2020年09月10日

突然怒鳴り出したお客さんに、感謝して対応できた日 《自己牧会プログラム》



200910.jpg


毎回好評の、自己牧会プログラムの証し。
今回は、『私を怒鳴る人の心に寄り添う』です。


コンビニで働き始めて7年になります。
 
接客にはマニュアルがあり、それに従って応対すれば
大抵のことは何とかなるのですが、
時にそのとおりにいかないこともあります。

お客さまには一人一人、そのかたの考え方、常識があるので、
こちらがそれに沿わないことをすると、
怒りやクレームとして返ってくるのです。

そういう場合は、「自覚を取り戻す」ワークをして、
意識を「今ここに」置き、
「今のこの状況を正しく見させてください。
心の目で見させてください」と祈りながら対応しています。

ある時、60代くらいの男性がコンビニ決済の手続きに来られました。
処理をして、控えの用紙をお渡ししたところ、
そのかたが突然、怒り出したのです。

よくよく聞いてみると、そのお客さまは、
用紙を小さく折りたたんで渡してほしかったようです。

「そんなこともできないのか。
ちゃんと習わなかったのか!」と、
ものすごい剣幕で怒鳴られてしまいました。

7年働いて、これほどに怒鳴られるのは滅多にないことなので、
こちらも一瞬、頭が真っ白になりました。

それでも必死に「自覚を取り戻す」ワークをして、
意識を「今ここに」置くように努めました。

気持ちが落ち着いてくると、不思議と
そのお客さまの気持ちに寄り添えるようになりました。

「このかたも、何か思いどおりにいかないことがあって、
いっぱいいっぱいなのかもしれない」

そのように考えたら、このかたのために
何でもしてさしあげたいという気持ちになり、
「気が付かず失礼しました」と、心から謝ることができたのです。

すると、そのお客さまもすぐに機嫌が直り、
何事もなかったように帰っていかれました。

その後ろ姿に、「どうぞ、きょう一日、幸せでありますように」
と祈りながら、光を送りました。

接客の仕事は、いろいろなケースに臨機応変に対応することが要求されます。
「自覚を取り戻す」ワークで守られることがたびたびあり、
ワークの恩恵を感じています。

(女性 40代)

私の心の中にいる神様 33
私を怒鳴る人の心に寄り添う


ちょっとしたことかもしれませんが、
日常生活においてのささいな出来事が、
一日を左右してしまうような、
そんな状況になったりしますよね。

やはり、「自覚を取り戻す」ワーク。
自分の良心を目覚めさせることで、
「私の神様」が私のために働いてくださるのです。

何かあったときに、
良心の声を求める
『善なるくせ』をつけていきたいですね。






にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


  「私の心の中にいる神様」シリーズ

良心との対話で、ワクワク感が止まらない!

真の父母様が、「第二の神様」であると言われた“良心”。
自分の心の中にいる神様―良心―と対話(瞑想、祈り)することによって、
自己中心的な思いに囚われていたことに気付き、
本然の自分を取り戻していくことができます。

そんな真の父母様のみ言と解説、それに基づいた
実践(ワーク)を軸に展開されている自己牧会プログラムの中で
多くのかたが感じた体験をお届けします。

(Blessed Lifeより)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 09:51 | Comment(0) | 自己牧会プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。