが新しい人たち、
特に一般のキリスト教信徒たちが来られました。

5000名の大合唱団が讃美しましたが、
大半は、一般のキリスト教会のクリスチャンたちでした。
そういう意味では、大成功だったといえるでしょう。


181219 Peace Starts With Me Healing America20181112.jpg


もう一つの大きな特徴です。
ACLC(米国聖職者指導者会議)が変わりました。

長年、家庭連合と大きな関わりをもっている、
スターリング司教やT.L.バレット牧師たちのレベルが上がりました。
彼らは、信者の前に、お母様が一人娘である、
ということを堂々と証しするようになりました。


私はかつてUTS(統一神学校)で1年間学び、
そのあと、シカゴで毎週キリスト教会に訪問したことがあります。

その時に、セミナーに参加した牧師たちに、
「セミナーはどうでしたか?」と聞くと、
みんな「感動しました」と言うんですね。

そして、次のように質問します。
「それでは、イエス様は十字架につくために来たのではない、
ということがわかったんですね?」と聞きましたら、
どのように答えるのでしょうか。
「ノー、ノ―、ノー」と否定するんです(笑)


原理の観点から見るとどうでしょうか。

イエス様が、十字架についた、というのは、
二次摂理なわけです。
すなわち、十字架についたのは、失敗なんですね。

このことをクリスチャンたちは、
わかっているようでわかっていないわけです。

キリスト教は、私たち人類の罪の贖罪が何ですか?
それが、イエス様の十字架です。

しかし、原理ではそのように言っていないですね。
これは、革命的な観点なわけです。
このことをわかっている牧師がほとんどいません。

日本はキリスト教の基盤がないので、
このようなことを言われてもピンときません。

キリスト教の常識がわからないので、
「イエス様は、十字架につくために来たのではないんですよ」
そのように言われたとしても、
「そうでしょうね」と答えるんです(笑)


これも日本人にはピンときませんが、
「独生娘」という言葉は、
キリスト教では簡単ではありません。

しかし、メガチャーチの牧師たちが
お母様を一人娘として証ししています。

まず一人の牧師は、東海岸に教会があり、
4000人の信者がいるのです。
そして、白人の牧師(司教)です。
白人牧師が来るというのは、簡単ではない。
その人が、信徒の前に、お母様のことを
一人娘と証ししているのです。

他にもロサンゼルスのメガチャーチの司教、
この人は黒人ですが、全米的に有名です。
信者は1万7千人、礼拝には毎回1万人が参加します。

この人もお母様のことを証ししました。
「独り娘」「聖霊の実体」
そのように証ししたのです。
洗礼ヨハネの使命を見事に果たしました。

アメリカの(宗教の)主流はキリスト教(プロテスタント)です。
小さな教会ではなく、メガチャーチや白人の
キリスト教会の牧師たちが、お母様を受け入れている。
これは、アメリカが動き出したということであり、
そのことはとても大きいと思います。

編集 文責:ten1ko2


徳野会長が言われるように、
キリスト教の基盤のない日本なので、
イエス様の十字架の失敗、と言われても、
あまり響かないかもしれません。

日本では、どちらかと言えば、
「神様がおられる」「霊界がある」
この二つを受け入れるか否か、
そこに焦点が置かれるような気がします。

Peace Starts with Me ; Healing America
(ピース スタート ウィズ ミ― ヒーリング アメリカ)として行われたこの大会。
まさしく、参加した食口のみならず聖職者たちが、
主体的に、私が平和を作る、と率先して
真のお母様を独り娘として証している。

世界巡回の最初がアメリカでした。
アフリカ・アジアも大きく変わりましたが、
世界の超大国、キリスト教の基盤のあるアメリカでも、
いよいよ動いていきつつあります。。。

本流が動き出しました。
お母様が語られるように、
「摂理の春」を迎えています。
その勢いに私たちも乗っていかなければと思うのです。







にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 10:19 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。