2019年07月22日

(証し)「ママはここにいるよ」 幼い三女に見えた亡き妻の姿 



190722.jpg

(筆者の娘さん《当時:12歳》が描いた絵)

自分の親族が亡くなったら、
誰もが『会いたい』と思うのではないでしょうか。

Blessed Life では、男手一つで
3人の娘さんを育てておられるコラムが紹介されています。
なんと、末の娘さんには、お母さんが家族と一緒に
自然に生活している姿が
すべて見えるというのです。。。。


当時、5歳だった三女がそう証ししてくれたのは、
妻の満40歳の誕生会の場だった。

子どもたちの“ママ”、すなわち筆者の配偶者はすでに他界しているのだが、
誕生日には、この世の人もあの世の人も、
必ず年の分のローソクを立てて祝うのがわが家の習わしになっている。

この日もイチゴのたくさん載ったバースデーケーキを準備して食卓を整えた。
そこに三女の一言である。

 「ママここにいるよ」

さあ、それからが父から娘への尋問の始まり。

 「本当に見えるの? どんな姿をしているの?」
 「歩いているの? 浮いているの?」
 「話はできるの? 表情は? 笑ったり怒ったりするの?」、エトセトラ、エトセトラ……。

いったい、いつからママの姿が見えるようになったのかと尋ねると、
少々興奮気味の父の姿をよそ目に、
娘はさらりと「初めから」だというではないか。
妻が亡くなった当時、まだ二歳にもなっていなかった三女にとって、
“死”という概念は存在していなかったに違いない。

その日以来、娘をつかまえては「ママは今どこにいるの? ママは今何しているの?」と、
日に何度となく尋ねるのが父の日課となった。

三女の話によれば、ママの姿は半透明の状態のようで、
人も物も素通りしてしまうのだという。
寝るときはパジャマ姿で、何とパパの隣に寝ているというではないか
(当の本人には全くその自覚がなかったのに、である…)。

着替えもするのだそうで、ときどきヘアスタイルも変わるのだという。
家族が外出するときには一緒に出かけることもあるそうで、
ある日、家族みんなで外食に出掛けた折、同行した妻の分の席がなく、
「ママは先に帰ってしまったよ」という娘の話には、思わず苦笑してしまった。

「どうしたらパパにも見えるようになるかなあ、ママに聞いてみて」と、
父は娘に伝言を託した。
「目を閉じたら見えるんだって」と、娘はママからのメッセージを伝えてくれた。

小学校に上がった頃から、三女がママを見ることはなくなった。
でも、家族は皆知っている。
“お母さんのまなざし”もまた、いつも家族に向けられているということを。

お父さんのまなざし 3
「ママここにいるよ」
(『グラフ新天地』454号[2006年4月]より)
コラムニスト 徳永 誠


亡くなられた奥さまのご主人、
コラムニストの徳永さんご自身が、
何よりも奥さまと出会いたかったに違いありません。

しかし、実際には、3女の娘さんだけに現れた。
しかも小学生に入る前だけ見れた、
何とも不思議な話ですね。

娘さんが見られたお母さんは、
お父様が霊人の様相を語られたのと、
ほぼ同じような気がします。

将来はみんなが霊人を見れるようになると思いますが、
見れる見れないは、ともかくとして、
私たちも先祖の皆様方、絶対善霊がいつもともにいる、
そのような意識を持って、生活することを
天が願われているし、霊人の方たちも、
そう願っているのだと感じます。





にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 09:36 | Comment(3) | 霊界 霊人と共に歩む生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
突然申し訳ありません。
松戸家庭協会に電話してもつながらなかったのでコメントにて失礼いたします。

私は二世の男性で祝福を受けて妻もおるものです。
私は訓読は個人よりも家庭でやることが大切だと思っていたのですが、先日妻と夜の祈祷会をしている際に訓読をしようと言ったら、「ここのブログを読んでいるから訓読したことになっている」といって家庭で訓読することを拒否してきました。

私はほとんどこのブログを拝見したことがないのですが、訓読や条件に相当するのは本当でしょうか?いくらみ言が引用されているからとはいえブログが訓読と同等の扱いになるのは疑問を感じました。ぜひご意見を伺いたいです。

また家庭で訓読することと個人で訓読することの違いや意義はありますか?普段個人で訓読をしていれば家庭での訓読は必要ないのでしょうか?併せてご意見いただければ幸いです。
Posted by 923 at 2019年07月22日 17:39
923さん

返事が遅くなり申し訳ありません。

結論から申し上げますと、ぜひ、ご夫婦で訓読をなさってください。

個人での訓読よりも夫婦での訓読が最優先です。

923さんのおっしゃる通りです。

また、ブログとみ言訓読は違います。

ブログの中にもみ言が入っていますが、後半部分は、み言を通して感じたことなど、個人的な意見で書いてあることがほとんどです。

その内容は参考にしていただくことはいいのではないかと思いますが、一つの意見であって、み言とは違います。

その点を奥さまにお伝えくだされば幸いです。

今後ともよろしくお願いいたします。



>923さん
>
>突然申し訳ありません。
>松戸家庭協会に電話してもつながらなかったのでコメントにて失礼いたします。
>
>私は二世の男性で祝福を受けて妻もおるものです。
>私は訓読は個人よりも家庭でやることが大切だと思っていたのですが、先日妻と夜の祈祷会をしている際に訓読をしようと言ったら、「ここのブログを読んでいるから訓読したことになっている」といって家庭で訓読することを拒否してきました。
>
>私はほとんどこのブログを拝見したことがないのですが、訓読や条件に相当するのは本当でしょうか?いくらみ言が引用されているからとはいえブログが訓読と同等の扱いになるのは疑問を感じました。ぜひご意見を伺いたいです。
>
>また家庭で訓読することと個人で訓読することの違いや意義はありますか?普段個人で訓読をしていれば家庭での訓読は必要ないのでしょうか?併せてご意見いただければ幸いです。
Posted by ten1ko2 at 2019年07月24日 22:49
お返事ありがとうございます。
できるだけ少ないページでも夫婦で訓読を続けるよう頑張っていきます。
ありがとうございました。
Posted by 923 at 2019年07月25日 17:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。