2019年12月25日

(証し)クリスマスの奇跡! 私が心から「独生女」を実感した瞬間



191225-20161224.jpg
2016.12.24


今日は、クリスマス。
過去ログを見ていたら、
ちょうどクリスマスの記事を見つけました。

777双のお姉さんの感動的な証しです。


お母様から、「独生女(独り娘)」ということ(言葉)は、
クリスマスの時にお母様から呼ばれて、
天正宮博物館に行ったとき、はじめて聞きました。

かつて、お父様が「独り娘」ということを語られていたので、
特別引っかかったわけではないし、
違和感も不信感も全くないのですが、
ただ、「独生女」という言葉はどうイメージすればいいか・・・
そのような思いがありました。

それで、私はその場で祈ったんです。
「私がお母様の『独生女』という言葉に
確信が持てるよう、
何かしるしを見せてください」
そのように祈りました。

そうしたら、お母様のみ言が終わって、
お母様が立ち上がられて、後ろを向かれた時に、
背後から大きなお父様の姿が映ったんです。

それは幻だったんだと思います。
私がびっくりして、「見て、見て!」
そう叫んだら、周りの人たちは、
「何、何のこと?」
全く意味が分からない、っていう素振りでした。

それでお父様のお姿が最初はものすごく大きかったのに、
だんだんと等身大になってくるんです。
そしたら、『ぱっ』とお母様の体に入ったんです。

でも皆さんお分かりのように、
お父様とお母様の体つきって違いますよね。
お父様の方が身長も体格も大きいです。
それなのにお母様のお体に『ピタッ』と
寸分たがわずに入られたんです。

そしたら、途端に天井から、
黄金とダイヤの光がキラキラと
小さな粒が舞い降りてきました。
たくさん降り注いで、
おこぼれが二つ三つ私のところにも降ってきました。

「見て見て、お母様って凄い!」
みんなに言ったら、また、キョトンとしてました(笑)
本当に清らかで美しく暖かい。。。
そんな雰囲気でした。

私は思いました。
お父様とお母様が一つになった時、降りてきたわけですよね。
だから「この光は神様なんだ」

神様と一つになり、お父様と一つになったお母様。
まさに神様の『独生女』
そう思わされたんです。


私たちが東京で路傍伝道をしていますよね。
そのことをお母様に報告する、ということで、
本部の人が写真を撮りに来られました。
ちょうど私が路傍遊説しているところです。

お父様ののぼりがありますよね。
お父様が私のほうを向いているような感じで、
そこで私が遊説しているところを撮っていただいて、
それを拡大して(本部の人が お母様の許に)持って行ったんです。

実際にはたくさんの写真をもっていかれたんですけど、
お母様はその(私の遊説中の)写真にサインをしてくださいました。

おそらく、お父様が大きく映っているから、
それでサインされたのだと思いますけれど、
「ウリヌンハナダ」とサインしてくださいました。

一つになれば奇跡が起きる!
今、世界中でいろんなことが起こっていますよね。
お母様と一つになれば、奇跡が起きるんです。

それで私は感じるのですが、
お母様は昔のお母様と全然違いますよね。
昔はお父様のそばに小さくなって、
寄り添っているような感じでした。

ところが今は全く違います。
お父様がともにおられるのを感じます。
外見は、お母様なのですが、
中身は、お父様というか。。。

そういうお母様に直接侍ることができて、
本当に感謝だな、と思います。

(文責:ten1ko2)


お父様のやっていることと
お母様のやっていることは違う。
そのように言って、お母様を批判し、
お母様から離れる人たちがいます。

しかし、このおねえさんのように、
霊的に鋭敏ならば、決して
そのような結論を出すことはないでしょう。。。

世界巡回路程をしておられる真のお母様。
今は、アメリカの歴史的大会勝利に向けて、
凄まじい精誠を捧げておられる時だと思います。

そのお母様をお守りされるべく、
お父様は完全にお母様と一つになって、
お母様のために、協助しておられるんだ。。。
そのことを感じました。

聖霊実体の役事が起きるのは、
今この時しかありません。

お母様と一つになることは、
お父様と一つになることであり、
奇跡が起きるべくして起こっているのだ。。。
そう思うのです。






にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 09:04 | Comment(0) | 私と御父母様 ・信仰の証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。