2019年03月06日

食事篇 国を愛することは、万物を愛すること?! 《浅川先生の自叙伝講話》



190306 20190210.jpg


浅川先生の自叙伝書写講話。
愛国生活は、掃除ともう一つです。


食事は食材を愛することです
 
家庭生活を支えている万物の中で最も貢献しているのが食材です。
人間は食べなければ生きられません。
食材のおかげで生かされているのです。

食材には、牛、豚、鶏、卵、魚、米、野菜、果物などがあります。
これらの食材は私たちに命を捧げてくれているのです。
食材の命を頂くことを、「食事をする」というのです。

腹が減ったから食事するだけなら、飼い犬とあまり変わりません。
喉が渇いたから水を飲むというなら、
台所はガソリンスタンドと変わりません。

食事をする時に、命を捧げた万物と
創造してくださった神様に感謝しなければなりません。
それが食材を愛することなのです。

 
文鮮明先生は食事の姿勢についてこう語られています。


「愛の結実を吸収して生きていることを
 感謝して食べる人は、病気になりません。
 そのように感謝して食べると、
 食べる物がすべて薬になるのです」
(『愛天愛人愛国』117ページ)


感謝して食べてあげると、食材が感激して、
食べてくれた人の体内でばい菌を食べて恩返しをするというのです。
そのために食べ物が体内で薬になるというのです。


文鮮明先生は牛肉を食べるとき、


「この牛肉は、子牛の時から母親が愛し、
 主人が愛して育てた愛の結実だ」
(『愛天愛人愛国』、117ページ)

と考えて食べるそうです。

目の前の牛肉を、育てた親牛の愛、牧場主の愛、
それらの愛が重なった愛の結実と捉えるのです。
食事とは愛の結実を吸収することだと言われるのです。

こう考えると、食事代金で食材の価値を推し量るのは貧しい心というべきです。


さらに、命を与えてくれた食材への恩返しが、
世のため人のために生きることだと言われるのです。

文鮮明先生はご飯を食べるときの霊妙な体験を、次のように語られています。


「ご飯を前にするごとに、
『おまえを食べて、きのうよりもっと輝いて、
 公的なことに取り組もう』と言うと、
 ご飯が私を見て、笑いながら喜んだのです」
(自叙伝、83ページ)


浅川 勇男・著
(光言社・刊『心の書写〜文鮮明師自叙伝に学ぶ〜』より)
【第四章】愛天愛人愛国
愛国─国を愛する



お父様の「ご飯は愛である」という言葉を思い出しました。
お母様も天地人真のご父母様御聖誕記念式において、
ビビンバをふるまってくださいました。
第3部の「孝情宴分かち合い大祝祭」において、
写真に紹介したように、
真のお母様と貴賓たちが一緒に
大きな器に準備されたビビンバを混ぜ合わせ、
お母様は3人の代表にビビンバを盛ってくださったのでした。

お父様は魚釣りをされるとき、
お父様に釣られた魚が、喜んでいる、
そのような表現をされますね。

海を愛し、魚を愛されたお父様。
魚釣りが好きだからされるのではなく、
人類救済のために、魚釣りをされたお父様でした。

真の父母様のごとく、
食材を愛し、感謝する心情をもって、
み旨に投入していきたいと思わされました。





にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 08:55 | Comment(2) | 自叙伝書写(浅川先生) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
食べ物は全て人間にとって薬。これマジですね。
野菜には本当に色々な栄養素があって食べるだけで薬になります。
そして食事する時に得られる無限の味と幸福は偶然では決して得られません。
神様が人間と食物をその様に創造されたからという事は火を見るより明らかですね。

神様が人間をいかに愛しておられたか、そして人間を創造する為にどれほどの力を投入されたか。
お父様は神様が人間を創造した後には1オンスも力を残さず全てを投入されたと教えてくださいました。
神様が与えてくださった命とこの天宙には感謝しかありません。
神様ありがとう。本当にありがとう。今まで悲しみの中に生きて来られて、お父様がその悲しみを解放してくださってどれほど嬉しかったでしょうか。
僕らは必ず、神様を讃える声が絶えない、神様が幸福しか感じない天一国を必ず創建致します!!!
Posted by 万物 at 2019年03月06日 23:53
これから必ず海洋開発時代がやって来る。
火星よりも海。
お父様の慧眼はやはり凄すぎる。

お父様は自ら見本となる様に海に出られたのだと思う。
大海原は神様と近くなれる気がする。
お父様は祈祷の為に大自然の海に出られ、皆が海に興味を持つ様に、自ら見本となり、釣りはすなわち祈祷。

お父様は趣味で釣りをなさるような人ではない。
本当に人類の為に釣りをなさっていたのだと思う。
Posted by 海 at 2019年03月07日 02:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。