2020年06月18日

「平和の母」が、いかに「人類の涙をぬぐう」のか! *感想文コンクール、最優秀作品紹介



20305.jpg


コロナ禍にあって、何よりも
私たちの心の支えとなったのが、
真のお母様の自叙伝、
『人類の涙をぬぐう平和の母』でした。

感想文コンクールにおいて、最優秀賞となったものから
2点、紹介します(要約)


  2020年3月10日、真のお母様の自叙伝
  『人類の涙をぬぐう平和の母』(日本語版)が発売され(24日発行)
  家庭連合では真のお母様自叙伝「感想文」コンクールを開催しました。

  5部門(中学生、高校生、大学生、社会人・一般、VIP)で感想文を募集し、
  その中から各部門で最優秀賞1点、優秀賞2点、佳作5点が選ばれました
  (高校生部門は最優秀賞に同点が2点、優秀賞1点)。

  どれも感動的な内容ですが、このうち最優秀賞6点は
  『世界家庭』7月号で、優秀賞9点は『祝福家庭』97号(2020年夏季号)で
  全文が掲載されます。



○中学生部門
「気づかせていただいた大切なこと」

僕は、この本を読んで、お母様の絶え間ない努力を知りました。
そして、自分でも何かしなければと思い、体がうずうずしてきました。

今、コロナウィルスによって、世界は混乱に陥っています。
けれど、このことも神様の試練と思い、自然と共に生きて、
感謝して為に生きれば、きっと助かるはずだと思っています。

小さなことですが、これから僕は、まずは家庭の中で、
手伝うことを頑張っていこうと思います。

そして、コロナウィルスを乗り越えた時は、
自然の素晴らしい太陽の光をいっぱい浴びて、
神様に感謝して暮らしたいと思いますし、
より多くの人のために行動できる人間になりたいです。

真のお父様とお母様は本当に素晴らしい人です。
お母様は、苦しい中でも為に生きて、
他人のことでも涙される、素晴らしい人です。
僕は、とても尊敬しています。

だから、僕は一つ一つお母様についていけるような努力と、
自然と人を愛する心を育てていきたいと思いました。

男性、14歳(第1地区・茨城教区)


○社会人・一般部門
「誰よりも多くの涙を流されたお母様」

お母様と同じ女性として、母親として、
特に涙を禁じえなかった箇所があります。
それは、まだ幼い孝進様が
世界巡回に発たれたお父様の似顔絵を描く場面です。

何日も何日も飽きずにお父様の顔を描いて
再会を待ちわびる幼く健気な孝進様。
何日も経ってお父様が戻られてようやく絵を描く手を止めると
「世界をすべて手中に収めたかのように、
父に向かって明るい笑みを浮かべ、腕に抱かれた」といいます。

私にも4歳と2歳の娘がいますが、どれほど恋しければ
3歳にもならない子供が父親の似顔絵を描き続けるでしょうか。

まだ幼く父母のみを慕い求める我が子の姿が自然と重なり、
黙って絵を描きながら
お父様を恋しがる純真な孝進様の思いに涙が溢れました。

そして間違いなく、当時の孝進様を見つめるお母様の心情は、
母親であるが故に、誰よりもつらく複雑だったはずです。

その孝進様をも先に霊界に送られ、
今も父に抱かれた幼い息子の後ろ姿を
切なさとともに覚えておられるお母様。

言葉では表現できないお母様の切なさを感じ、
涙で曇る目に思わず本を閉じると、自叙伝の題目である
「人類の涙をぬぐう」という言葉が目に入り、
思い出されるお父様のみ言葉がありました。

悲しみに閉ざされた人を慰めることのできる人は、
 それ以上の悲しみを経験した人のみが可能である


お母様はお父様とともに、ありとあらゆる艱難辛苦に打ち勝ち、
ご自身が地獄の底のような心情と環境を通過して来られたからこそ、
すべての「人類の涙をぬぐう」ことが可能なのだとその瞬間悟りました。

自叙伝のなかでお母様が、セネガルのゴレ島をはじめ
世界を巡回されながら、既にこの世を去った霊魂の解怨にも
注力しておられることが印象的でした。

悲しみを慰労することは正に聖霊の業、
母性を持ち合わせた母親にこそできる業であり、
人として経験する悲しみを既に知り尽くしておられるお母様だからこそ、
霊界肉界を問わず、いかなる人の悲しみにも
寄り添い慰めることができるのだと感じました。

そうだとすれば、「人類の涙をぬぐう」という一言には、
お母様が通過してこられた
数え切れないほどの哀しみと涙が秘められているはずです。

それでも、お母様は常に毅然とした態度で私たちの前に姿を現されます。
私たちの目には一輪の花のように可憐に映るお母様は、
同時に人類の母として、み旨とご自身の宿命の前に
かくも強くあられたことをこのエピソードを通じて再認識しました。

女性、32歳(第1地区・東東京教区)

(中和新聞より)


二つの感想文、ともに、率直な思いが
文章に表現されていて、素晴らしいですね。

特に一般部門、最優秀賞の作品では、
孝進様がお父様の絵を描くところが書かれていますが、
その見つめ方が、とても深いな、と思わされます。

3歳の孝進様がお父様をどれだけ慕っていかれるのか、
またその姿を見つめるお母様の思いを
ご自身の立場と重ねながら、表現しておられます。

この方は、3人目の赤ちゃんを妊娠されていて、
その立場からも、14人の子女様を出産された、
お母様の「真の母」としての凄まじさも、
記述しておられました。
機会があれば、全文紹介したいと思います。

お母様の自叙伝を通して、
私の人生観そのものが、
そのごとく表れていくのだな、
そのように感じました。





にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 06:37 | Comment(0) | お父様・お母様の路程 証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。