2019年08月16日

墓場に行く前に! 「死んだらわかるけど、それでは遅い」 《北谷先生》2



190816-20190810.jpg


北谷先生の
『死んだらわかるけど、それでは遅い』
続編です。

人が死んで墓場に行くこと、
それは、次の人生、霊界での生活の出発となります。

「墓場」というのは、一般に人生の終わりであり、
希望がないことをいうようですが。。。


私たちは皆、幸せになりたいと願っています。

幸せになりたいと思って結婚します。
ですから、結婚する人には「おめでとう!」とお祝いするのです。

ところが、結婚するときには幸せになると思っているのですが、
結婚した後はどうでしょうか。

もちろん、幸せになるために努力しているでしょう。
努力することは絶対に必要ですし、重要なことです。
しかし、努力してもどうにもならないこともあります。


私が大阪で初めて講演をしたときのことです。
話の流れでたまたま、「結婚は人生の?」と言ってしまったのです。
そうしたら、関西の人はノリが良くて、すぐに「墓場!」と答えたのです。

「結婚は人生の墓場だ」というのです。
誰もが幸せになりたいと思って結婚したはずなのに、そう言うのです。
それを言われた瞬間、私はドキッとしました。
「墓場」ということは、「幸せではない」ということでしょう。

私はその後、日本中で講演をするようになったのですが、各地でこのことを尋ねてみました。
本当に皆、結婚を人生の墓場だと思っているのかどうか、確かめたくなったのです。

北海道から九州まで回って、講演の中で聞いてみました。
「結婚は人生の?」、そこまで言うと、決まって「墓場!」と答えるのです。
答えはみな同じでした。


では、沖縄はどうだったでしょうか。
沖縄はかなり距離が離れていますし、文化的な背景の違いもあるでしょうから、
もしかしたら少し違うのではないかと、その反応に興味がありました。
しかし、結果は同じでした。やはり「墓場!」と答えるのです。


沖縄での講演会が終了した後、一人の婦人が、私のもとにやってきました。
皆と一緒になって「結婚は人生の墓場」と言っていた方です。

「先生は日本中を回っているそうですね。
私の息子は四十歳近くなるのに独身なんです。
結婚してもらいたいのですが、何とかならないでしょうか?」と言うのです。

私が「さっき、結婚は人生の何だとおっしゃってましたっけ?」と尋ねると、
「それはそれ、これはこれですよ」と言うのです。

このように、日本中、誰もが幸せな結婚生活を願いながら、
幸せになれていませんでした。
誰もが、幸せになりたくて努力しているはずです。
不幸になろうとしている人はいないはずです。
幸せになりたくて努力しているのに、そのようになれていない現実を目の当たりにしました。

北谷 真雄・著
(光言社刊『死んだらわかるけど、それでは遅い』より)1.目に見えない霊界の作用
結婚は人生の墓場?



「結婚は人生の墓場」
この言葉を知らない人は少ないでしょう。

実際には、フランスの詩人ボードレールが書いた
「墓のある教会で貴方が愛した
唯一の人と結婚しなさい」
という言葉の誤訳なのだそうです。

ある意味、唯一の人との結婚なので
死ぬまで一緒だから
もう自分の人生はこれで決まってしまった
という意味での皮肉的な言葉とも取れます。

ただ、誤訳の言葉が今も残っているというのは、
そういう風に思っている人が、
今も昔もたくさんいるからなのではないか、
そのように思わざるを得ません。

日本でも、3組に1組は離婚をすると言われています。
実際には、婚姻数が減っているので、
あくまでも計算上の話ではありますが。

ただ、結婚という、人生最大のイベントが、
なかなか思い通りにいかないという
現実があることを否定できません。

北谷先生は、その原因というものを
目に見えない世界からの影響がある、
そのように解説しておられます。

霊界の具体的なお話は、次回に続きます。






にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 09:50 | Comment(0) | 霊界 霊人と共に歩む生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。