2020年03月09日

自分が絶対したくないことを良心が勧めてくる?! 《自己牧会プログラム》



200309.jpg


自分の心の中にいる神様―良心―との対話(瞑想、祈り)によって、
自己中心的な思いに囚われていたことに気付き、
本然の自分を取り戻していく
「自己牧会プログラム」の体験談です。

今日は、祝福2世の女性の証しです。


私は公職者(教会の職員)の両親のもと、
一人っ子として育ちました。

私が3歳の時のことです。
「安侍日(アンシイル)」の朝、あまりの眠さに
だだをこねて、母に当たり散らしてしまったことがありました。

するとそれを見た父がキレて、私を玄関まで
引きずっていき、「出て行け」と言ったのです。

以来、そのことが恨みになり、
父に対して完全に心を閉ざしてしまいました。

遊びに連れていってもらっても楽しくなかったし、
親子らしいけんかもしたことがありませんでした。


ところが、大学生になって21修に出た時、閉講式で、
「親の愛を父親からも母親からも感じられないと、
本当の意味で天の父母様の愛を感じることはできない」
という話を聞いたのです。

衝撃でした。
帰りの電車の中でも、そのことが忘れられず、
悶々(もんもん)としました。

私は必死で、「どうしたら
お父さんの愛を感じられるのだろう」と良心に尋ね求めました。


心の整理がつかないまま家に着き、
母に21修の報告をしていたところ、
「(単身赴任中の)お父さんにも電話したらいいよ」
という良心の声が聞こえてきたのです。
しかも、「テレビ電話がいいね」と。

それまで自分から父に話し掛けたことはなく、
ましてや電話をするなどもってのほかでした。

うろたえる私にお構いなく、良心は
「電話したらいいよ」と言い続けるのです。
激しく葛藤しましたが、ついに
「良心の声に従ってみよう」と心を決めました。


いざiPhoneの画面に父の顔が映ると、戸惑いましたが、
父の目をじっと見詰めた時に、
小さい頃の父との良い思い出がよみがえってきました。

公園で遊んでもらったこと、プールに連れていってもらったこと、
アイスを買ってもらって一緒に食べたことなどが、
走馬燈のように浮かんできたのです。

その瞬間、「ああ、私は愛されていたんだ」
という実感が心の底から湧き上がってきました。

そして自然に、
「今まで本当にありがとう。お父さん、愛しています」
という言葉が口を突いて出てきたのです。
自分でも不思議でした。


その時、私は初めて父の涙を見ました。
祖父の葬式でも泣かなかった父が、画面の向こうで泣いていたのです。

また、私と父の会話を
台所でキュウリを切りながら聞いていた母も、
泣いていました。
家族が愛で一つになった瞬間でした。

私の良心は、私が一番したくないことを
提示してきたけれど、その声に聞き従うことによって、
何倍もの喜びが返ってきました。

良心は、私が幸せになるように
明確に導いてくれる第二の神様です。

(女性、20代)

私の心の中にいる神様 4
私を幸せに導いてくれる良心


感動的な証しでしたね。。。

おそらく、お父さんは、娘さんに対して、
3歳の時のことを覚えていて、
ずっと負債に思っていたと思います。

お母さんもお父さんと娘の関係をどうしたらいいか、
本当に悩んでいたでしょう。

しかし、娘さんの良心が
今までの穴、すべてを埋めてくれました。

良心は、第2の神様、「私」の神様。
本当にそうだと思います。

娘さんは、21修に参加され、
自己牧会プログラムを受けるような、
とても信仰的な方でしたから、
より、良心が働きやすかったのかもしれません。

問題は、良心に従って、
実践するかどうかです。
娘さんも良心の声を聴いた時、
お父さんに電話をかけなければ、
感動的な証しは生まれなかったでしょう。

「私」に働く、良心の声を謙虚に聞いて、
実践できる強い意志を持ちたいと思います。

また、どんな人にも良心があります。
家族や周りの人たちの良心を働かせるような、
善なる授受をしていきたいと思うのです。




にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)




posted by ten1ko2 at 07:21 | Comment(0) | 自己牧会プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。