2020年08月16日

「み言を語りながら、倒れて死にたい!」 真の父の願い 《史吉子先生》前半



200816-20000211.png


史吉子(サ キルジャ)先生の「原理に関するみ言の証」より
『殉教を覚悟して語られるお父様』前半を紹介します。


皆さんは、「御言葉選集」をたくさん読まなければなりません。

皆さんが信仰生活をするに当たって、
牧会する利点が何なのかご存知ですか?

聖日ごとに説教をしなければならないし、
教会へ来る人々に原理講義をしてあげなければならないので、
いずれにしても、み言の勉強をせざるを得ないのです。
これは知ってみると、大きな祝福です。

皆さんが世に出て博士課程まで勉強をしても、
それは霊界ではあまり役に立たないのです。
その反面、牧会をすれば、自分なりに最善を尽くして
食囗たちに充分に恩恵を与えようとするので、
自然とみ言を探すようになります。

ですから、み言集をくださったお父様がどれだけありかたいでしょうか?
私たちに400冊を超えるみ言集をくださったので、
これからは私たちがみ言を掘り下げて行かなければなりません。

み言を一生懸命読むと言うことは、
私と他人が同時に生きるようになることです。
そして、牧会者の道で得ることができる一番貴い利点が何なのか?
それは、まさにみ言をたくさん読まなければならないこと、
み言をたくさん語らなければならないと言う点です。

お父様を考えてみてください。
お父様が地上へ来られた目的は何ですか?
お父様は、堕落で失ったみ言を人類にくださるために来られました。

お父様のように、神様の心情をこんなに正確で、
次元高く語られた方がいたでしょうか?
有史以来、誰もいませんでした。

堕落した人間の先祖がみ言を失ってしまったので、
お父様はまさに供え物の立場からみ言を探して、
段階別に上がって行かれました。

お父様は最高の位置から、心情世界のみ言を
私たちにくださっています。
そして、お父様のみ言は再創造のみ言です。

お父様は地上の人間として誕生され、
神様と完全に心情を一つに一致させたので、
お父様が語られたみ言と理想に勝る人は現れ得ないのです。

それでお父様は、これから時が来たら、
全世界の人々が書店にある本は必要ないと言いながら、
全て燃やしてしまうと言われました。


私はお父様のみ言に接した以後には、何十年の間、
他の本は読みませんでした。
そのような本は読んでみても、
とても味わいが無く、時間だけが勿体無かったです。

皆さんの何人かの先輩牧師たちが、まだ足りないと思って説教する時、
既成教会の牧師たちの説教集を見るのですが、
それらを見てはいけません。
お父様は、これをとても嫌われます。

そして、皆さんは絶対に説教巣を出さないようにお願いします。
お父様は誰かが説教集を出したと言えば、とても怒られます。
「あなたたちが説教集を出せる内容があるのか?」と言われます。
せいぜいお父様のみ言を一言二言入れておいて、
自分の話ばかりをするからです。

しかし、食囗たちの証集は、聖書の使徒行伝のようなものなので、
構わないそうです。


私たちにお父様が願われることは、絶えずお父様のみ言を読み、
そのみ言を食囗たちに話してあげながら、
み言の中で生きて行くことです。

お父様が(ご自身に)色々と願われることがありますが、
その中の一つが、み言を私たちに絶えず語っている途中、
足がこれ以上耐えるに耐えかねて、倒れて殉教することだそうです。

普通の人のように、呑気に病気になって寝込んでから死ぬのは、
時間が勿体無くて駄目だと言われます。

編集・文責:ten1ko2

史吉子先生「原理に関するみ言の証」
第7章、復帰原理 緒論
『殉教を覚悟して語られるお父様』


韓国の牧会者(教会長)に語られたものかと思いますが
とはいえ、私たちにも通じる内容です。

お父様のみ言はどれほど、貴いものでしょうか。
血と汗と涙を流されながら、骨身を削られて
解き明かされたみ言です。

「既成教会の牧師たちの説教集」とありますけれど、
読んで理解しやすいものに目移りしてしまいがちですね。

しかし、お父様のみ言は、根っこの中の根っこ、
骨の中の骨です。
もっとも中心的な部分です。

「豚に真珠」とならぬよう、
貴いものを貴いと思える私になれるよう、
み言を求めていく私になれるよう、
精誠を捧げて歩んでいきたいと思うのです。

(後半の内容は、お父様の生々しい証しです。
 明日に続きます。)






にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)

posted by ten1ko2 at 09:29 | Comment(0) | お父様・お母様の路程 証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。