2020年06月25日

対人関係にトラウマ、笑顔を忘れた私が、嫌で仕方なかった自己牧会プログラムで…!



200625-20200513.jpg


自己牧会プログラムの証し。
今回は、「嫌で仕方なかった自己牧会プログラム」です。


私はみ言を聞いてから14年の間、
ずっと天の父母様を遠くに感じていました。

人間関係で傷ついた過去があり、
人と会うのが恐くて伝道活動はできない、
皆と会うのは苦しくて嫌、
誰とも話したくないと思っていました。

いつしか私は笑わなくなり、もう教会を
やめさせてほしいと思うこともありました。
それでも教会を離れることができなかったのは、
「罰が当たる」という思いからでした。

そんな私の心のよりどころは、楽しいこと、うれしいことを
考えながら、空想や妄想の世界に浸ることでした。

教会のスタッフからは、「空想や妄想の世界に入り込まず、
今を生きてほしい」と指導されるのですが、
これをなくしては、本当の自分ではなくなってしまうと、
かたくなに拒んでいました。


2017年、教会で「自己牧会プログラム」の
取り組みが始まりましたが、
私はそれが嫌で仕方ありませんでした。

なぜなら、自分自身と向き合わなければならないからです。
私の中でふたをしてくぎを打ち、コンクリートで固めて
奥に押し込めた思いを開けることが苦しかったのです。

「私には良心がない。良心がないのでやってもムダ」
ということを証明しようと、携帯電話やパソコンで
オンラインの心理テストを受けるのですが、
どのテストも「異常なし、あなたは正常」という診断でした。


やがて、婦人部の皆が「自己牧会プログラム」を通して
美しく輝くようになりました。

それがまぶしくて、「ここにいられない」と思いました。
しかしその一方で、うらやましいとも感じたのです。

それで、義務感・使命感からではありましたが、
私も「自己牧会プログラム」のワーク(祈り)に取り組むようになりました。


初めて「私心をなくす」ワークを教えていただき、
導きに従ってワークをしていた時のことです。

「椅子に座って礼拝を聞いている私も、本当の自分とは
何の関係もありません」という導きの言葉に、
「え? ここにいる私は何?」と驚きました。

アニメで、ロボットが壊れてシュルシュルシュルと
煙を出しているみたいに、私の頭も煙を出し、
「思考停止」「思考停止」と言っていました。

その後、2回目のワークで、自分の頭を占領していた思考が
ドサーッと一気に落ちたのを感じました。
分厚い壁が崩れ、心がすっきりしました。


それからは、婦人部の皆と会いたい、教会に行きたい、
皆は魂の家族だと心の底から思えるようになったのです。
婦人部の皆からは、「笑顔が戻ったね」と言われました。

ワークを実践し続けると、良心が発動しやすくなると感じます。
良心との対話が根づくと、落ち込まなくなりました。

自分の思いどおりにしようと、
あれこれと手段や方法を考えることもなくなり、
思考のぐるぐるにはまらなくなりました。

そして、あんなに恐がっていた伝道活動にも挑戦するようになりました。
親孝行したい、伝道できることがうれしい、楽しい
というふうに気持ちが変化したのです。

結果も委ねることができ、「なるようになる」と、
いい意味で開き直ることができています。

「自己牧会プログラム」に出合って、すごく救われました。
人生の大転換です。
私は今、幸福です。

(女性 40代)

私の心の中にいる神様 20
嫌で仕方なかった自己牧会プログラム


自分の心と向き合いたくない。。。
人間関係でトラウマとなるようなことがあれば、
それが傷となって
心を開きたくないと思ってしまうでしょう。

そのように鉄壁の守りがあると、
神様(天の父母様)が良心に
語りかける隙間もありません。

でも、日差しが注がれるように、
雨が注がれるように、
どんな人にも神様の愛は
注がれているのだと思います。

向き合うことが嫌だったとしても、
まずは、取り組んでみることを通して、
自分の本心の扉が開くきっかけが与えられ、
導かれていくのだと、この証しが教えてくれています。

私たちの心が堕落性で凝り固まっていても、
私たちを見つめてくださり、
常に働きかけてくださっている神様。

日々の生活において、あまりにも忙しい時、
「忙しい」という言葉自体、心を亡くすと書くように
自分の本心を見失いがちですが、
本当にそういう時こそ、
良心との対話をしていかなければ、と思うのです。





にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 09:43 | Comment(0) | 自己牧会プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。