2020年07月01日

第3の奇跡、歴史初の聖婚が成されるまで 《『平和の母』に見る10大奇跡・浅川先生》



200701-19600411.jpg


浅川先生の『平和の母』に見る10大奇跡
今回は、「第3奇跡〜文鮮明先生との聖婚」です。


一般的に結婚は、男女が幸せな家庭を築くためになされます。

歴史的に無数の男女が結婚しましたが、
永遠に変わらない幸せな家庭、社会、国家、世界はできませんでした。

根本的な理由は、サタンとの因縁を根絶できなかったからです。

人間は、原罪という、生まれながらの罪を
持つようになったので、サタンとの血統的因縁があります。
原罪のある男女が結婚すれば、原罪を有した子女が生まれます。

人類の根本的救いは、無原罪の神の独り子と独り娘が
聖婚して、真の父母になり、
人類を接ぎ木してくださることによってのみ可能となるのです。


神様の独り子と独り娘の聖婚に、人類の救済がかかっていたのです。
それ故、サタンは総力を挙げて聖婚を阻止しようとしました。

聖婚は、神様とサタンの、人類の救いをかけた
天下分け目の決戦だったのです。

独り子・文鮮明先生、独り娘・韓鶴子夫人を
殺害できなかったサタンは、二人を出会わせず、
聖婚の道を閉ざそうとしました。

このサタンの謀略を粉砕したのは、
韓鶴子夫人の母親(洪順愛女史)の、
再臨主・文鮮明先生に対する絶対信仰でした。

もし、母親が、文鮮明先生を受け入れていなければ、
韓夫人は自力で文先生を求めていかなければならず、
多くの困難が伴ったことでしょう。


その母親に、文鮮明先生が冷たく接する時期がありました。

「母は目の前が真っ暗になり、
 胸が張り裂けるようでした」
(韓鶴子総裁自叙伝『人類の涙をぬぐう平和の母』93ページ)


苦悩する母親に、文鮮明先生は

「天の召命を受けた人はサタンからはもちろん、
 天からの試験までも通過しなければならない」
(同、97ページ)

と諭され、それ以後、献身的に励むようになったのです。


韓鶴子夫人の母親は、娘が数えで14歳の時、
文鮮明先生に会わせました。

文先生は「韓鶴子が韓国の地に生まれた」
と3回つぶやかれ、神に感謝されました。

それ以降、韓鶴子夫人は、祈祷と精誠の日々を送り、
天命を悟られたのです。

「自分こそ新婦としてふさわしい」と主張する女性がいる中で、
「私は天のみ意に気づいていましたが、
 それを話すことはしませんでした」
(同、106ページ)

そして、聖婚が成される前、韓鶴子夫人は
「神様のために、世界の人類を救う使命を
 必ず果たすと決意したのです」
(同、114ページ)


1960年3月16日(天暦)午前10時、聖婚式がなされました。

この日、神が勝利し、人類の救いの道が開門され、
サタンは決定的敗北をきしたのです。

文鮮明先生は語られました。

「私たちが夫婦の因縁を結んだのは、神様から受けた
使命を果たし、真の父母になるためであって、
世の中の人たちのように男女の間の幸福のためではない」


(光言社発刊四六判 文鮮明先生自叙伝『平和を愛する世界人として』204ページ)。


韓鶴子夫人は答えます。

「すでに覚悟しておりますので、
何もご心配なさらないでください」
(同、205ページ)。

この時、韓鶴子夫人は数え17歳。
この瞬間、人類の救いの門が開いたのです。

『平和の母』に見る10大奇跡 3
第3奇跡〜文鮮明先生との聖婚
浅川 勇男


お母様がお父様と初めて出会われた14歳の時、
お父様は「犠牲にならなければ」と語られたと言います。

お母様はその時から、「犠牲」の意味をずっと祈り求め、
ご自身の天命を悟っていかれました。

自叙伝には、
「犠牲」とは、平和の母として生きるべき
私のもう一つの名前だったのです。

とあります。

凡人である私たちには、
到底悟ることのできない境地を
すでに14歳の時から出発しておられた
真のお母様の偉大さを感じます。






にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。