2019年08月22日

史吉子先生聖和! お父様の代わりにみ言を語ってくださり、ありがとうございました



190822-20190820.jpg


36家庭の史吉子(サ キルジャ)先生が、
8月20日に聖和されました。
享年87歳でした。

史吉子先生を偲んで、先生の著書「原理に関するみ言の証」より、
お父様とのやり取りを紹介します。


皆さんは現在、原理を学び、み言を学んでいますが、
私が若かった時、草創期の中でも本当の初期、
それは50数年も前なので、どれほど昔でしょうか?

その時は、人も多くありませんでした。
ほんの2〜3人、5〜6人、多くて10数人でした。

お父様が前本部教会の奥の間で、
何人にもならない人たちを前にして、
夜も昼もずっと語ってくださいました。

そして、そのみ言がとてもおもしろく、
恩恵にあふれていました。

これはまるで私が幼かった時、
母方の祖母が生の栗をかみ砕いて、
私の口にすっと入れてくれたのと同じでした。
その時は、汚いとも思わず、
その栗を受け取って美味しくたべました。
ちょうど、そんな感じでした。

ところが、お父様は心配をされるのです。
なぜか?
原理が難しいからです。

お父様は、「この人たちが本当に原理が
わかるだろうか?」と心配されたのです。
それで生の栗をかみ砕いて食べさせるように、
よくかんで食べさせようとされたのでした。


その時は、人が多くありませんでしたから、
私は疑問に思ったことは、しきりに質問しました。
お父様は、私がたびたび質問しても、
熱心に教えてくださいました。

そのお陰で、私の話を聞いた人は、
「ああ、難しいと思った原理が、
すごく易しくなるなあ」と言いました。

また、「お父様にとても近づきたかったけれど、
お父様が私のすぐ隣にいらっしゃるみたいだ。
すごくお父様に情がいきます」と言います。

私の話を聞きながら、み言を語る者が、
ただ私一人だと思わないでください。
「お父様が私とともにいらっしゃる!」
とこのように考えてください。


お父様が私に下さった使命が何かといえば、
「あなたは幼いころから先生のみ言をたくさん聞いただろう。
だから、霊界に行くまで、五大洋六大州を巡回しながら、
み言を話してあげなさい」とおっしゃいました。

それで私が「はい?」と言ったら、
「あなたはそれしかやることがないじゃないか!」
と言われたのです。

私がお父様のみ言をたくさん聞きましたが、
これは言うなれば、愛の負債であり、
お父様は負債を返済しなさいとおっしゃいます。

「私が草創期のころ、あなたたちに昼夜を問わず、
どれほど多くのみ言を語ってあげたか。
今でも世界の人々を集めてたくさん語ってあげたい。
ところが、今は私が忙しいじゃないか」とおっしゃいます。

最近は世界の最高指導者に会って教育をされるので、
私たちのような者がお父様のところに行っても、
「来たか」とおっしゃることもできないほど、
お忙しくなられました。

ですから、「私の代わりに36家庭のあなたたちが、
いわゆる先輩と言われるあなたたちが、
先生がしていたことを後輩たちにしてあげなさい」
とおっしゃるのです。

原理に関するみ言の証
第一章 総序論
「お父様が探された偉大な新しい真理(原理)を、
全世界に伝えなさい」



写真にもありますように、
お母様が下賜された揮毫は、
『神統一韓国時代開門安着孝誠家庭』となっています。
(お父様が書かれた文字が使われています)

李耀翰先生は「開門忠誠子」
朴普熙先生は「安着忠誠子」
史吉子先生は、「開門安着孝誠家庭」
「家庭」とありますから、おそらく、
劉孝元先生を含めてのことなのかな、
そんな風にも思わされました。

お父様とのエピソード、
数名しかおられない中で、会話をされたとのこと。
本当に羨ましい限りですね。

古い先輩たちの証しは、あまりにも貴重です。
史先生の遺された、この書籍も何度か紹介しましたが、
まだ、紹介していないところもあるので、
これを機に、紹介していきたいと思います。

史吉子先生、ありがとうございました。
先生のご冥福をお祈りいたします。


190822-20190820 (2).jpg



にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


史吉子(サ キルジャ)先生:
  韓国本部教区天福宮教会所属、36家庭(3双)。
  天一国7年天暦7月20日(1919陽.8.20)午前7時50分に聖和。
  享年87歳。
  1954年入教、1955年5月11日いわゆる梨花女子大事件で強制退学。
  1960年4月16日、劉孝元先生と3双の祝福を受ける。


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)




posted by ten1ko2 at 11:52 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。