2020年09月18日

こんな私が、神の働ける私になるために──こう祈ってみよう 《信仰生活講座》



200918.jpg


前川講師の、「天一国時代の信仰生活講座」より、
「神様が共にいれば、できないことはない」

召命について、先回の続きです。


知って、定めて、召命する、ここまでが神様の責任です。
それを実らせるか実らせないかは、私たちの責任です。
私たちがいかに責任分担を遂行するかにかかっています。

しかし、私たちにそれを果たす自信があるでしょうか。
信仰も幼く、心情も能力も実力も足りない私たちです。

ところで、自信というのはどこから来るのでしょうか。
能力や実力があれば自信が湧いてくると思いますか。

お父様は、
「渉外力やみ言(ことば)の力、経済力などは、
徹底した訓練を通してついてくる」
と語られましたが、そこに到達するまでどうしたらよいでしょうか。

自分が自信のないことをしようとするときは、
神様に祈るしかありません。
自信がないから、必死にお祈りして、
一生懸命、伝道や学業、仕事に励むのです。

そうすると神様が応えてくださいます。

何よりも、私たちは真の父母様の勝利によって、
人間始祖アダム・エバの堕落以前の時代を迎え、
基元節(天一国元年天暦一月十三日)が宣布されました。

それは堕落前の状態、つまり
神様と一問一答を交わした創造本然の世界です。

だからこその報告祈祷です。

「〜してください」「こうなりますように」
と祈るのではなく、自らが実践した内容を
具体的に神様に報告し、神様のみ声に耳を傾けるのです。

神様が働いてくださることで勝利できたという体験が必要です。
このような体験を積み重ねていけば、
「神様が共にいれば、できないことはない」
という確信が生まれてくるでしょう。

大切なことは、神様が働ける自分になることです。
どのようにしたら神様が働ける自分になるのかを知ることこそが、
一番大切なことです。

スマホで立ち読み Vol.10
『天一国時代の信仰生活講座』(9)の後半
第一章 神による召命
4. 召命された者の立場
(二)神様が共にいれば、できないことはない
前田千代子・著

(季刊『祝福家庭』で10回にわたって連載され、
好評を博した「信仰生活講座」を書籍化。
千葉中央修練所で長年行われてきた
講義のエッセンスが詰まった一冊。
Blessed Lifeより)


基元節の宣布、というのは、
人類歴史の大転換、ターニングポイントでした。

外的に見ると、その変化を
私たちには、見ることができませんが、
霊的に見るとこれ以上の変化はありません。

ですから、祈祷するにおいても、
神様が働く勝利圏は拡大しているので、
祈って実践することを通して、
導かれていくのだと思います。

まさに、自己牧会プログラムに通じますね。
時代の恩恵を自分のものにしなければ、ですね。





にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 11:27 | Comment(0) | 信仰生活・信仰講座・礼拝説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。