2019年07月25日

神に怒りや不安はあるか?! 神の心情を、心理学的にみると 《大知先生のカウンセリングルーム》



190725-20190721.jpg
2019.7.21 柳寛順体育館☆


大知(おおとも)先生 「氏族伝道の心理学」より
「神様の不安と怒り、真の父母様の歩み」を紹介します。


不安と怒りの背景には孤独があります。
そして、歴史上、一番孤独であられた方が、神様です。

だとすれば、神様に不安と怒りはあったのでしょうか。
もしあったとすれば、それは、どのようなものであったのでしょうか。

(一般的に)神様は全知全能であり、絶対愛のお方であられる、と思っています。
ですから、神様に対するイメージは、
「すべてを見通されて、温和で、人類を愛し、導き、見守ってくださっている方」
というようなものが一般的ではないでしょうか。

私たちは、真のお父様のみ言(ことば)により、
恨の心情をもたれる神様であることを知りました。
人類の姿を見て、悲しまれ、苦しまれている悲惨な神様であることを知ったのです。

しかし、神様の不安や怒りには、
あまり目を向けることがなかったかもしれません。
でも、人の情の構造を見ながら神様のことを考えたとき、
神様の不安と怒りという視点を持たざるを得なくなってくるのです。


では、神様に不安や怒りはあるのでしょうか。

もともと人間の不安は良心の呵責の中にありましたし、
怒りは防御反応などとして、喜怒哀楽の原型は存在していました。
それが、堕落を通して、知情意がきちんと育つことができず、
さらに悪なる環境の中で、心を壊していくようになってしまいました。

神様は、堕落人間のように知情意の各機能に問題を抱えていたとは考えられません。

しかし、子供が堕落して、悲惨な生活をしている姿を見る中で、
あるいは復帰摂理を進めたくても、
人間の責任分担が果たされないために進まない状況の中で、
不安や怒りを抱えていったとしても、おかしくはない状況であったに
違いないと、私は考えます。

ただ、神様と私たちが違うところは、そうした不安と怒りの中にあっても、
真の愛をもって越えてこられたことでしょう。

つまり、即時に救い(復帰)のプログラムに着手され、
完全に破壊し去ることはなされなかったのです。
そして、長い歴史をかけて、私たち人類の救済の摂理を進め、
今日の勝利を迎えられました。


様々な感情を抑えて越えてこられることが、
どれほどの苦しみだったことでしょうか。

私は、これまで、精神疾患を患った人やその家族の方々と面談をしてきました。
本人も、その家族も、その苦しみは本当に大変なものです。

神様も、子供たちの苦しむ姿を見て、どれほど心を痛められたでしょうか。
また、子供たちである人類の言動が、
どれほど神様を傷つけてきたことでしょうか。

しかし、愛の神であるがゆえに、心の中にある思いを
誰にもぶつけることができずにきた神様だったのでしょう。


ところで、『聖書』の中に「神の怒り」「主の怒り」という言葉は、
どれくらい出てくるのでしょうか。

パソコンで検索してみたところ、
日本語の旧約・新約全体(口語訳)で、四十以上あります。
一方、さすがに「神の不安」という言葉は、一箇所もありません。
皆さんは、こうした検索結果をどのように感じたでしょうか。

ただ、不安や怒りという言葉をはっきりと使っていなくても、
『聖書』を読んでいくと、特に旧約『聖書』を読んでいくと、
神様の心情の揺れや怒りを感じさせられる箇所が少なくないのです。

(一部編集・抜粋 文責:ten1ko2)

大知 勇治・著
(光言社・刊『成約時代の牧会カウンセリング 氏族伝道の心理学』より)
第2章 心の問題と復帰歴史
「神様の不安と怒り、真の父母様の歩み」より


旧約の時代、神様と人間はどちらかというと、
主人と僕のような関係でした。
というか、お父様は、

「神様は僕を立てて、私がお前の父だと教えてやりました。
僕を遣わし、天使を遣わして教えてあげました」

「アブラハムに現れた主なる神も天使の姿で現れました」

そのように語られているように、
実際には、神様は、天使を通して、
働かれていた、というわけです。

そういう意味で、
旧約聖書には、「怒りの神」というイメージがありますが、
神様御自身ではなかったのでしょう。

それにしても、「神様の不安」
なんて、考えたことがなかったですね。

もう少し、読み進めていきたいと思います。





にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 10:48 | Comment(2) | 信仰生活・信仰講座・礼拝説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>不安と怒りの背景には孤独があります。
そして、歴史上、一番孤独であられた方が、神様です。
 
>もともと人間の不安は良心の呵責の中にありましたし、
怒りは防御反応などとして、喜怒哀楽の原型は存在していました。

大知勇治という教会員の書物を紹介しているようですが、ブログに無批判にその一部を掲載しているのであれば、当然その内容に同意しているものと思われます。
 であるならば、是非私の質問に答えてください。

〇最初に引用した文には「不安と怒りの背景には孤独があります」とありますが、それは何を根拠にそのように言えるのですか?

 一般的には「心配に思ったり、恐怖を感じたりすること」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8D%E5%AE%89
が不安なのであり、心配する対象や恐怖を感じる対象がないならば、不安を感じることはあり得ません。孤独は一般的に他者との関係が絶たれた状態を意味しますから、むしろ孤独であるならば心配や恐怖は思いとして表われづらくなるのであり、外界の環境や人と関係をもっているからこそ心配が生じたり、恐怖が生じたりするのです。そして、その心配や恐怖が不安となって表れるのです。
 確かに、経済的に不安がある人や周りの人に強い怒りを持っている人は孤独に追いやられることがありますが、その場合は孤独は背景にあるのではなく、後から結果として生じた状態を意味しているのです。
 大知勇治という人の言葉の使い方は余りにもいい加減です。もしいい加減ではないと言うなら、是非、上の質問に答えてください。

 また「歴史上、一番孤独であられた方が、神様です。」と断定的に述べられていますが、〇大知 勇治という人やあなたはそれ(神様が孤独であること)を証明できますか?

 原理講論の創造原理では神は被造世界に対して、性相的な男性格主体となっていて、神と人間及び被造世界は存在として一心同体の関係になっているはずですよ。
 仮に神様の理想と人間社会の現実に乖離があったとしても、神様が不満を感じることはあっても、孤独など感じるはずがありません。それは創造原理から導かれる結論であり、たとえ人間が神を心で感じ取ることができなかったとしても、神の‘心’は違っているのです。間違っても孤独など感じることはないのです。
 いい加減な言葉で神を語るのは止めてください。
 もしいい加減でないというなら、それを実証してください。(文先生のみ言にあるから、などという子供じみた返答は止めてくださいね)

〇また「もともと人間の不安は良心の呵責の中にありました」とありますが、どうしてそんなデタラメが言えるのですか?
 「不安」とは上に引用したウィキペディアに書かれているようなことを言うのであって、それと良心の呵責がどう結び付くのですか、是非教えてください。

 因みに、良心の呵責と罪悪感は意味が違うので間違わないでくださいね。
https://meaning-book.com/blog/20190318155635.html

 常識的に考えれば、「もともと人間の不安」は自然界との関係から生じたのであり、自然界との関係で生きてきた人間にとって、自然は衣食住の資源を得ることもできたが、自然環境の変化で、それを得られないこともあったのです。とりわけ原始時代の人間は自然をコントロールすることが難しく、気候変動などが起きれば、即生命の危機に直面したのです。
 自然の力の脅威を体験した人間にはおのずと不安の感情が生まれるようになり、その脅威が人間の「不安」の原初でもあるのです。
 もしそのような常識が間違っていて、「もともと人間の不安は良心の呵責の中にありました」と主張するなら、常識的な考えのどこが間違っているのかきちんと説明してください。

 家庭連合の教育部長をブログで公表されていますので、間違ってもいい加減な返答はしないでくださいね。期待してレスコメントを待ってます。
 
Posted by 神々の黄昏 at 2019年07月25日 19:50
神々の黄昏さんへ
コメントありがとうございます。

返信が遅れまして、申し訳ありません。
ご意見に対してですが、まず、この大知先生の記事に関しては、シリーズでご紹介しているものであり、心理学の内容を統一原理やみ言の観点で説かれている点が、教会員に好評の書籍より紹介してることをご承知おきください。
不安と怒り、そして孤独との関わりについては、過去17,8回紹介した記事の中で、詳しくお話されている土台で、この記事の内容があることをご理解頂きたいと思います。
また、堕落時にアダムとエバが感じた良心の呵責については、統一原理の理解に基づいていますが、これも過去のシリーズの中でお話されています。ここで一言で説明するのは難しいので、シリーズを通読していただければと思います。

>>そして、歴史上、一番孤独であられた方が、神様です。

これに関しては、原理を理解し、真の父母様の思想を理解している方はみな同意するものであると思っていましたが、確かにこれも断定的な言い方が気になるのかもしれませんね。それ以上お話すると教義上の一線にも触れることになってしまうので、やはり一言で説明できませんが、私自身は真の父母様の多くのみ言や、他界された先生方の証などを通して、また自身のつたない経験をふまえて、神様以上に孤独だった方はおられようがないと、思っています。
そして、そのような孤独な神様、その心情や願いを知ることが、すべての人にとって、価値のある人生にできるかどうかを知ることにつながるのではないかと思います。アイデンティティに関わることなので、もしかして、神様が最も孤独な方だったとしたら・・・そういう思いをもって祈ってみたら、いいかもしれません。(あくまで私の意見です。)

大知先生の文章をそのまま転載していますので、断定的な論調が気になるかもしれませんが、当ブログでは、いろんな先輩教会員の講話など、その方を尊重して貴重なひとつの教材として取り上げています。こういう考え方もあるかとご理解し、参考にできるところは、参考にして頂きたいと考えています。大知先生は文章の専門家ではないので、今後あきらかにおかしいところがあれば、気づく範囲で、注釈や編集をしていきたいと思います。

なお、コメントの掲載、返信に関しては、ブログ主の判断に委ねて頂いていて、返信に関しては原則として行っておりません、ご理解ご協力をお願いします。


Posted by ten1ko2 at 2019年08月12日 14:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。