2020年07月04日

(証し)人類の真の母の、肝の据わったエピソード 1992、最初の世界巡回路程で



200704-1993.7.28.jpg


見かけはおとなしく見えますが、
度胸があるのです。

真のお父様



777双の杉山もと子さんのお母様の証し
「人類の行く末をもっとも案じておられる女性」です。


1992年、真のお母様が
統一運動の世界平和女性連合の大会で、
世界を巡回講演されたとき、
同連合の日本会長として、
ご一緒させていただきました。

以前、真のお父様が、
「今日の私たちの教会があるのは、
お母様の絶対服従の道があったからだ」
とおしゃったことがあります。

そのような
お母様の勝利圏を相続させていただきたい、
という思いで、随行させていただきました。


お母様はとても肝の据わった大胆な世界をお持ちで、
あまり物事に動じないお方です。

フィリピン大会(1992年12月8日)でのことです。
フィリピンは講演の予定に入っていなかったのですが、
あるVIPクラスの婦人が来るということで、
急に行かれることになったのです。

実際は、直前になってもその婦人は来なかったのですが、
お母様は、「ああ、そうですか」という感じでした。

またお母様の荷物が届かず、当日ステージに立つために
必要なものがないなど、
いろいろなハプニングもありました。

そういうマイナスの状況の中でも、
お母様は少しも慌てることなく、
むしろ非常に冷静な指示を下さいました。

そして、大会では
満身の力を込めて語られたのです。


またお母様は、お父様と同じように
人の心情の世界をとても敏感に、
また細やかに感じ取られます。

お母様はまさに、愛と真理に立って
分別されるお方だ、ということを感じます。


1992年の初めころ、
お母様から、私にはとても買えないような、
高級なバッグとコートをいただいたことがあるのですが、
お母様はおそらくその頃から、
私が近い将来、対外的な場に出ていく
ということを感じておられたのだと思います。

それから1年ほど後に、
お母様にお目にかかったとき、
「本当に役立たせていただいています」
とお礼を申し上げたところ
「ん?何のこと?」というお顔をなさいました。
お母様は覚えておられなかったのです。

このようにお母様は、
誰かに物を上げたことを
すべて忘れてしまうお方です。

また、物を上げるときも、
その個人に対してではなく、
その人が持っている使命や、
先々こうなるだろうということを考えて
くださっているのです。


お母様による世界巡回講演は、
112回に上りました。

真のお父様から
「112回、回った感想を言いなさい」
と言われたお母様は、
「子供を生むときは命懸けですが、
それと同じような苦痛を味わいました」
と報告されたそうです。

正に命を削る大会だったのです。

お母様とご一緒に世界を回らせていただいてみて、
私は
「人類の行く末を最も案じておられる女性は、
このお方である」と確信しました。

書籍『真のお母様、感謝します 心を打つ50の証し』より
「人類の行く末をもっとも案じておられる女性」
杉山もと子(777双)


お母様が大胆な世界を持たれているのは、
お父様が聖和されて、お父さまがともにおられるので、
そうなられたのだ、と思っていましたが、
どうやらそうではなさそうです。
もともと備えておられるお母様なのですね。

そして、与えて忘れられる姿は、
本当に素晴らしいです。

自叙伝には、お父さまからいただいた
結婚指輪を誰にあげたか覚えていないという、
そのようなお母様の記述がありますが、
並みのおかたではない、と感じます。

大胆かつ繊細な心情をお持ちのお母様。
真のお母様、すべてに感謝いたします。
本当にありがとうございます。








にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 08:16 | Comment(0) | お父様・お母様の路程 証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。