2019年12月27日

「私は独生女」報道をした記者、様々な反対をどのように収拾したか 〈顛末記〉



図1.png


真のお母様は、全世界で
「独生女(独り娘)」宣言をされていますが、
初めて韓国の記者が報道したときの、
前後の証しです。

数年前、韓国メディアとの橋渡しをしておられる、
安豪烈(アン ホヨル)対外協力本部長が
日本に来られて、集会でその証しをされました。

翻訳だと多少違和感があるので、
少し編集して紹介します。


私は、お母様に「記者たちが会いたいと言っています」

(そのように報告した時)私は心の中で、
「お母様が『時間がないから会えない』
このように言ってくださらないかな」
そのように思っていました。

しかし、お母様は言われました。
「そうなの。
じゃあ、お茶一杯でも飲んでもらわないといけませんね。
連れてきなさい」

私は、思いました。
「あぁ、きかなくてもいいことをきいてしまった。。。」


それで記者懇談会を行いました。
左の真ん中に眼鏡をかけているのが私ですが、
(左手前から4番目の人)

この時の私の心境はどうだったかというと
心臓の脈拍が止まっていました(笑)
それぐらい緊張していました。

この記者たちがいったいどんな質問をするだろうか・・・
お母様の品性を汚してはいけないわけですから。。。


そして、一人の記者が質問しました。
「総裁、健康はどのように維持しておられますか」
その時、妍娥ニムが「バウンス」の話をされたんですね。

また、家庭連合の業績、実績を記者たちが見てきたので、
彼らはお母様に対して、礼儀を尽くすんです。
とても心配していたので、少し解放されました。


ある記者がお母様にこのように質問しました。
「総裁、194か国に宣教活動をしておられるといいますが、
具体的に戦略があるなら、そのことを聴いてみたいです」

そうしたら、お母様はこのように語られたのです。


「そうね。みなさんは、
私が誰なのか、知らないでしょう?」



それで、みんな黙っているわけですね。
そして、お母様が語られた一言。


「私は、独り娘(独生女)ですよ」


お母様がこのように強く出るとは思いませんでした。
さらにお母様が言われたのは、


「私が万人の真の父母です。
あなたたちも私を通じなければ、
霊界のいいところに行くことができません。

独り娘が誰であり、
真の父母がどんな人なのか、
それを知るためには、
原理を勉強しないといけないですよ」



このように語られたのです。


私は気絶する直前です(笑)
記者たちが強く出ると思っていたら、
お母様が強く出られたので(笑)

そして、お母様はさらに語られました。

「みなさんは、記者なので、よく聞いてください。
個人でも団体でも、国家でも民族でも、
どんな宗教でも平和世界を望んでいるのに、
なぜ、平和世界ができないのですか?」



そのように質問されたのです。


「でも宗教は非平和的なんじゃないだろうか、
それがどういうことか、わかりますか?

宗教組織は、
利益や利潤を追求する組織ではなく、
目的を実現するために、
神様が作った組織なのです。

その目的は平和世界です。
宗教は手段であり、
究極の目標は平和世界なのです。

しかし、今の宗教は
自分の教団ばかりを考えていますね。
それで平和世界を求めるので、
衝突が成されるのですよ」



このように語られました。


私は緊張しながら聞いていました。
記者たちは何を考えながら聞いているだろうか。。。

40分くらい、このような時間を過ごしました。
私は懇親会を終えて、階段を降りましたが、
降りたのだか、昇ったのか、わからないくらいの状況でした。

「彼らは一体、どういう記事を書くだろうか・・・」


それで、記者が聞くわけです。
「今、総裁が話したことを書いてもいいのですか?」と。

「私は独り子(独生子)、ということを聞いたことがあるが、
『独り娘(独生女)』という言葉は初めてきいた。
そして、キリスト教が責任を果たせなかった、ということ。
これは、キリスト教に対する挑戦状ではないでしょうか。
書いてもいいんですよね?」と。

私がそのように言われて、
記者たちをどうして止めることができるでしょうか。
だから、「どうぞ、ご自由にしてください」
そのように言うしかありませんでした。


そして一人の記者がこのように書いたのです。

「神様の使命を受けた真の父母、独り娘として
人類救援のために真の家庭運動を広める。

インタビューに臨む韓総裁の印象は、
カリスマ溢れる宗教指導者というより
慈愛に満ちた母のような印象だった」

さぁ、問題は、これを読者たちが読んで、
どういう反応をするかということです。

私は「この記者は死んだな」と思いました。
だって、そうですよね。
韓国のキリスト教がこの記事を読んで、
放っておくはずがないです。


それで、1週間くらいして、記者たちを呼びました。

「この記事を出されて、怒った人たちはいませんでしたか?」
そのように質問したら、案の定、
「もう言葉にならないくらい、多くの人たちが反対しました。
しかし、本部長、私が綺麗に整理しました」
というんです。

「どういうことですか?」
と聞いてみると、

あまりにたくさん文句を言われたので、
このように答えたというのです。


「私が韓総裁にインタビューして、
『私が独り娘(独生女)だ』と言ったんだ、
そして、文総裁と
『私たちが真の父母だ』と言ったんだ。

だったら、あなたの教会に
救世主、メシヤ、再臨主がいるのだったら、
私がインタビューして記事を書く、
それでいいじゃないか」

そう言ったのです。(拍手)

そして、さらに、
「あなたの教会には、執事しかいないじゃないか、
メシヤにインタビューしたいから連絡ください」
そう言ったら、二度と連絡がありませんでした。
(文責:ten1ko2)



「私は、独り娘(独生女)ですよ」
そのように語られるお母様。。
その時の心情は、母の心情だったと思います。

実際に記者が、
「慈愛に満ちた母のような印象だった」
そのように書いています。

今、真のお母様を「独り娘」として、
アメリカの牧師たちが証ししています。

英語には、
「Only Begotten」神の独り子
すなわちイエス様を表す言葉はありますが、
「Begotten Daughter」独り娘、
という言葉はありません。
ある意味、新語ですね。

いよいよアメリカ聖職者大会
「CLERGY RALLY
A NEW HOPE FOR A HEAVENLY
UNIFIED WORLD」
が日本時間、日曜日午前5時に開催されます。

お母様を「Begotten Daughter」と証しする牧師たち。
歴史的な大会の成功を心からお祈り申し上げます。





にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)




posted by ten1ko2 at 11:04 | Comment(0) | お父様・お母様の路程 証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。