2019年12月10日

回答編・なぜ祝福家庭に怒りや不安がなくならないのか?! 《氏族伝道の心理学》



191210-20191207.jpg
2019 アフリカ大陸サミットおよび孝情家庭祝福祝祭
(2019.12.7) ヨハネスブルグ FNBスタジアム☆


大知(おおとも)先生の『氏族伝道の心理学』
今回は、「解決のポイント、授受作用の力」、
先回の回答になります。


この疑問(原罪を清算され、サタンとの血統的な因縁がなくなった
祝福家庭の中の不安と怒りが、なぜ減少していかないのでしょうか?)
の回答ですが、それは「授受作用」があるからです。

『原理講論』第一章第二節(二)には、
「あらゆる存在をつくっている主体と対象とが、万有原力により、
相対基準を造成して、良く授け良く受ければ、ここにおいて、
その存在のためのすべての力、すなわち、
生存と繁殖と作用などのための力を発生するのである。
このような過程を通じて、
力を発生せしめる作用のことを授受作用という」
と書かれています。


私たちは、祝福を通して原罪を清算することにより、
サタンが直接、血統的因縁を通して
相対基準を造成することはできなくなりました。

しかし、私たちは、日常生活の中の人間関係を通じて
たくさんの授受作用を行っています。
そうした日常生活の中で、「堕落性の授受作用」を行っているのです。

家庭生活の中でも同じです。
「不安と怒りの授受作用」が家庭の中にあるために、
家庭の中の不安と怒りが増してくるのです。


ところで、授受作用が行われるためには、
相対基準が造成されなくてはなりません。
相対基準は、似たものでないと造成することはできません。
ですから、創造本性と堕落性の授受作用はあり得ません。

私の中の創造本性の情は、必ず相手の創造本性の情と
相対基準を造成します。
そして、創造本性の情を中心とした人間関係
(授受作用)を作っていくようになります。

一方で、私の中の不安や怒りは、必ず相手の中の
不安、怒りと相対基準を造成し、
堕落性を中心とした人間関係(授受作用)をつくっていきます。

このことを図にすると、図4のようになります。

191210.png


この図から、不安や怒りを動機として発した言葉は、
相手の心の喜怒哀楽の中の、
不安や怒りにしか相対しないことを理解していただけると思います。

教会員は、お父様のみ言を中心として話をすることがよくあります。
み言自体の内容は、もちろん創造本性の内容です。

しかし、どんなに素晴らしい内容のみ言でも、
それを言葉として発する時の情が、
「不安」や「怒り」を動機としているならば、
その言葉は相手の「不安」や「怒り」に届くことになります。


具体的に考えてみましょう。

イライラして子供たちに、
「真の父母様は、こうおっしゃっているでしょ!」、
「大母様は、二世のあり方をこのように語られているでしょ!」
…と話したことがありませんか。

子供たちだけではなく、夫や妻に対しても、
同じような言い方をしたことがあるのではないでしょうか。
相手に伝える内容は素晴らしいものであっても、
たとえ創造本然の内容であるみ言であったとしても、
怒って言っていたとすれば、言われた相手は、
「うるさいな、だから二世なんかに生まれてきたくなかったんだ」とか、
「そう言うあんたはどうなんだ」などと言い返してくるか、
言い返さなくても、心の中でそう思っていることでしょう。

素直に反省することは少なく、お互いの心の中のイライラが増していくだけです。
なぜなら、こちらの怒りは、相手の怒りとしか相対基準を結ばないからです。


では、どうしたらよいのでしょうか。

簡単なことです。
創造本性の情を動機として、夫や妻、子供たちに接すればよいのです。

何も難しいみ言を語る必要はありません。
ただ、相手を思いやる心をもって、
「行ってらっしゃい」とか「ただいま」などと、
普段の生活の中での当たり前の言葉を語りかければいいのです。

そうすれば、創造本性の情から出発した言葉は、
相手の創造本性に届き、温かい、優しい気持ちになるでしょう。

そして、相手も同じように、温かい、思いやりのある言葉を返してくれるはずです。
なぜならば、創造本性の思いは、
相手の創造本性の知情意と相対基準を造成し、
創造本性の授受作用が起こるからです。

いえ、言葉も必要ありません。
相手に対する優しい思いから出た行動、
水を一杯持っていってあげるとか、
ハンカチを手渡してあげるなど、
ちょっとした行為が相手の創造本性に届き、
お互いの創造本性の授受作用が始まります。

それを繰り返していくうちに、創造本性の情が大きくなり、
自然と堕落性は小さくなって、つまり不安や怒りの思いはなくなって、
私たちが目指すべき完成、すなわち創造本然の姿に近づいていくのです。


さて、結論が出ました。
ここまで長々と述べてきましたが、
心の問題を解決する方法は、実にシンプルなものです。

「創造本性で授受作用しましょう」ということであり、
「不安や怒りから発する授受作用をやめましょう」ということです。

「なあんだ」と思われるかもしれませんが、
原理的に考えても、授受作用が
すべての生成と存在と発展の原動力ですから、
当然、こうした結論が出てくるわけです。

大知 勇治・著
(光言社・刊『成約時代の牧会カウンセリング 氏族伝道の心理学』より)
第3章 氏族的メシヤ勝利と心の問題解決
解決のポイント、授受作用の力


シンプルな結論ですが、
とても重要な内容ですよね。

私の心情と動機が問題である、このことは、
本当に肝に銘じていかなければならないと思います。

よき(創造本然の)授受作用のためには、まず、
どちらかが真の愛で愛することが必要になります。

これも、真理ですが、このことを
知ったことが目的ではなく、それを実践しなければ
意味がないような気がします。

み言というのは、人のためではなく、
自分のために(のみ)あるのだといいます。
だから、もしも裁きをもって使ったとすれば、
人の心霊を傷つける、
凶器のようなものになってしまいます。
本当に大切に扱わなければならないでしょう。

人がどうのこうの言う前に、
まずは、私自身から正さなければ、と思うのです。





にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 07:20 | Comment(0) | 信仰生活・信仰講座・礼拝説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。