2019年01月13日

「神統一韓国」の時は来ている!! 女将軍、真のお母様の覚悟 《1.7のみ言》



190113 20190107.jpg


元旦に韓国の食口2万名を集め、
「神統一韓国」を掲げ、
熱い祈祷と共に出発した真のお母様。

基元節に向けて、
具体的な大きな指示を出されたということ。

1月7日、韓国の幹部に語られた、
み言(一部)を紹介します。


時はいつでもあるものではありません。
摂理の完成を置いて、最後の時です。
この時を逃す指導者の皆さんとなってはいけません。

そのためには、全ての機関が
一つとならなければなりません。
唯一、父母様と一つとなった、一つの心、
一つの志、一つの行動だけが必要なのです。

今まで、6000年間、天の父母様に不孝してきたこと、
天の父母様の夢、
成して差し上げなければならないでしょう。

皆、真の父母によって見せてあげましたね。
「このようにすれば良い」と実感していますね。

ですから、この最後の一時に、この一年に、
皆さんが捧げた実績が、新たな歴史の天一国安着。

世界の前にこの大韓民国が中心国家として、
皆この場所に向かって整列する時、
灯台の下暗しであった、
この国の民が、どれだけ涙を流しながら、
ありがたく思うでしょうか。
そうでしょう。

今まで、天の摂理に協助できなかったことを、
悔い改めなければなりません。
悔い改めさせる時間です。
この年がです。
分かりましたか。

そうして一つに結ばなければなりません。
そのようにできる自信が皆ありますよね。
祝福します。

神統一韓国時代開門安着のための神韓国指導者特別集会
および ワールドサミット2019 韓国組織委員会出帆式
天一国6年 天暦12月2日(陽1.7)天正宮博物館
(HJグローバルニュースより)



この時のお母様は、「将軍のようだった」そうです。
ここのみ言にはありませんが、
「突撃しよう」
「突撃だけがある」
そのような言葉も出てきたと言われます。
完全にお父様が乗り移ったかの如くですね。

さらに言えば、み言の題目は、
「ワールドサミット2019 韓国組織委員会出帆式」です。
お母様は、基元節に向けて、
一つの節目になるようなイベントを
韓国で行うと決意しておられます。

アフリカやネパールでもできたから、
この土台で、韓国でも。。。
そのように思われたのではなく、
2020年までに韓国を立てる決意をしておられる、
そのような真のお母様だと、伺いました。

お母様と一つになれば、奇跡が起きる、
不可能を可能にできる、そのことを確信して、
私たちに訴えていかれるお母様です。

私たちも自分に与えられている天の願いに対し、
お母様の事情、心情、願いに完全に一つになって、
不可能を可能にする者になっていきたいと思うのです。

昨日(12日)朴普煕先生が聖和されました。
ご冥福をお祈りいたします。
(明日は、薫淑様のメッセージなどをお伝えします。)





にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 14:56 | Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「今日、祝福を受けた家庭は、祝福を受けて生まれた子女達が貴いと、かばおうとしますが、それではいけません。
祝福を受けた家庭の子女達を供え物にする事が出来なければなりません。
その子女達を国よりも愛してはなりません。
神様が探していかれるその国の為に犠牲にする事が出来なければなりません。
それゆえ、神様の国を立てるために彼らを犠牲にするという覚悟で行かなければなりません。
これが統一教会の信徒達が行くべき道だということを、皆さんは知らなければなりません。」

私達二世はイサクや興進様のように神の国と神の義の為に喜んで犠牲になります。
Posted by ゆうじろう at 2019年01月14日 06:34
「今日、祝福を受けた家庭は、祝福を受けて生まれた子女達が貴いと、かばおうとしますが、それではいけません。
祝福を受けた家庭の子女達を供え物にする事が出来なければなりません。
その子女達を国よりも愛してはなりません。
神様が探していかれるその国の為に犠牲にする事が出来なければなりません。
それゆえ、神様の国を立てるために彼らを犠牲にするという覚悟で行かなければなりません。
これが統一教会の信徒達が行くべき道だということを、皆さんは知らなければなりません。」

私達二世はイサクや興進様のように神の国と神の義の為に喜んで犠牲になります。
Posted by ゆうじろう at 2019年01月14日 06:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。