2019年12月13日

南太平洋のパラオに、ファーストレディーたちが、大集合 連合の旗揚げ!



191213-191211.jpg
アジア太平洋ファーストレディー・サミット祝勝会☆


パラオで行われたファーストレディー連合結成大会、
現地からの報告です。


大会は大成功でした。

現職大統領夫人やスピーチされた方々は、
母親、女性こそは特に平和を願う立場にあり、
それぞれ、次世代のために環太平洋の平和を守り
連帯を深めていきましょう、と語られました。

また、異常気象、地球温暖化等々で、
海面上昇による水没危機、珊瑚礁破壊、食物連鎖破壊、
サイクロン発生、災害増大等々、それらの問題にも
結束して対処し、守って行こうと、
皆さんのスピーチはとても素晴らしいものでした。

「アジア・パシフィック令夫人サミット」では、
パラオのデビィ大統領夫人のスピーチに続いて、
キリバス大統領夫人、ナウル大統領夫人、
パプアニューギニア大統領夫人、フィジー大統領夫人、
マーシャル諸島元大統領夫人、北マリアナ連邦国代表夫人の
方々のスピーチに続いて、フィリピンのホセ元国会議長のスピーチもありました。

祝福式には、パラオの大統領ご夫妻も参席されました。

YSPの大会には、700人以上の学生が集会に来て、椅子が足りなくなりました。

尹煐鎬(ユン ヨンホ)事務総長
書信より


お母様を中心に開催されたと思っていたのですが、
お母様が御自身の代身として、
文薫淑・世界平和女性連合世界会長と
文姸娥・HJ 世界平和財団理事長が
主管されるようになったそうです。

短い報告ではありますが、
見事に責任を果たされたのだと思います。

そして、ドミニカ共和国希望前進大会も、
真のお母様の特使として真のご家庭の文善進様夫婦を
派遣されることになったそうです。

真のお母様は筆舌に尽くしがたい
御聖体に無理を強いる路程を歩まれました。

「足が腫れ、口の中が爛れ、立っていることさえできない」
程度ではなく、誠に言うに言えない
御聖体の痛みを乗り越えられて、
今回の巡回路程を歩まれました。


いつもお側近くで侍っておられる
事務総長がこのように言っておられますが、
お母様は本当に肉体の限界を超えておられます。

そういったこともあり、
代理を立てていかれたのだと思います。

お母様のご健康のために心から祈りを捧げつつ、
私たちも与えられたみ旨にまい進していきたいです。



palau.jpg Republic of Palau.gif
         赤マークがパラオ





にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 09:38 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。