2019年06月27日

心の病の原因は・・・先祖代々、人はさみしかった?! 《大知先生のカウンセリングルーム》



190627.jpg


大知(おおとも)先生の「氏族伝道の心理学」より
「親からの否定的なメッセージ」です。 


ここで、これまでの話を、順を追ってもう一度振り返ってみましょう。

心の病や問題に共通していることは、
「客観的に物事を見ることができない」ということと、
「合理的・合目的的に行動できない」ということである。

そうした心の病や問題の背景にあるものは「不安」であり、
「不安」は大きくなると、「怒り」に転化する。

そして、「怒り」が高まって爆発したあとは、
自己嫌悪に落ち込み、不安が大きくなる、という悪循環を繰り返す。

不安とは、
「何か悪いことが起こるのではないかという根拠のない思い込み」であり、
怒りとは破壊衝動である。

不安や怒りは、自分自身の中にその種が存在する。
自分自身の中の不安や怒りの種が環境と結びついたときに、
不安や怒りが湧いてくる。

だから、不安や怒りは、環境を変えることではなく、
自分自身の中にあるそれらの種を整理することにより減少する。

不安や怒りは、否定的な環境やメッセージにより増大し、
肯定的な環境やメッセージで減少する。

不安と怒りの背景には、
自己評価の低さがあり、自尊感情の低さがある。

自尊感情は、子供の頃の家族関係の中で形成されるものであり、
自尊感情が低い人たちは、子供の頃に親から傷つけられていることが少なくない。

子供の自尊感情を傷つける最も大きな要因は、
親の不安と怒りである。


不安の背景には自尊感情の低さがあり、
自尊感情の低さは、子供時代の否定的な環境や
親からの否定的なメッセージがある、と説明しました。

そうした子供時代を育ってきた人たちは、
心のどこかに「孤独」を感じるようになります。

「どうせ自分なんか大事にされる存在ではないんだ」とか、
「自分のことなんか、誰もわかってくれないんだ」
といった気持ちをもっているということです。

言い換えれば、自尊感情の低さとは、
「孤独」と同義だと言ってもよいのかもしれません。


では、親の不安と怒りは、どこから来たのでしょうか。

それは、親自身の生育環境を通して、
祖父母がもっていた不安や怒りが受け継がれてきたものです。

そして、祖父母の不安と怒りは、
さらに曾祖父が抱えていた不安や怒りを、
生育環境を通して受け継がれてきたものです。
そして曾祖父の不安や怒りは、さらにその親がもっていた不安や怒りを……。

このようにして、血統が伝えてきた家族文化が
環境を通して受け継がれていく中で、
不安や怒りも受け継がれてきた、と考えることができます。

そして、こうした文化の伝達は、元をたどれば、
アダムとエバまでさかのぼることができると、私は考えます。

こうした観点から、
復帰歴史の不安と怒りについて考えていきます。

大知 勇治・著
(光言社・刊『成約時代の牧会カウンセリング 氏族伝道の心理学』より)
第1章 不安と怒り
親からの否定的なメッセージ



「不安と怒り」この言葉を聞くだけで、
なんだか苦しい気がしますが、
この思いによって、すべての人間関係に
影響が及ぼされているのです。

だから解決すれば、
正しい人間関係を築ける、ということです。

そして、その解決は、
真の父母様のみ言を通してできる
ということ、これが、とても希望だと思うのです。

人間の心の問題を、
創造・堕落・復帰のみ言、統一原理から
解いていく。。。
復帰原理が、楽しみです。

また、人間はやはり有機的存在であり、
だから真の父母様を通して、
全ての問題が解決されるのだ、
そのように思いました。






にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 10:08 | Comment(0) | 信仰生活・信仰講座・礼拝説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。