2019年10月18日

礼節の人、孔子が霊界で最も悔やむこととは?! 《浅川先生霊界シリーズ》



191018.jpg


浅川先生の霊界シリーズ。
今回は、四大聖人からのメッセージ、
儒教の開祖、孔子からのメッセージを紹介します。


人間と人間の関係、特に親子関係の礼節を事細かに定めたのが孔子です。
天と先祖と親に対する礼節を唱えました。

霊界で孔子の姿を見た人の報告によると、
孔子の行った霊界は、楽園の下流層であったそうです。

楽園で雪の降る極寒の中で修行している姿を見たといいます。
強い精神力をもって、霊界でも礼節を貫き通していらっしゃるようです。


孔子は多くの言葉を残し、『論語』としてまとめられています。
しかし、著作を見るたびに、孔子は心に痛みを感じると言っているのです。

生前、あるお弟子さんが孔子に対して、
「先生の教えの中には人間関係が詳しく説かれていますが、
人間は死んだのちどうなるのでしょうか」と問うたそうです。
そのとき孔子様は、「生を知らず、いずくんぞ死を知らんや」と答えたそうです。

生きることの意味を知らないのに、
死後の人生を知ることができるものかと言われたのです。
この言葉と人生観が、霊界に行ってみてから、孔子を苦しめているのです。


孔子は次のようなメッセージを地上に伝えています。

「孔子は卑屈な人生を送ることのないよう、とても努力をしたが、
来世について深く関心をもたなかった。
そのため、霊界の生活のために準備せずに生きてしまった。
孔子の残した書籍の中には、
来世まで責任を負うという文句は見いだし難いはずである」


孔子はたくさんのことを教えましたが、霊界に対する準備のために、
どのような生き方をすればいいかという、
最も大切で根本的な指導をすることができなかったと、深く悔やんでいます。

浅川 勇男・著
(光言社・刊『幸・不幸と霊界の仕組み』より)
第七章 霊界人からのメッセージ
四大宗教聖人からのメッセージ A孔子


人としての生き方を残された孔子の功績は、
とても素晴らしいものがあると思います。
しかし、彼は霊的な側面においては、疎かったのだと思います。

人間は、地上の人生だけでなく、
永遠の世界、霊界があるということ。
そして、霊界で正しく生きるために
地上の人生をどのように生きるのか。
このことを知っているのと知らないとでは、
生きる意味合いが全く変わってきます。

もともとは霊的に鈍いものであるにも関わらず、
霊界で正しく生きられるように、
み言を与えてくださった、
真の父母様に深く感謝したいと思います。







にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 09:44 | Comment(0) | 霊界 霊人と共に歩む生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。