2020年06月21日

私にも良心の声が聞こえる! 自分が正しいと思い込んでいた 《2世スピーチ》



200621-20151112.jpg


第58回真の万物の日、おめでとうございます。

今日は、高校生(2世)のスピーチを
紹介します。

2018年11月に開催された
第22回「中和文化祭東日本大会」でのスピーチより
題目は、「思いどおりでなくても大丈夫!」です。


◆本当の世界を見ていますか?
 
皆さんは、囚(とら)われています。
囚われとは、あるものに拘束されている状態をいいます。
 
人間は一日に6万以上のことを考え、
そのうちの95パーセントは昨日と同じ内容だといいます。
さらにそのうちの8割はネガティブなことを考えているそうです。
つまり私たちは、ネガティブな思考に囚われ続けているのです。

こんな状態で果たして、環境や現象を正しく見ることができるでしょうか?
私たちが見えている世界は、本当の世界なのでしょうか?


◆期待はずれの毎日

高校1年の春、始まったばかりの高校生活は、期待はずれの毎日でした。
授業中、騒ぎ出す男子、それを見て笑っている女子。
みんなの良いところを見つけたいとは思っているものの、
悪いところばかりが目に入り、どうすればよいのかずっと悩んでいました。

ある日、体育の時間に、私の大好きなバスケがありました。
「せめてこの時間だけでも、何も考えずに楽しくやろう!」

試合が始まった瞬間、少しワクワクしました。
でもその思いはあっという間に消えていきました。

「何これ? 誰も走らない、誰もボールを取らない、
こんなのバスケじゃない!」

さらに追い打ちをかけるように、
「バスケって性格出るよね、
 周りを気にしないで一人で走っている奴もいるし」
という先生からの冷たい一言。

私の中から全ての力が抜け落ちていきました。
「みんなのいいところなんて見つけられない、もういいや……」
私はその日から、皆を好きになる努力をやめました。


◆良心?
 
でも、心に喜びのない毎日は、すごくつらいものでした。
そこで母に相談すると、返ってきたのは、
「良心に聞いてみたら?」という言葉でした。

良心?
全く心に響きませんでした。
ところが、礼拝で語られるのは良心のことばかり。

「どうやって目に見えない良心の声を聞くことができるの?
 今まで、ちゃんとした答えが返ってきたことなんてなかったのに!
 でも、これしかないのか……。じゃ、やろう」

私はその日から教えられたとおりの方法で、
良心の声を一生懸命探し始めました。

毎日の登下校時や寝る前に、自分のイライラや不安に向かって、
「思いどおりでなくても大丈夫」と何度も心の中で唱え続けました。

1カ月がたち、2カ月がたち、いつの間にか半年がたっていました。

私は一度決めたらやり抜きたい性格です。
だから、「いつか良心の声が聞こえてくるはず!
いつかこの環境も変わっていくはず!」と信じて、
どんなことがあっても足を止めずに走り続けてきました。

でも結局、良心からの答えは返ってくることなく、
ついに私の足はピタリと止まってしまいました。
「もう、ダメかもしれない……」


◆無意識に自分が正しいと思っていた

でもある日突然、良心は人を通して私に語り掛けてくれたのです。
 
「中学の時は、人や環境のことを疑ったり、
 否定的に見たりしていなかったんじゃない?」

はっとさせられました。
確かに私は最初から否定的で、
無意識のうちに自分が正しいと常に思っていました。

「授業は静かに受けるべきだ、だからうるさい男子は間違ってる!」
「バスケは汗を流して楽しむものだ、だから走らないのはおかしい!」

私が見ること、私が考えること、その全ては囚われていて、
それが私を苦しめていたのです。

このことに気付いた時、雷に打たれたような衝撃を受け、
なぜか心がすっきりしました。


◆環境を変えるためではなく、状況を受け入れるため

今までは環境を変えるためにやっていましたが、
その日からは自分を変えるためにやり始めました。

学校で友達から言われた一言にイラッとした時、
「思いどおりでなくても大丈夫」と唱える。

私はあの子に嫌われているんじゃないかと思った時、
「これは私の妄想だ!」と唱える。

こんなふうに、自分の中の囚われに気付いては、
そんな自分を許しながら、
今ある状況を受け入れることを続けていきました。

すると、今まで一番憂鬱(ゆううつ)だったはずの学校までの道のりで、
道端にある花や、木や、風景を
いつの間にか楽しんでいる自分に気が付きました。


◆あの子ってこんなにいい子だったっけ?

学校でも、友達に対して感じていた疑いや見下しの思いが
いつの間にか消えていて、
今まで感じることのなかった相手への感謝の思い、
信頼したい思いが、自然と心から溢れ出てきました。

そして、そのような思いで相手に接すると、
相手からも同じように言葉や態度で返ってくるようになったのです。

「え? あの子ってこんなにいい子だったっけ?
 このクラスって、こんなに楽しかったっけ?」

同じ場所、同じ環境なのに、見え方や感じ方が全く変わってきました。
 
「こんなに心がワクワクしたのは、何カ月ぶりだろう?」

私の中の囚われが消えていくと、
目に映る一つ一つがキラキラと、まるで宝石のように輝いて、
心から溢れる喜びを、体全身で感じるようになったのです。


◆幸福は環境で決まるのではなく、私の心で決まる

囚われを捨てて、良心を選択することで、
本当の世界が見えてきます。

私は今まで、「自分の思い描いたとおりの環境でないと
幸福になんてなれない」と思い込んでいました。
皆さんもそう思い込んでいませんか?

でも違うんです。
私の幸福は、環境で決まるのではなく、私の心で決まるのです。

皆さんも、本当の世界を見てみたいですよね?
ぜひ、この言葉を唱えることから初めてみてください。
「思いどおりでなくても大丈夫!」

(10代 女性)

思いどおりでなくても大丈夫!
(第22回「中和文化祭東日本大会」2018年11月)
私の心の中にいる神様
Blessed Lifeより


高校生のみずみずしいスピーチでした。

とても学ぶところが多いです。
人というのは、年輪を重ねたら、
その分、人格も深まっている、
ということはないのだな、と思います。

先日、久しぶりに伝道前線をしたのですが、
自粛期間中、どんな風に過ごしたか、
一人一人に聞いていきました。

一人の婦人が、「24時間できるだけ、
真のお母様を意識している、同時に
自分の足りなさも感じている」
そんな証しをしていました。

天の父母様(神様)は、
良心を通して、いつも私たちに語りかけています。
意識しないと、
それを感じることができません。

24時間、気づけば意識する
そのように生活しながら、
足りない私たちであったとしても、
父母様が愛してくださることに
感謝していきたいと思うのです。




にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 11:41 | Comment(0) | 自己牧会プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。