2020年03月28日

(証し)初めて会ったお母様は、まさに「おふくろ」だった! 《小山田先生》



200328.png


お母様は母としての性格を
天性的に備えているのです。

真のお父様



U-ONE TVにて、証しシリーズ
「真のお母様、感謝します」が紹介されています。

第1回目は、小山田先生の証し。
「お母様は天来の『おふくろ』」です。


真のお母様と深い因縁を結んだのは、
お母様が初めて来日された翌年の
1968年夏のことでした。

6月に韓国で開かれた統一運動の
「韓日大学生勝共大会」に、
学生を代表して、
私を含め7人が訪韓したのです。

韓国では地方を巡回し、
真の父母様に
ゆっくりお目にかかる機会は、
なかなかありませんでした。

2週間経った頃、
慶州にいた私たちに連絡が入り、
ソウルに上がることになりました。

前本部教会に到着し、
真の父母様に「ただ今、帰りました」
と、ご挨拶を申し上げると、

真のお父様が
「どうだったか?」
と、地方でのことを
お尋ねになりました。

ところが続けて、
「帰りはどうするのか?
チケットはあるのかね?」
と言われたのです。

私は、
「もう帰りの話をされるのか」
と思いました。

ようやく真の父母様に
甘えようと思っていたのですから。

私はちょっとふてくされて
「大丈夫です」
と申し上げました。

すると
この一連の会話を(通訳を通して)
聞いておられたお母様が、
「この子は来たばかりなのに、
『帰る』などと言って、
なぜ私を悲しませるのですか?」
とおっしゃったのです。

この言葉に私は驚きました。
なぜなら、
私の母の口癖と同じだったからです。

私が大学時代に
夏休みなどで帰郷し、
三日ほど滞在して帰るとき、
母は、
「おまえ、今来たばかりなのに、
『帰る』などと言って」
と言うのが常だったのです。

この出来事を通して、
お母様から
天から来られた方ではありますが、
私のおふくろだと思いました。

話が終わると、
お母様は日本語で
「おやすみなさい」
と言われ、
玄関まで見送ってくださいました。

そのとき私はお母様に
「今度伺うときには、
韓国語でお話しできるように
勉強してまいります」
と申し上げ、
韓国語をマスターすることを
固く決意したのです。



お母様から発された言葉が
小山田先生のお母さんとまったく同じだったとのこと。

まさに、心情の世界においては、
「母親」なのでした。

お母様は、真の母、全人類の母の立場ではありますが、
一対一の関係においても、
私のお母さん、という立場なのだと思います。

「私の母」でもある、
真のお母様に心から感謝いたします。

そんな真のお母様の愛に触れ、
小山田先生は、お別れの挨拶で
韓国語をマスターすることを決意されたとのこと。

小山田先生は、以前から韓国語が堪能です。
お母様の自叙伝韓国語版も
一週間で読まれたそうです。

その韓国語をマスターされた背景には、
お母様との出会いがあったことを知りました。
私たちも相続しなければなりませんね。





にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 09:49 | Comment(0) | 私と御父母様 ・信仰の証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。