2019年11月12日

この3つが必須、私たちが天国にいくために! 《浅川先生の霊界シリーズ》



20191106d_photoline_13.jpg


浅川先生の霊界シリーズ。
最終段階に入ってきました。
今回は、「天国に行くための三つの取り組み」です。


この世で最高の幸せをつかみ、あの世で天国に行って
永遠の幸せをつかむということが、人生の目的であると知りました。

では、そのためにどのようなことをしなければならないのでしょうか。
それにはおおむね、三つの取り組みが必要になると考えられます。


第一は、
それを実践するならば、必ずこの世で最高の幸せを得るとともに、
霊界において天国に行けるという、
幸福の絶対的な原理を学び、それを実践することです。

第二は、
霊界の天国に入れるような結婚と、
その結婚から続くところの家庭というものを築くことです。

多くの人々が結婚し、家庭を営んで霊界に行きましたが、
今までだれ一人として天国に入った人はいません。
それを考えると、天国に入るには、従来の結婚とは違う、
特別な結婚をし、家庭を築く必要があるといえます。


第三は、先祖や先祖に苦しめられた人々を天国に入れてさしあげ、
最高に幸せにしてあげることです。
そうしなければ子孫の幸せもあり得ないからです。

不幸というものは、自業自得というように、
自分の悪行の報いを受けることによって生じるものですが、
これまで述べたように、先祖の悪行や、あるいは
また先祖から苦しめられた多くの怨(うら)みの霊の働きによって、
不幸になっているのです。

先祖が苦しめた人たちと、子孫である私たちは
血のつながりを通して密接な関係をもっているわけですから、
先祖と先祖に苦しめられた人の幸せなくして、
私たちの現世における幸せもあり得ないのです。

以上のような三つの取り組みが、
天国に行くためには必要なのです。

浅川 勇男・著
(光言社・刊『幸・不幸と霊界の仕組み』より)
第八章 天国への道筋
天国に行くための三つの取り組み


天国に行くための三つの取り組み・・・
知ることも大切ですが、
それを実践して、やり遂げる方が大切かと思います。

そうやって、歩むことが感謝な時もあるし、
苦しいときもあるかもしれません。

しかし、千里の道も一歩より、
お母様も
「昨日よりも今日、今日よりも明日」
感謝の心をもって歩んでおられます。

幸福に至る道をつかみ取り、
前進していきたいと思います。





にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 08:27 | Comment(1) | 霊界 霊人と共に歩む生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
第二については、祝福のことをおっしゃっているのだと思います。
統一教会の結婚は、自分を中心ではなく、神様を中心とした結婚です。そのような目的で男女が結ばれます。
このような結婚とは違い、とても崇高なイメージがあります。

しかしながら、韓日家庭では私の地区教会でも多くの日本人女性が、家出同然で帰国しました。
韓国人夫のアル中、暴力、浮気、物を破壊する等の行為で、怖かったとのことです。ブログを読めば、悲惨な韓日家庭の様子がわかります。可哀想に旦那さんを、Satu人した家庭もありましたね。
教会に相談しても「蕩減だ」「先祖の罪だ」、だから「清平に行きなさい」ということになり、貧乏なのに献金してますます貧乏になるというのです。
ブログ主様も、これらのことことをご存知でしょう。
どうお思いになりますか?
どのように解決したら良いのでしょうか?

もちろんブログ主様のように、仲睦まじい家庭があることも知っています。
話が外れてしまい、すみませんでした。
Posted by はちみつ at 2019年11月12日 22:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。