2020年02月04日

今日、総会 ワールドサミット2020開幕! 120ヵ国から6000人のVIP 【速報】



200204-20200203.jpg


昨日開幕したWorld Summit 2020。
いよいよ世界平和頂上連合総会がもうすぐ始まります。
昨日の速報をお伝えします。


UPF主催の「ワールドサミット2020」が3日、
韓国京畿道高陽市にある国際展示場「KINTEX」で盛大に開幕しました。

ワールドサミットには前・現職首脳約150人のほか、
国会議員や宗教指導者、メディア関係者、ノーベル賞受賞者など
120カ国から約6000人が参加し、世界平和のために
「共生・共栄・共義」主義を広める活動を推進することを確認しました。

3日午前に行われたセッションでは、
トーマス・ウォルシュUPF世界議長が
「今回のサミットは会議をただ並べたのではなく、
多くの課題を抱える状況下でも変わることのない
普遍的な価値を伝えることが目的だ」と強調しました。

また、クリストファー・ヒル元米国務次官補は、
核開発を続ける北朝鮮について
「共生・共栄・共義に全く関係ない国になってしまった」とし、
「全世界は共通の価値観を持って北朝鮮が核兵器を手放すように
説得する必要がある」と訴えました。

ほかにも、グッドラック・ジョナサン元ナイジェリア大統領や
世界3大投資家の一人とされるジム・ロジャーズ氏らが講演しました。

夜には歓迎晩餐会が開かれ、
華やかに演出されたバレエ公演に参加者らは大きな拍手で応えました。

ワールドサミットは4日に
「世界平和頂上連合」(ISPC)総会が開かれるほか、
「世界平和議員連合」(IAPP)や
「平和と開発のための宗教者協議会」(IAPD)など
多くの分科会が行われます。




午前中のセッションとは、
「共生・共栄・共義のための世界平和カンファレンス」です。
少し見ることができたので、上記に少し加えてみます。

新型コロナウィルスが猛威を振るっている中にも関わらず、
会場は、ほぼ満杯でした。
ですから、120ヵ国6000名の報告は正しいのだと思います。

VVIPの方で、参加できなくなるようなことも聞いていますが、
困難な状況なのに、開催できるようになったのは、
本当に素晴らしいことです。

7年間の集大成であり、何よりも、昨年末のお母様の精誠を
この行事に結実させる、というお母様をはじめとする、
スタッフの熱い決意の賜物であると感じます。

クリストファーヒル元米国務次官補
投資家のジムロジャース氏
グッドラックジョナサン元ナイジェリア大統領
アノテトン元キリバス大統領
メキシコのノーベル化学賞受賞者
錚々たる方たちがそれぞれの分野から、
共生・共栄・共義をテーマに、
素晴らしいメッセージを語っていました。

個人的には、鮮鶴平和賞を受賞したキリバスの
アノテトン氏のスピーチに共鳴を受けました。
ご自身の国での状況を通して、
地球環境の問題、さらには、世界平和に対して、
深刻に考えておられる真摯な姿勢が伝わってきました。

真の父母様の「為に生きる」というみ言を紹介しながら
語ってくださった内容は、とても説得力があり、
私たちの理念、活動に対しても、
共感してくださっていると感じました。

今回のワールドサミットには、
私の地元の地方議員も初めて参加しています。

この方も含め、参加するすべての方たちが、
共生・共栄・共義の理念に同意してくださり、
世界平和には統一運動が必要であることを
同参してくださることを祈ってやみません。






にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 09:15 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。