2019年02月03日

《善進様の証し》外の世界には何もなかった! 気づいた父母様の愛、離れた5年間の告白



171124 20171103-000.jpg


最近、善進様のお姿が見えないと思いましたが、
今度の大役事において、み言を語ってくださるそうです。

ということで、約1年半前、
2017秋季孝情清平特別大役事。
文善進世界会長が語られたみ言を紹介したいと思います。

真の御家庭とお父様との想い出について、
自らの祝福について・・・
貴重な、信仰告白ともいうべき証しです。


答えがほしいとき、お父様のみ言を読んでいます。

私は真の子女という、回りからは原罪のない模範の子女、
完璧な人間という目で見られ、期待がありましたが、
内的には父母がいない心情で父母に話を聞いてもらった
こともなく、いつも奈落の底で何も感じませんでした。

怨み、疑心暗鬼、怒りもありました。
何故、私は生まれたのか?


7才の時に興進兄さんが聖和されました。

意識不明でベッドに横たわる兄さんに対して、
父母様が私に「もうすぐ、兄さんは霊界に逝くのだから
キスしなさい」と言われたのですが、
恐くて出来ませんでした。

お父様は「泣いてはいけない」と言われましたが、
私が一人部屋で泣いていたら、
天井に興進兄さんの霊人体が見えました。
兄さんは、「大丈夫だよ」と言われました。


アメリカで育ちましたが、アメリカという国は
大変な人種差別がありました。

孝進兄さんは、集団リンチにもあいました。
あるときは、切断された指が入った封筒が
家に送られてきました。
孝進兄さんは、身を守る為に武術を学ばれました。

真の家庭は、本当に苦難を受けてきました。


私が17才になった時に、お父様が
「祝福を受けなさい」と言われました。

私は、原理を聞いたことがなく、祝福に対して理解がなく
反抗期の高校生でした。

当時、お兄さんやお姉さんの祝福が難しい時期でもあり、
韓国の男性は嫌だと思っていました。
お父様に、「No、受けません」と言いました。

皆さん、お父様の性格を知っているでしょう?
お父様は、雷のような大きな声で
「受けないなら、出ていけ!」と怒鳴られました。

高校生の私は、主人(インソプ様)を
受け入れる事が出来ませんでした。

5ヵ月、回りからはお父様の言われるように
祝福を受けなさいと深刻なやりとりがありました。


7ヵ月後に「婚約しなさい」と言われ、
祝福を受けました。

私の祝福を受けた時の写真を見てください。
私の目は泣いていました。

初めて握手した時、主人の手は汗だくで
額にもいっぱい汗をかいていました。
私はどうしても受け入れる事が出来ませんでした。


その時、お父様は座りながら
「真実は真実だ」

「真実から逃れる事は出来ない。
自分の道を行くのなら行きなさい。
だが、これを知っておきなさい。
宇宙の根本、真実は真実だ。
自分の真実を探しなさい」


17才、高校生の私は、荒野の中に真実を探しに出ました。

5年間、日雇い、一日3つの仕事もしました。
ホームレスもしました。

生きることに希望が持てず、人生の価値もなく
孤独な所にいました。
そして癌になり、死の直前までいきました。

「外には何もありませんでした」と、私は家に帰りました。


父母様は、毎晩心配され眠られなかったと
他の人から聞きました。
あなたを愛され心配されていたと。

お父様は、その時怒るのではなく
「良く帰って来た」と言われました。

私はその時、天の父母様と真の御父母様の愛に
気付きました。

外の世界に真実の愛・真の愛はありませんでした。
真実は何なのでしょうか?
それは、愛なんだと気付きました。

父母は諦めず長い間待ちます。
子女が帰ってくるまで、諦めず待っているのが
父母様なのです。
真の愛とは何なのかを理解しました。


主人は、祝福を諦めず
5年間私を待っていてくれました。

あれから、22年になります。

最初に主人に会った時、緊張して握手したら
手に汗をかいていました。
今も、握ると手に汗をかいていますが、
心から愛しています。



とても衝撃的な証しですね。。。
善進様はよくぞ語ってくださったと思います。
孝進様の証しも壮絶なものです。

だから、「真の家庭と言っているけれど、
実際には違うじゃないか」
批判的な人たちは、そのように野次を飛ばすでしょう。

確かに表面的に見たら、そうかも知れません。
しかし、その背後においては、
言うに言えない、辛苦の荒波に漂いつつも、
真の父母様から助け舟を出したくても、出すことが出来ない、
そんな小舟にたった一人で乗っているような、
真の子女様たちの姿を感じます。。。

しかも、それは、御自身の問題ではなく、
私たち祝福家庭の足りなさにあるということ。。。
「蕩減」と一言では片づけられないような、
その全てを受け止められるということは、
決して簡単なことではないと思います。

また、真の父母様も
どれだけ手を差し伸べたかったことでしょうか。。。
アベルの子女を犠牲にされながら、
カインの子女を愛される真の父母様に
私たちは感謝してもしきれない立場です。

真の父母様、ありがとうございます。
そして、善進様、真の子女様、
本当にありがとうございます。
心から感謝いたします。






にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 07:52 | Comment(0) | ご子女様・真のご家庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。