2019年12月03日

最終話 ──神が愛するのは誰?! み言:愛よ永遠に 《蝶野部長11》



191203 (2).jpg


「私は夫からとても愛されたので、
とても幸せに感じ体が傷つくほど愛されました。
ただ神様に感謝し、万民に感謝します、
と言いながら生きてきました」と答えれば、
神様は「ほほう、
そんなに愛されたのか」と言って喜ばれるのです。
神様はあなたに関心をもち始めることでしょう。
そして、
「私は初めてそのように本当に愛された人間を見つけた」
と言われるでしょう(笑)。

愛よ永遠に
1984年1月22日
お父様のみ言より


蝶野部長の夫婦講座、
今回が最後になります。


最後にお父様のみ言1984年の「愛を永遠に」を
読んでみましょう。

神様が、祝福家庭に対してどんな愛の心親心をもってみつめておられるか、
このみ言を通してよくわかります。
(訓読・下記、上記)

めちゃくちゃ愛された人を神様が喜ばれるのです。

「だったらあなたは愛するのよ、これが証拠よ」
そんなこと思った人・・・

愛する側に立ちたいか、愛される側に立ちたいかということです。
アボジは愛する側に立ちなさいということを言いたい。
愛した旦那さんを(神様は)もっと愛する。

相手の性質に人格能力に主管されることが多い。
たくさん配偶者から真の愛を受けた人を喜ばれるということは、
愛した側がどれほど神に近いか。

だったら何もない配偶者が何もなくても、私もたくさん愛されて
神様ありがとうございますという、妻に愛された男、女を見てみたい。

愛の発露、神様を喜ばせたいという信仰基台の力からくる。(縦軸)
相手の長所を見て愛するというのは横軸、この世のものです。

常に、原罪が清算されたということで胸を張るのではありませんね。

中身を作っていくために、私たちをなぜ祝福されたのか、
神の愛、親心に夫婦で帰っていって、配偶者から、真の父母様、天の父母様の愛を
言葉の一つ一つに感じながら、相手を天的な価値として対しながらいくと、
それは素晴らしい夫婦になっていきます。

それが本当に祝福のブランド化できるということです。
血統転換される、(それが)ブランド化だというフレーズがあるんだけど、
中身がないのにブランド化が…というのは
おかしいと私は思います。

なんでこんな愛ができるかという中身を、無原罪であれば、祝福家庭であれば、
私たちが作っていって、ブランドかどうかは私たちが言うものではない、
この世の人がそれを見てくださる、
そのような夫婦になっていきたいと思います。



お父様のみ言(下記、全文)の背後に、
愛される妻を喜んでいる夫の姿を見た、
蝶野部長の心情は素晴らしいと思いました。

夫婦というのは、平行な立場ですから、
お互いを要求したらキリがないですね。
しかし、父母の心情で接していくなら、
これほど素晴らしいことはないというのです。
だからこそ、「永遠のテーマ」だとも思うのですが。。。

神様に喜んでいただける夫婦となるべく、
切磋琢磨しなければ、と思います。

蝶野部長の講話は本当に学ぶところが大きいです。
妻の書き起こしに感謝しつつ、
機会があれば、投稿させていただきます。
ありがとうございました。



にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



愛よ永遠に
1984年1月22日

皆さんは真の愛に出会って、本当に強く抱き締められ、また強く打たれて惨めなくらいに愛されても、「それでも構わない。それくらい愛されたい」とそう思ったことはありますか。「もしそうなれば、どれほど幸せだろう」と考えたことがありますか。そういう女の人はどれほど幸せな人でしょう。
もし皆さんが霊界に行くと、神様から「この小さなアメリカのムーニーよ、あなたは地上で何をしてきたのか」と聞かれます。それに対して、「私は大したことをやってきませんでした。ただ夫からとても愛されたので、とても幸せに感じ体が傷つくほど愛されました。ただ神様に感謝し、万民に感謝します、と言いながら生きてきました」と答えれば、神様は「ほほう、そんなに愛されたのかと言って喜ばれるのです。「あなたは小さいが素晴らしいアメリカの女だ」と神様はあなたに関心をもち始めることでしょう。そして、「私は初めてそのように本当に愛された人間を見つけた」と言われるでしょう(笑)。
それはどれほど素晴らしいことでしょうか。皆さんはどうですか。それは好きですか、嫌いですか?(好きです。)どうですか?先生はそのような女性が好きですよ。皆さんはどうですか?(はい好きです!)

先生もお母様にそうしてあげたいのですが……(笑)。人は真の愛の主管を好みます。今日は何ヵ月間も話をするほど話があるのに時間が過ぎてしまいました。
──私たちはどうすれば神様を身近に感ずることができますか?神様を私の家に迎え入れることができ、わたしの肉から、細胞から、心から離すことのできない愛の神様であるということを知る時、どれほど幸福でしょうか。神様はただ単にロゴス(全知全能)の神ではなく、愛の神様なのです。だから人間は神様の完全なる対象であり、愛の対象なのです。主体が神様であるので私がいなければならないのです。神の愛の前には私が必要であるという特権、人間がもっているこの特権を誇らなければなりません。どれほど素晴らしいことでしょう。そのような人間はどれほど価値のある人か考えてみなさい。分かりますか?

皆さんは希望をもってさらに神の真実なる愛の圏内で走り抜きましょう。どうですか。どれほど素晴らしい私たちでしょう!正に「愛よ永遠に」です。そのような永遠の愛をもつことがいかに素晴らしいことでしょう!
では、真の愛の中で神様の真の対象となるように努力しますと決意する人は手を挙げてください。



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)

posted by ten1ko2 at 08:07 | Comment(0) | 夫婦講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。