2020年07月14日

第4奇跡*21年間に14人の子女様を出産、十字架を越えて 《『平和の母』に見る10大奇跡・浅川先生》



200714-TP-early-baby.jpg


浅川勇男先生の「『平和の母』に見る10大奇跡」
今回は、『第4奇跡〜試練を越えて14人の子女を出産』です。


一般的に、母親が出産する動機は
子供が欲しいという理由であり、
子供の人数も経済的事情などによって違ってきます。

しかし韓鶴子夫人にとって出産は、
神の願いと人類の救いを懸けての戦いでした。

子女と共に生まれたという恩恵として、
原罪を有する人類が祝福結婚によって
原罪を清算して
本然の子女に生まれ変わる道が開かれるのです。

人類の救いは、文鮮明先生夫妻が聖婚されて
人類の「真の父母」となることで成就するのです。


しかも13人以上の出産に
万民の祝福の摂理が懸かっていました。


「十二という数字には、東西南北の
 四方を完成するという意味があります。
 そこに一を加えた十三数は、
 中心の位置に当たります。

 それによって、摂理の完成を目指し、
 未来に向けて
 永遠に発展していける道が開かれるのです」


(韓鶴子総裁自叙伝『人類の涙をぬぐう平和の母』
123ページ)



韓鶴子夫人は、摂理を懸けて
13人の出産を決意し、14人を出産されたのです。
男7人女7人。

本来、世界最高の病院で、
最良の出産設備が完備した部屋でなされるべきでした。
そして真の父母の子女の出産を、
全人類、全国家が祝賀すべきだったのです。

しかし現実は過酷な環境でなされました。


子女5人を貧しい部屋で出産、
帝王切開は4回に及び、
3回目は医者が躊躇(ちゅうちょ)しました。
流産も何回もされました。

心情的に、イエス様の十字架を越える闘いが幾度もあったのです。

夫は世界的活動のために共にいることが少なく、
サタンはその間隙を縫って、
子女の出産の阻止、13数の阻止をたくらみます。
母胎を壊し、出産を阻止し、殺害しようとしました。


「正体不明の男が、『私がアダムだ』と
 叫びながら入ってくるという事件も起こりました」


(同、125ページ)


妊娠中、韓鶴子夫人は、
ミカンが食べたくなりましたが、ありませんでした。
一人の信徒がそのことに気付いてミカンを買ってきてくれました。
韓夫人は泣きながら感謝して食べられたのです。

人類の真の母は、ミカン一個を
自由に食することができませんでした。


しかし韓鶴子夫人は、厳しい試練を
忍耐と献身によって乗り越え、14人を出産されたのです。

サタンの謀略は頓挫し、難航不落と思われた
サタンの基盤に崩壊が始まります。

サタンとの因縁を根絶して、人類の救いと神の解放の道が、
韓夫人の絶対的信仰と忍耐によって開門したのです。

夫の文鮮明先生は以下のように語られています。


「二十一年間に十四人の子供を生んで育てたのですから、
 言うに言えない苦労があったはずですが、
 その素振りさえ見せませんでした。

 出産を控えた妻を置いて、私が海外に
 行ってしまったことも一度や二度ではありません。

 …それでも妻は、一度もつらいと
 不平を言ったことがありません」


(光言社刊 文庫版 文鮮明先生自叙伝『平和を愛する世界人として』
222〜223ページ)


『平和の母』に見る10大奇跡 4
第4奇跡〜試練を越えて14人の子女を出産
浅川 勇男


お母様が14人のお子様を生む決意、
並大抵なものではありません。。。

ミカンを食されるお母様の場面は、
想像するだけで、
なんと不憫なことでしょうか。。。

しかも、そのように苦労されてお生みになられた、
子女様たちと同じ心情で
私たちを愛してくださっているのですから、
お母様の愛の世界には、
屈服せざるを得ません。

「女は弱し、されど母は強し」
有名な言葉がありますが、
お母様に対して、ぴったり当てはまる言葉だと思います。

平和の母、真のお母様に
心から感謝申し上げます。






にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。