2020年09月12日

この人の神様になってあげなさい 妻・夫がくじけそうな時に 《平和の母に学ぶ・浅川先生》



200912-20060606.jpg


浅川先生の『平和の母』から学ぶ13の人生の道しるべ
今回は、「愛を生活の中心に据える」です。


物まね芸人のコロッケさんが真面目に歌う歌があります。
「人間って何だろう?」(作詞:岡田冨美子、作曲:杉本眞人)です。

歌詞がいいのです。

「人間はなぜ生まれるの 
 なんで生きているの 
 どうして愛するの」

「神様が決めたこの人と 
 おまえは結ばれる 
 神様が決めたこの人が 
 おまえの神様になる」

「神様が決めたこの人が 
 負けそうになった時 
 神様が決めたこの人の 
 おまえは神様になれ」


結婚して夫婦となったら、
伴侶は「神様となる」というのです。
 
年末年始になると神社に参拝に行きますが、
家の中に夫と妻という名の神様がいるというのです。

そうすると、家庭は夫婦神様が住みたもう
家庭神社ということになります。
家の玄関におさい銭箱を置いてもいいくらいです。

夫にとって妻は女神様です。だから妻におさい銭をあげて、
願い事をしなければなりません。
時には、手を水で清めてから妻に触れなければなりません。

妻を神様のように貴く接するのです。
妻神様に喜んでもらえば、福運が家庭に到来します。

もし妻神様が子育てで疲れ果て、
家事の忙しさで「負けそうになった時」、
夫は妻の神様になればいいのです。


神様は親です。
親とは父母です。

だから夫は、妻の父のように真理を教え、
人生の正しい生き方を諭すのです。

冒頭の歌詞にある
「人間はなぜ生まれるの 
 なんで生きているの 
 どうして愛するの」という、
それらの疑問を全て教え諭すのです。

また神様は母でもあります。
それゆえ夫は、妻の母となって
無条件にひたすら妻を愛すればいいのです。

母親は赤ちゃんに無私、無償、無条件にお乳を与えます。
妻がくじけそうになった時、夫は妻の母神様になるのです。
母なる神様になって、お乳を与えるごとく、
無私、無償、無条件で妻を愛するのです。

夫婦が互いに神様のように貴く接し、
神様となって愛し合ったら、
家庭はまさしく神様が住む家庭神社となるのです。

 
「平和の母」韓鶴子夫人は、
天の父母様の天母の愛を人類に注ぐかたです。

つらすぎた歴史を持つアフリカの黒人指導者たちが、
無条件に「平和の母」を歓喜して迎える理由はそこにあります。
無私の母の愛を感じ取ったのです。

平和の母は語られています。


「私はいつも、愛を生活の中心に据えました。

 …赤ん坊が泣けば、母親は
 どんなに疲れていても無条件にお乳を与えますが、
 そんな無私の愛こそ、最も偉大な愛です。

 …子女や家族のため、妻や夫のため、
 全人類のため、全世界のために生きている、
 という思いを持ってこそ、
 自分自身が幸福になれるのです」


(韓鶴子総裁自叙伝『人類の涙をぬぐう平和の母』316ページ)


浅川 勇男
『平和の母』から学ぶ13の人生の道しるべ 12
「愛を生活の中心に据える」
Blessed Lifeより


コロッケって、意外にいい歌を歌いますよね。
「人間って何だろう?」という歌もあるんですね。

いつも一緒にいる人が「神様」
真のお父様は、素晴らしい真理を解き明かしてくださいました。
そして、それを完成させたのは、
真のお母様ゆえでしょう。

私たちも、夫婦を「神様」だと常に思えればいいのですが、
そう思えない時もあったりして。。。

ブログは夫婦で作っているので、
この文章は妻に見られていますが、
やはり、神様、だと思えないのは、
自分自身の傲慢さのゆえであると思い、
謙虚に悔い改めないといけないですね。

真の愛を実践し、勝利し、それを
私たちに示してくださる父母様に
心から感謝して、
「夫婦一体」を目指していきたいです。








にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。