2018年12月22日

赤ペンだらけの聖書で原理を語ったお父様! 金元弼先生の信仰初期、ありがちな失態 《平壌時代》



181222.jpg
青坡洞(チョンパドン)旧本部教会のお父様の机(平壌時代のものではありません)☆


金元弼(ウォンピル)先生の「伝統の源流」より。
今回は、『赤い線でいっぱいの先生の聖書』です。


先生はみ言を伝えるとき、聖書を通して統一原理を教えられました。

そうして神の願う人たちを集めました。
神のこれからの摂理の基盤をつくる時でしたから、
先生は心と力、霊魂を投入してこの人たちを教えたのです。

それは言うまでもなく、神の心情、神の伝統を
相続させるという仕事であったと思います。

『原理原本』というものはありませんでした。
それは先生の中にあり、当時は聖書を統一原理で教えていたのです。

先生の聖書を見ると、旧約聖書の創世記から
黙示録に至るまで赤い棒線が引かれているのです。
そしてたくさんのことが書き込まれていました。
その聖書には、涙が流れ、それが乾いた跡がたくさんありました。


先生は、再臨主は雲に乗ってくるのではなく、
イエス様が人の子として生まれたごとく、
人の子として生まれるという原理だけを教えました。
創造原理の内容とこの再臨論を話されたのです。

霊能者たちは牧師から雲に乗って
再臨すると教えられて信じているのですが、
神は「絶対に雲に乗ってこない」と啓示するのです。

イエス様が2000年前に一人の子として生まれたごとく、
肉身をもって必ず来ると教えてくれたのでした。

同時に、韓国に再臨すると教えられていました。
当時、特に平壌は、第二のエルサレムになる
という啓示を受ける人がたくさんいました。


先生は、御自身で原理を書かれるということも、
お話ししてくださいました。
もちろん先生が書かれた原本がありますけれども、
先生御自身が書かれると思います。
今、私が話していることを、皆様もお話ししてください。

私が統一教会の教会長の話をしたとしましょう。
私にはそう見えて話したとしても、
本人はそうではないこともあります。
違う点があるわけです。
ですから結局、先生が直接お話しされたのが正しいということです。

どうしたらレバレンド・ムーンを理解できますか?
それは、私が話していくうちに気付かれると思います。
私の話を聞きながら、私がどのようにして
先生を本当に理解できたのかが分かると思います。


メシヤに対する信仰を100としてみれば、
一の信仰をもってメシヤとして信ずるのも、
それはメシヤを信ずることです。
そして、どんどん高まっていくのです。

ですから、メシヤが分からない最初の段階から、
その次にメシヤのようだ、そしてメシヤに違いない、
メシヤであるという段階をたどると思います。

ですから、ある時にはそう信じながらも、
いやそうではないと思うこともあるのです。
心の中でいつもアップダウン、アップダウンしながらも、
辛抱して確立していくのです。

1から2に上がるときにも、
ダウンしてその次に2に上がるし、
3に上がるときにもダウンして3に上がるし、
このようにして上がっていくのです。

100まで上がるのに、非常に信仰心が篤くて
アップダウンがないというのではありません。
信仰が弱いというのは、弱いときに
アップダウンを見せる人が弱いというのです。
それをたまたま出している人を信仰が良くないというのです。

ところが、弱いときにこれをやらないで、
アップダウンを止めておいていく人を、
あの人は信仰が良いというのです。


(その当時の)私も皆様の初期のころと全く同じだと思います。

原理が本になって表れていたらいいんですけれども、
あまりに感動して恵みの中にいましたので、
人々を伝道する時に結論だけを話しました。
「再臨のメシヤが来ました」と。

しかし、それに対して証することができませんでした。
説明して結論を出したら理解しやすかったと思うのですけれども、
それが分からず、ただその結論だけが非常に大事ですから、
それだけを先に出してしまったのです。

そして、どうしてそうなのかと聞かれると、
なかなか説明ができなくて、詰まってしまったのです。
街頭伝道ではなく、因縁伝道が主でした。
自分の親、子供、一番尊敬する人を伝道したのです。

金元弼先生 伝統の源流
T 平壌開拓から興南解放
第一章 平壌開拓の日々



アップダウンしてしまったり、
うまく父母様やみ言を証せなかったり・・・
誰でもそんな信仰初期のころがあります。
失敗や試行錯誤はあっても、嬉しさと熱意にあふれていた頃。。。

私も、初期のころは、お父さまを知ることができた感動、喜び、
み言がはっきりわからなくても、
その思いをぶつけて伝道していきました。

しかし、年月が経つと、
その思いが薄れてきて、
現実にのまれてしまうこともあるのではないでしょうか。

真の父母様との出会いを忘れずに、
また、その思いを拡大して、
今の歩みに連結していきたいです。

やはり、初心忘るべからず、ですね。。。






にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)

posted by ten1ko2 at 11:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。