2020年01月09日

涙で真の父母宣言、ご尊名「文鮮明!」を叫ばれた意味 《米大会・徳野会長2》



1200109-20191228.jpg


お母様とお父様がいかに一体であられるのか。。。
先日もお伝えしましたが、
アメリカ聖職者希望前進大会でお母様がみ言を語られたときの
様子によく表れていました。

徳野会長のみ言、続編です。


お母様は、アメリカ聖職者希望前進大会で、

次のように語られました。

「『また来る』と言われたイエス・キリストの代身の使命を
持って来られた文鮮明(総裁)と1960年に聖婚しました」

お母様は、『文鮮明』と語られる時、
涙ぐまれながら、絶叫されました。
アメリカの聖職者たちをはじめ、
クリスチャンたち3万名の前で、
さらには、全世界にインターネット中継されたのです。

今まで、真の父母様は、
キリスト教から、迫害されてきました。
お父様を受け入れることができませんでした。

しかし、今回、お母様が、もう一度、
涙を流されながら、絶叫されました。

お母様がお父様を愛しておられなかったら、
こんな宣言が出てくるはずがありません。
お母様がお父様をどれだけ愛して、慕っておられるか。
この場面を見るだけでも、疑う余地がありません。

このことがわからない食口がいるのです。
本当に無念で残念でなりません。

お父様とお母様が、私たちが想像できない次元で、
一体であられるのか。。。
このことがわからないと
これからのみ旨についていくことができないと思います。



この大会には、3万名が集いました。
世界から600名の聖職者、
アメリカの1200名の聖職者、
そして、25000名のクリスチャンたちだと聞きました。

ですから、ほとんどの人たちが、
食口ではないわけです。

その場で、
「イエスキリストの代身」「文鮮明」
そのように証しされたわけです。

正々堂々と語られたお母様。
かつて、お父様が語りたかったことを、
お母様が代身して語ってくださいました。

霊的にともにおられたお父様は、
どれほど喜んでおられたことでしょうか。。。

霊的大転換、
アメリカキリスト教にくさびを打たれたお母様。
お母様の勝利に、あらためて、
心から感謝申し上げます。






にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 09:13 | Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも読ませていただいています。

質問なのですが、
原理講論や主の路程によれば、80年前 お父様を中心人物が受け入れなかった事例が続き(最初の奥方の父親とか、梨華女子大の学長とか)、世界のキリスト教の指導者(法王?)につながれなかったと嘆いている文章になっているのですが、今現在は1200名もアメリカの聖職者が来ても国際情勢に変化が見られないのは、逆に何故なんでしょうか?。

原理の摂理観だと、ノアやアブラハム〜の解説で勝利パターンを捕捉しますので、どうしても「一人の中心人物」に注視するところがありますが、まだ1200名の中に相手方の中心人物がいないということでしょうか?。

あと素朴な疑問ですが、
現代においては、誰に影響を与えれば、どなたが音頭を取り、不穏な国際情勢が軌道修正できるのでしょうか?。

お父様と一体になられたお母様の目標となる、ターゲットの人物はどなたなのか気になります。

ご指導、よろしくお願いします。

Posted by いつもここから at 2020年01月09日 12:25
初めてコメントさせて頂きました。
私は23歳でみ言葉を聞き、何度も離れては帰って来る事を繰り返してもうすぐ59歳になります。時々み言葉を欲しくなる時もありますがなかなか教会に足を運ぶ勇気がありませんでした。3年前にも1度教会に帰って来て祝福を受けたのですが、流れてしまいそれから足が遠のいて幽霊会員になっていました。そういう時にはten1ko2さんのみ言葉をよく拝見させてもらいました。

実は今年4日に母が他界し、先祖解怨をしようと決意し、教会に帰って来る事が出来ました。
母の49日までに先祖解怨を済ませ母には良い霊界に行ってもらいたいという思いです。
今回帰って来られたのは母の条件だと感じていますし、これからは母と共に頑張っていこうと思っています。ten1ko2さんの沢山のみ言葉に本当に感謝しています。

まだ沢山の方が帰りたくても帰れずにいる事と思います、ten1ko2さんのブログを見て一人でも多くの方が帰って来る事を願っています。

1日も早く天一国が成就されますように
Posted by hiro at 2020年01月10日 12:08
いつもここからさん。
はじめまして、ご質問ありがとうございます。

『中心人物』に関してですが、誰なのか、関心がありますよね。
ただ、私自身も詳しいことはわからないのですが、もしかしたら、お母様も今の段階ではわからないのかも知れません。

昨年、第一号になったサントメプリンシペも、当初は、選ばれていなかった国ですが、わずかの期間に天の願われる国家になりました
。どの人が、というのは、わからない気がします。

また、国際情勢を動かす人物に関しても同じことが言えるのではないでしょうか。

以上よろしくお願いします。



>いつもここからさん
>
>いつも読ませていただいています。
>
>質問なのですが、
>原理講論や主の路程によれば、80年前 お父様を中心人物が受け入れなかった事例が続き(最初の奥方の父親とか、梨華女子大の学長とか)、世界のキリスト教の指導者(法王?)につながれなかったと嘆いている文章になっているのですが、今現在は1200名もアメリカの聖職者が来ても国際情勢に変化が見られないのは、逆に何故なんでしょうか?。
>
>原理の摂理観だと、ノアやアブラハム〜の解説で勝利パターンを捕捉しますので、どうしても「一人の中心人物」に注視するところがありますが、まだ1200名の中に相手方の中心人物がいないということでしょうか?。
>
>あと素朴な疑問ですが、
>現代においては、誰に影響を与えれば、どなたが音頭を取り、不穏な国際情勢が軌道修正できるのでしょうか?。
>
>お父様と一体になられたお母様の目標となる、ターゲットの人物はどなたなのか気になります。
>
>ご指導、よろしくお願いします。
>
>
Posted by ten1ko2 at 2020年01月11日 12:53
hiroさん、はじめまして、

励ましのコメントありがとうございます!
hiroさんのような方に読んでいただけて、私としても本当に嬉しいです。
頑張って継続していきますので、今後ともよろしくお願いいたします。

>hiroさん
>
>初めてコメントさせて頂きました。
>私は23歳でみ言葉を聞き、何度も離れては帰って来る事を繰り返してもうすぐ59歳になります。時々み言葉を欲しくなる時もありますがなかなか教会に足を運ぶ勇気がありませんでした。3年前にも1度教会に帰って来て祝福を受けたのですが、流れてしまいそれから足が遠のいて幽霊会員になっていました。そういう時にはten1ko2さんのみ言葉をよく拝見させてもらいました。
>
>実は今年4日に母が他界し、先祖解怨をしようと決意し、教会に帰って来る事が出来ました。
>母の49日までに先祖解怨を済ませ母には良い霊界に行ってもらいたいという思いです。
>今回帰って来られたのは母の条件だと感じていますし、これからは母と共に頑張っていこうと思っています。ten1ko2さんの沢山のみ言葉に本当に感謝しています。
>
>まだ沢山の方が帰りたくても帰れずにいる事と思います、ten1ko2さんのブログを見て一人でも多くの方が帰って来る事を願っています。
>
>1日も早く天一国が成就されますように
Posted by ten1ko2 at 2020年01月11日 12:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。