2019年08月13日

南と北が一つになって、アダムとエバが和解できる?! 《日韓和合 子女集会》



190813.jpg


最新のU-ONE NEWSで
第一地区 韓日・日韓和合のための
「日韓和合子女特別集会」の様子が流れていました。

そこにおいて、田中副会長(兼第1地区長)が
お話しされているので、紹介します。


南北が一つになって、正しくアダム国家になってから
アダムとエバが結婚しなければならない。
これが摂理なんだ。

日本と韓国が一つになった基台を作らないと
南北統一に対しては、天の願い方向と逆行してしまう。

日韓の問題においては、例えば、兄弟関係において、
兄弟が喧嘩した時、どっちが正しいか、
そのように言い合っている限り、
最後は殺しあって終わりです。
これが歴史です。

でも、兄弟が喧嘩をする姿を見る、
父母の心の痛みを知った方が先に引くんです。
兄弟げんかが治まるのは、これしかない。
父母の心情に入らないと正しく越えられない。

我々には嬉しいことに父母がいるということです。
共通の父母を持っている。

この父母の心情から見つめる視点を持ちながら、
取り組みをしていく。
どちらかの視点の軸足だけでは越えていけないんです。

(文責:ten1ko2)


今、日韓の問題が収拾されずにいます。
お母様もこの問題に憂慮されて、
先日、在韓の日本婦人たちを集めて、
「日本宣教師会、特別集会」があったそうです。

前にもお伝えしたと思いますが、
韓国に住んでいる日本人の中で、
最も多いのが家庭連合の婦人たちです。

とても難しく、大きい使命があると思います。
彼女たちも韓国での生活で、
肩身の狭い立場であると聞きました。

実際には、韓国の人たちも日本文化を愛するし、
日本の人たちも、K‐POPが好きだったりします。
しかし、政治の分野、経済の分野では、収拾できず、
スポーツにまでも影響が及んでいます。

やはり、お母様が語られるごとく、
さらには、田中地区長が語っておられるように
この問題は、人間的な力では解決できません。

神様、真の父母様を通して、
さらには父母の心情に立ち返ることなくして、
解決できないことをハッキリと
知らなければならないし、
そのことを訴えていきたいと思うのです。






にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 11:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。