2019年05月18日

日本の清算は終わっていない?! お母様の観る日韓関係の視点は… 《田中地区長3》



190518 20180923.jpg
2018.9.23 日本指導者3日修閉会式☆


地区長の説教、「摂理的視点」
いよいよ本題に入っていきます。


「お父様が聖和されてここに来るまで、
6年かかってしまった」と、お母様は
昨年の聖和式後、語っておられました。

6年間何もできず、今一挙にされている。

このように、お母様が語る一言一言を、
私たちがどう受け止めているか、
このギャップが、お母様を見つめる目を曇らせ、摂理観を狂わせている。

ですから、摂理の視点というタイトルをつけましたが、
お母様の見つめておられる視点と、合わせて見られるか、
そういう目をもてるかどうか。

もつためには、もしかしたらノエル・ジョーンズ(司教)の言ったように、
握り締めてすがりついているブランコを、手放さなければならないかもしれない。

そのような勇気をいつも、もっておかなければ、
今の真の父母と生きる摂理的峠を、一緒に歩調を合わすことは
なかなかできない、ということを心得ておいた方がいい。


たとえば、2019年、今年お母様は、何を闘っているでしょうか。

朝鮮半島の独立運動100周年であり、柳寛順殉教の100周年、
お父様と連携を取っていた上海臨時政府の設立から100周年。
この一年は、お母様にとって、
非常に大きなウェイトをおいてこれらをとらえています。


日本のリーダーたちの3日修の閉会式、
これは本当に衝撃的でした。

3日間、日本のメンバーたちが行って研修を受けたので、
最後のお母様との出会いですから、
「3日間みんな悔い改めたね、これから頑張るんだよ」
という雰囲気でお母様が日本のリーダーを迎えると思ってたんですよ。

勝手な思い込みです。
これも空中ブランコのように手放さなければならなかったのかもしれない(笑)。

そうしたら、登壇されたお母様は、黒と白で身を包んでいました。
イヤリングも黒と白、その時しか見たことがない、戦闘服のような服です。

いわゆる私が思い描いた、親子の孝情の出会い、
そんな甘い世界ではなかったのです。


「3日間、みんな頑張ったね」3日間に関しては、この一言です。
そこから、一挙に語り始めたのが、日本の罪の問題です。

日本が歴史に犯した罪、この韓半島に犯した罪、
この問題を語り始めたのです。

日韓米が、一つにならなければならない
というお母様の思いは変わりません。
ただ、どんどん難しくなるこの日韓関係。


そういう中で、食口たちの実際の意見ですが、
大統領に対しても、良いことは聞こえてきません。
従軍慰安婦の問題、徴用工の問題、
いわゆる世間で報道されているような視点の論調があるようです。

「何回どれだけ謝ったらいいのか、これは、ずっと続くよね」
あるいは、「韓国の発展は日本が統治時代のことをいろいろ言われるが、
鉄道も敷き、教育制度も敷いて、日本が統治したから、
韓国は今の秩序が作られたのもあるじゃないか」とか。

これは、巷の論調と同じです。
大事なのは、日韓関係の問題と言うよりは、歴史の問題を、
真の父母はどう見ているか。


お母様は「日本には、まだ罪があるよ」と言われるのです。
昨年、7.1の大会でも大壇上から、語られていました。

この前、日本の大学生たちのGTGCという研修会をした時、
相手は大学生ですよ、同じ話をされた。

「日本にはまだ蕩減が残っているんだよ。
歴史の清算ができていない、
そして、まあ日本のお嫁さんたちが韓国に来て、
少しは清算できたけどね」とおっしゃったんです。

田中富広 副会長(地区長)
2019.4.28 松戸家庭教会「摂理的視点」
(文責:ten1ko2)


冒頭の写真は、3日修練会最終日の閉講式での
真のお母様のお召し物です。
確かに、「黒と白」ですね。。。

日本と韓国との問題は、
単に両国間の問題という観点で見るのではなく、
過去の歴史的なものがからむ摂理的な観点、
神様の視点で見つめていく、ということです。

なので、私たちも、巷の情報から判断するのでなく、
神様、真の父母様の見方が、大切なのだと思います。

真の父母様は、どのような視点で見ておられるのか、
とてもよくわかるお話をしてくださっています。

まだまだ続きます。
どうぞ、お楽しみに。





にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 07:36 | Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「日本が歴史に犯した罪、この韓半島に犯した罪」

原理の教えは「全て感謝」「許す」では無かったのですか?
それならば、鶴子氏も過去の出来事を「感謝」とし、日本の食口が韓国を愛するように日本を愛せないのですか?
Posted by はちみつ at 2019年05月20日 05:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。