2019年08月01日

私はこうして真の母となった! 天からワンツーマンの教育を受ける 《7.25》



190801-20190725.jpg


今日は陽暦においては、8月1日ですが、
天暦では、7月1日、
7.1節(神様祝福永遠勝利宣布)です。
おめでとうございます!!

先日、釜山教会で語られたお母様のみ言。
今までよりも詳細なお母様の証しを
お話しされていますが、
抜粋して紹介します。


お会いできてうれしいです。
グッドニュースが一つありますが、
11月に私の自叙伝が出ます。

その最初の章にこんな場面が出てきます。
お父様もみ言の中で、
独り娘、母になる方は三代がキリスト教の背景から
出なければならないと言われました。

1919年「独立万歳」運動が起きる時、
私の母方の祖母である趙元模(チョ・ウォンモ)おばあさんは、
大母様になられる洪順愛(ハン・スネ)を背負いながら
「大韓独立万歳」を叫びました。

そして1943年に私が生まれ、1945年に解放に
なりましたが、その時も趙元模おばあさんは孫娘の
私を背中に背負って「大韓独立万歳」を叫びました。

ちょっと特殊ではないでしょうか?
天が準備した家門です。

ここに集まった人々の中で、
6.25動乱を経験した人は何人もいないでしょう。
ところでその時の状況としては、
天が共になさった奇蹟のようなことが起きたのです。

それで私は、年は若かったけれども、これ以上天を
待たせるわけにいかないので、「私でなければならない」
と考えて、(真の母として)進み出ました。

聖書で見れば、アダムとエバは神様と一問一答しました。
私も同じです。
私に原理を教えたり、何か教育をした人がいません。
お父様もできませんでした。
私は私が決定しました。

真の父母として恥ずかしいことですが、
真の子女という子供たちは、真の父母が
どのようして誕生したのかが分かりません。

長い間、霊としてのみおられた父母様が、
見える現象世界の真の父母として、
子女たちを抱いて愛されたかったのに、
その大きな恩恵を失ったことが堕落です。
それを再び探し出してくださる方は、真の父母です。

真の父母は二代、三代ではありません。
ただ一人真の父母です。
皆さんの子女である二世、三世も、
真の父母と言い、真の母と言います。

ひとえに、真の父母は永遠においてただ一人です。
だからわき目を振らずに、独り娘、真の母と
一つになって進み行くようになれば勝利します!


「独り娘、真のお母様と一つになって進めば勝利する」
天地人真の父母様主管 神慶尚国 特別集会
(2019.7.25釜山教会)
お母様ご自身の証や、
キリスト教に関するお話もされています。
詳細は、下に添付します。

お母様は世界巡回をされつつ、
地元、韓国のメンバーたちに
それぞれの地域で熱い思いを投げかけておられます。

2000年間、神様を「天の父」として、
また、再臨主を「イエス様の再臨」として信じてきたのが、
キリスト教であり、クリスチャンでした。

しかし、神様は「天の父母様」であり、
再臨主は「真の父母様」として来られたのです。
今や、霊的な目を開いたクリスチャン、
また、義人ともいうべき、キリスト教指導者が、
その価値を知り、多くの人たちに証しています。

私たちも人類歴史上、唯一であり、
最初であり、最後のお方、真の父母様が、
今、この地上におられる、ということを
堂々と、誇りを持って、証していきたいと思うのです。





にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


「独り娘、真のお母様と一つになって進めば勝利する」
真のお母様のみ言


お会いできてうれしいです。グッドニュースが一つありますが、11月に私の自叙伝が出ます。
その最初の章にこんな場面が出てきます。お父様もみ言の中で、独り娘、母になる方は三代がキリスト教の背景から出なければならないと言われました。1919年「独立万歳」運動が起きる時、私の母方の祖母である趙元模(チョ・ウォンモ)おばあさんは、大母様になられる洪順愛を背負いながら「大韓独立万歳」を叫びました。そして1943年に私が生まれ、1945年に解放になりましたが、その時も趙元模おばあさんは孫娘の私を背中に背負って「大韓独立万歳」を叫びました。ちょっと特殊ではないでしょうか? 天が準備した家門です。

 《キリスト教2000年摂理は独り娘を準備する摂理》

2000年前、天は勝利した人間始祖になることのできる、真の父母になることのできる独り子イエス・キリストを送ってくださいました。しかし彼を誕生させたマリヤ、ザカリヤ家庭、ユダヤ教が顔をそむけました。4000年の間、天が苦労して導いてこられ、教育してきたイスラエル民族が、そのように待ちに待ったメシヤを送ってくださったのに、彼らが顔をそむけたならば、どのように考えなければならないでしょうか。

聖書ですべてを表現できませんでしたが、イエス様は33年の生涯を通じて、何度もマリヤに、自分が結婚しなければならないことを話したのです。ところが責任を果たせなかった女性です。どうしてヨセフと一緒に生活しながら多くの子供を産むことができたのでしょうか。彼ら(子供たち)はすべて嫁がせ、めとらせたのに、なぜイエス・キリストに対する責任を果たせなかったのでしょうか。すべての環境圏を失ったイエス様は、それ以上進み行く場がありませんでした。十字架の道を通して、せめてもの霊的な救いの道を開かれました。それで、十字架で亡くなられる状況の中で「また来る」と言われました。また来て「小羊の婚宴」をすると(聖書を通して)確かに教えて下さったのです。

どうしてキリスト教の歴史でマリヤが聖母になることができるのでしょうか。無知なのです。キリスト教2000年の歴史は、聖霊の役事によって復活した使徒たちによって出発しました。新約聖書が出てくるまで時間がかかりました。キリスト教の歴史は多くの失敗を繰り返しました。そのためにプロテスタントが出てこざるを得なかったし、共産主義も出てきたのです。私が話したように17世紀にヘブライ語(とギリシャ語)だった聖書が英語に翻訳されて一般信徒たちが接するようになったために、宗教の自由運動が起こりました。

その代表的な国がアメリカです。このアメリカを通して、天は「また来る」と言った再臨を準備するようになさいましたが、天が失った人間を尋ね求めてきた路程はあまりにも大変でした。あまりにも痛ましかったのです。キリスト教2000年の摂理は、「小羊の婚宴」をするというイエス様の相対になり得る独り娘を誕生させなければなりません。独り娘が現れなければ、再臨のメシヤが来ても真の父母の位置に進み出られないことを知らなければなりません。

私が1943年に生まれ、1945年に韓国が解放されました。その時、お父様は南韓にいらっしゃいました。南韓にいらっしゃるお父様に、天は「以北に行きなさい」と言われました。それはどのような意味なのか分かりますか。絶対信仰、絶対愛、絶対服従です。独り子の位置を訪ねて行く過程です。

 《摂理の完成は独り娘から》

天は、私に成長期間、私が成熟することのできる時間をくださらなければなりません。その時、韓国は共産化され得るような環境でした。解放された時、私は以北にいました。なぜなら再臨メシヤは平壌を通して来られると言われていたし、そのように信じていたからです。神霊と真理によって誰よりも精誠を込めながら、雲に乗って来られるメシヤでなく、肉身をまとって来られるメシヤを待つ団体(教団)にいました。

多くの男性たちは南下しました。なぜなら以北にいれば人民軍に入らなければならないからです。それでも南下する考えを持てないでいたのですが、その時、私の叔父から連絡がきました。日本の大学で薬学を勉強し、解放とともに故郷に帰って来ると思っていたのに、韓国で軍隊に入ったという便りがきました。私たちの家族は再臨のメシヤが平壌を中心として来ると信じていたから南下する考えを持てなかったのですが、一人しかいない息子である叔父が韓国で軍隊に入ったというので、女性三人が、祖母、大母様、私、このように三人が真夜中に南下しました。その時にもドラマのような事実が多かったのです。

私が南下してから2年後に6.25動乱が起こりました。6000年ぶりに天は、失った人類を探し出せる、真の父母の位置に進み出られる独り娘が誕生しましたが、保護しなければならないのです。私が私の意志で話せる時まで、天は保護しなければなりません。ここに集まった人々の中で、6.25動乱を経験した人は何人もいないでしょう。ところでその時の状況としては、天が共になさった奇蹟のようなことが起きたのです。それで私は、年は若かったけれども、これ以上天を待たせるわけにいかないので、「私でなければならない」と考えて、進み出ました。そのために私に誰も、教育した人はいません。

聖書で見れば、アダムとエバは神様と一問一答しました。私も同じです。私に原理を教えたり、何か教育をした人がいません。お父様もできませんでした。私は私が決定しました。

皆さん、(『原理講論』「総序」の最後の部分にあるように)『原理講論』はまだ完璧なものではありません。後編に、「再臨論」だけでなく「真の父母論」が出てこなければなりません。そのように考えませんか。「創造原理」も正しく記述されなければなりません。聖書には6日間創造されて7日目には安息されたとなっています。聖書で「夕となり、また朝となった。第一日である」と言いました。その言葉は、時間の概念ではありません。

皆さんは知っていることですが、夫婦が結婚して赤ちゃんを身ごもるようになれば、10ヶ月という期間を持つようになります。10ヶ月後に誕生します。それと同じように神様の創造も、ただみ言で「(このように)なれ」と言って創造できましたか? 過程があるのです。そして、生命が誕生するのは、男性一人ではできません。男性一人では生命を誕生させられないのです。それで、神様の創造は男性・女性です。ところが聖書はそのようになっていません。

お父様の聖和後に、私が待ちに待ってから「私が独り娘である」とアメリカの牧師たちの前で最初に話しました。そのため牧師たちは拍手をしました。どうしてこの正しくてもっともなことを、私たちが分からなかったのかと言ったのです。カトリック教会の「神父(シンプ)」が「新婦(シンプ)」なのではありません。男性と男性がどのようにして結婚するのでしょうか。「また来る」と言われた再臨のメシヤの前に、独り娘が現れなければなりません。女性が現れなければならないのです。ところが女性を無視しました。それゆえ摂理が完成できません。摂理の完成は独り娘から始まります。

 《国家の復帰のために神慶尚国は足取りを早くして、包んで捧げなさい》

釜山の聖地で皆さんがきょうも精誠を捧げに来たのですが、これからは明確にしなければなりません。お父様がここで出発されて準備なさったのは、独り娘に出会うための準備です。それが分かりますか、分かりませんか。1960年、真の父母の位置に進み出ました。その後、一番最初にしたことが祝福行事です。天の父母様の夢、人類の願い。天の父母様を「父母様」と呼び、その父母様の前に進み出ることのできる、愛を受けることのできる子女となるのを願うのです。しかし堕落によってその道が遮られてしまいました。それを開いて下さる方は、ただ真の父母だけです。

真の父母として恥ずかしいことですが、真の子女という子供たちは、真の父母がどのようして誕生したのかが分かりません。神様の創造もそうです。アダム・エバを誕生させて成長期間をくださいましたが、それは教育する時間です。神様を仰ぎ見て、絶対的に一つとなった位置で、わき目を振らずに神様のみ言だけを聞いて成長して完成したならば、その位置が神様と共にある位置です。天の父母様と真の父母が一体となる位置なのです。

長い間、霊としてのみおられた父母様が、見える現象世界の真の父母として、子女たちを抱いて愛されたかったのに、その大きな恩恵を失ったことが堕落です。それを再び探し出してくださる方は、真の父母です。

真の父母は二代、三代ではありません。ただ一人真の父母です。皆さんの子女である二世、三世も、真の父母と言い、真の母と言います。それを古い元老食口たちは、よく消化しなければなりません。ひとえに、真の父母は永遠においてただ一人です。だからわき目を振らずに、独り娘、真の母と一つになって進み行くようになれば勝利します!

真の父母様の前に、天の父母様の前に、祝福の子女としての責任があります。国家の復帰をしなければなりません。神慶尚国は足取りを早くして、包んで捧げなければなりません。そのようにしますか?(はい)

私は皆さんを信じて、愛しています。

(2019.7.25釜山教会)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 08:53 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。