2020年08月19日

「許せない!」 傷つくのは、傷つける人ではなく、私の我(ガ)のせい?! 《浅川先生》



200819.jpg


第30回、7.1節、おめでとうございます。

浅川先生の「『平和の母』から学ぶ13の人生の道しるべ」
今回は、『怨讐のために祈る自分のない生活を実践する』です。


神への祈りは、幸福の道を開きます。
 
では、誰のために祈るのでしょうか。
 
大概は、自分の健康、生活の安定、仕事や
人間関係の改善のために祈ります。
さらに家族や友人のために祈ります。

しかし決して祈りの対象にならない人たちがいます。
自分を傷つけた、憎らしい人たちです。
敵であり怨讐です。

怨讐のいる人は、幸福にはなれません。

夫婦が怨讐関係になったらどうでしょう。
絶対に夫婦円満は望めません。

夫がどんなに仕事がうまくいっても、
家に帰れば妻という怨讐が待っているからです。
妻がどんなに楽しいドラマを見ても、
夜になると夫という怨讐が帰ってくるからです。


怨讐とは、自分を傷つけた人です。
ではなぜ、傷ついたのでしょうか。

「自分が」という「我(が)」があるからです。
我が柱のように立っているからです。
柱は刃物で傷つきます。
「我柱(がばしら)」と言ってもいいでしょう。

相手の言葉や行動で、自分の「我柱」が
傷つけられたので、相手を憎んでいるのです。

我のある人が誰よりも愛しているのは「自分」です。
怨讐をつくり出しているのは、他でもない、自分なのです。

我のある人は 許せない人、憎む人をつくり出し、
自ら幸福への道を遮断します。


ところがこの世界で我がなく、傷つかないものがあります。
空気です。

人は食事をしなくても、ある期間は生きることができます。
しかし空気を吸わなければ、瞬時にして死にます。
まさに空気は愛なのです。

空気には我がありません。
空気のおかげで生かされているのに、
感謝する人はほとんどいません。
だからといって空気は傷つきません。


空気のように為に生きれば、我が消滅するのです。
愛は我をなくします。

真の愛とは、与えて、それを忘れ、
さらに与える愛です。

相手を幸せにするために、
喜んで与え続ける愛なのです。
空気のような愛なのです。

報いを求める愛には、根底に我があります。
それ故、愛の見返りがないと相手を怨讐にしてしまいます。

真の愛は、与えて自分を誇るのではなく、
不足を恥じる愛なのです。

自分の我が怨讐をつくり出しているので、
「自分がある生活」をしていたら、
怨讐のために祈ることはできません。


「平和の母」は語られています。

「怨讐の顔を見ながら、そこに神様の顔を
 見いだそうという努力をしていない限り、
 実行できないことです。

 怨讐を怨讐として考えず、むしろ
 その人のために祈り、許すこと。

 これは、『自分がない生活』をしていてこそ、
 可能なことなのです」


(韓鶴子総裁自叙伝『人類の涙をぬぐう平和の母』300ページ)

『平和の母』から学ぶ13の人生の道しるべ 9
怨讐のために祈る自分のない生活を実践する
浅川 勇男


お母様の自叙伝は、文章の一つ一つに
深い意味合いが込められています。

いつも訓読していても、そのことを
発見できずにいますが、
浅川先生は、精読しておられるのでしょう。
わずか一文に込められた心情を読み取られるのは、
さすがだな、と思いました。

真の父母様は恩讐という概念をもっておられない方。
まさに浅川先生が表現されているように、
空気のような存在であると思います。

ですから、真の父母様をしっかりと理解し、
心情においても近くなることを通じて、
清い空気に触れる者となり、
心が洗われていくのだな、と感じます。

真のお父様は、7.1節の時、子女の責任分担として、
『氏族メシヤ』としての出発を願われました。
メシヤとは、恩讐のない、真の愛を持った立場です。

真の父母様の勝利圏を相続すべく、
地域、氏族圏に対しても
真の愛をもって接していく者となっていきたいと思うのです。







にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。