2020年09月21日

神に帰るにはどうしたらいいか?! 徳野会長が語る信仰生活の核心テーマ



200921.jpg


徳野会長のビデオメッセージ、
今回は、真の父母様のみ言と
「見落としてはならない
信仰生活の核心テーマ」ということで
語ってくださっています。


[T]真の父母様の信仰指導のゴール

真の父母様は常に天の父母様(神様)第一主義を唱えて、
私たちを指導してくださいました。

一つの例として、1975年7月13日、
ニューヨークのベルベディアで語られた真のお父様のみ言を引用します。

「理想的人間に向かって進むよりは、
 神に帰れという結論がここに下されるのであります。
 ……神に帰らなければ、人間は正しいことを
 生み出すことができない、
 という結論になるのであります」
(『御旨と世界』431頁)


また、私が9月6日、日曜日の朝に訓読した
『平和経』の中に、このようなみ言がありました。

「真の父母様は、血を流す道を通して、
 地上に神様をお迎えする使命を遂行しているのです。
 真の父母様が十字架を背負うのは、
 神様を地上にお迎えするためです」
(1243頁)



このみ言と同様の内容を、真のお母様も
最近、一貫して語っておられます。

「天の父母様に帰りなさい。
 人類77億の最低3分の1を
 天の父母様に侍る、そのような民にしたい」 

「天の父母様に帰らなければならない。
 地球上の全ての難問題は、
 人間の知恵や努力だけでは絶対に解決しない」


したがって、私たちに対する真の父母様の、
おふたり共通の信仰指導のエキスでありゴールは、
「神に帰れ、天の父母様に帰れ」ということにあります。


[U]天の父母様を正しく理解するための唯一の道

ところが、その天の父母様に帰る道が簡単ではありません。
私たちがどんなにお父様の願いが神に帰ることだと教えられても、
実際に神様を正しく知ることは、私たち人間にとっては簡単ではないのです。

たとえ家庭連合に所属していたとしても、
真の父母様の解釈や解説を参考にしない限り、
私たちは正確に神様のみ意、願いや心情世界を知ることはできません。
つまり、神様を知るためには、むしろ
真の父母様に帰らなければならないという結論に至るわけです。

このことがはっきり分かっていれば、
わが家庭連合から分派が発生することはありませんでした。

真の父母様を全ての判断基準にする。
真の父母様のみ言、真の父母様の願い、とりわけ、
その時々の真の父母様の具体的なご指導やご指示に
絶対信仰で従っていれば、絶対に分派というものは発生しないのです。

家庭連合といえども、食口一人一人の、
神様のみ意や願いに対する捉え方がまちまちなだけに、
真の父母様に対する絶対的な基準の中心性が立っていなければ、
本当の意味での統一はありえないということです。

真の父母様のみが、家庭連合を中心として
全世界の人類が一つになる道を提示できる唯一の存在であるのです。


[V]復帰摂理歴史の勝敗の鍵

ここで、天への信仰と、実体的に「侍る」ということについて、
違った角度から考えてみたいと思います。

『原理講論』の復帰原理の部分を読むと、
「信仰基台」と「実体基台」という概念が出てきます。
中心人物が「信仰基台」を立て、「実体基台」を形成して、
初めて「メシヤのための基台」ができて、メシヤを迎えるというわけです。

信仰基台は、絶対的で揺るぎのない神様の前に、
相対的な存在である人間が信仰を立てます。

人間さえ「天に対する信仰の闘い」に勝利して、
縦的な信仰を立てれば、信仰基台は勝利します。
これが信仰基台の特徴です。

ところが、実体基台は違います。
中心人物であるアベル、そしてカインも相対的な存在であり、
堕落性を持っています。

お互いに裁き合えば、カイン、アベルの一体化はありえません。
お互いに足りないところを補い合い、一つになるためには、
許しが必要であり、横的な愛の闘いに勝利しなければならないのです。

つまり、信仰基台が信仰の闘いであるのに対し、
実体基台は愛の闘いです。
しかも、まだ完成していない、堕落性のあるアベルが、
不完全なカインを愛して自然屈伏せしめ、
お互いに尊敬し合えるような関係を築かなければならないのです。

したがって、実体基台の勝利は信仰基台よりも難しいという側面があります。
そのような観点から、実体基台の勝利こそ、復帰摂理歴史の勝敗の鍵なのです。


[W]摂理的勝利の鍵は「中心性」と「一体化」

結論的に言えば、み旨の道は信仰と愛、
この2つを勝利しなければなりません。

天の父母様と真の父母様に対する「中心性」の勝利。
そして、カインとアベルが一つになる「一体化」の勝利。

この「中心性」と「一体化」の勝利こそ、
復帰摂理を勝利するための核心であり、鍵です。

天寶入籍勝利家庭になるためにも、この2つの条件が必要です。

一つは先祖解怨、先祖祝福のための縦的な精誠条件です。
そしてもう一つが、430家庭の横的な基台です。
まさに、信仰の子女を立てる愛の闘いです。

とりわけ、核となる43家庭の基台を立てるという、
この愛の勝利の実績なくして、天寶入籍勝利家庭になることはできません。

どうぞ、この内容を参考にして、決して分派に惑わされることなく、
日々の信仰生活におけるさまざまなサタンの誘惑や試練を乗り越えて、
信仰基台、実体基台を共に勝利し、天寶入籍勝利家庭になっていってください。

天の父母様を正確に知るためにも、真の父母様と一つとなり、
真の父母様を正確に知るためにも、
目の前のアベルと一つになりましょう。

そうして、信仰生活の核心テーマである「中心性と一体化」を勝利して、
真の父母様の願いである天寶家庭となり、
共に一丸となって救国救世の基盤造成を果たしてまいりましょう!

会長メッセージ
世界平和統一家庭連合会長 徳野英治

本シリーズでは、最新の天の摂理とみ言の要点、
祝福家庭や教会員が持つべき信仰姿勢のポイントなどについて、
世界平和統一家庭連合・徳野英治会長のメッセージをお伝えします。
今回は、私たちが「見落としてはならない
信仰生活の核心テーマ」についてです。
9月度のU-ONE TV動画版と併せてご活用ください。
(編集部)
中和新聞より


徳野会長が語られるごとく、
私たちは神様を正しく知らなければならないと思います。

同じ神様を信じているはずなのに、
こんなにも宗教が分裂し、相争っています。
その理由は、本当の神様を知らないからです。

本当の神様を知るためには、
どんな神様なのかを教えてくださった、
真の父母様を知らなければなりません。

私たちが天の願うように、
真の父母様の願うように一つとなることは
実際、簡単ではありません。

本当に真の父母様の価値がわかり、
その心情に通じるなら、
誰でも簡単に一つとなれるでしょうが
伝えることでまず躊躇してしまい、
家庭にしても、み旨にしても、本当に課題ばかりで、
私の力では、いきづまってしまいます。

祈りながら、天と真の父母様から力をいただき、
愛の言葉を掛け合いながら、
授受作用の力を得ていく。。。

そして、もっともっと天の父母様である
真の神様を知っていきたいと思うのです。






にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 08:37 | Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
思うばっかりでなく、実感、実績を教えてください。
Posted by いぐなっち at 2020年09月21日 22:44
実感、というのは、神様を感じた、ということでしょうか?
不定期にブログに載せていると思いますので、省略します。

実績というのは、教会の実績でしょうか?
様々、進展している部分もありますが、対策上、掲載することができないので、これも省略します。

ご了承ください。

>いぐなっちさん
>
>思うばっかりでなく、実感、実績を教えてください。
Posted by ten1ko2 at 2020年09月22日 10:54
統一教会が分裂してしまったのは、組織に責任があると思います。

(アベル・カイン)
「あなたは私よりも後に原理に導かれた。だから、あなたはカインで私はアベル。カインはアベルに絶対従順しなければならない。だからあなたは私の言う通りにしなければいけない」
というやり方(実際に言われました)は、自然屈服でしょうか?

(献金)
ご存知通り、借金してまでも献金するように言われます。
保険を解約しろとか、○○を売却してお金を集めろとか。
献金は本来、感謝の真心からお捧げするものだと思うんですが。
これでは取り立て、集金です。

分派が出来たのはこのような背景があり、これらが正しいと思えないから発生したのではないでしょうか。
徳野さんも長い教会生活で、世間一般の常識とは違うお考えだと思われます。
必ずしも世間一般の常識=御心 ではないですが、良心に手を当てて祈れば自ずと答えは出てくると思います。
「私は正しい! 分派は間違ってる!」
ではなく、どうして家庭連合から人が離れてしまったのか原因を考えてもいいと思います。
Posted by はちみつ at 2020年09月23日 12:33
『お互いに裁き合えば、カイン、アベルの一体化はありえません。
お互いに足りないところを補い合い、一つになるためには、許しが必要であり、横的な愛の闘いに勝利しなければならないのです。
つまり、信仰基台が信仰の闘いであるのに対し、実体基台は愛の闘いです。
しかも、まだ完成していない、堕落性のあるアベルが、不完全なカインを愛して自然屈伏せしめ、お互いに尊敬し合えるような関係を築かなければならないのです』

このみ言を引用すると、はちみつさんが、おっしゃられているように、組織として、反省し、悔い改める部分はあると思います。

>はちみつさん
>
>統一教会が分裂してしまったのは、組織に責任があると思います。
>
>(アベル・カイン)
>「あなたは私よりも後に原理に導かれた。だから、あなたはカインで私はアベル。カインはアベルに絶対従順しなければならない。だからあなたは私の言う通りにしなければいけない」
>というやり方(実際に言われました)は、自然屈服でしょうか?
>
>(献金)
>ご存知通り、借金してまでも献金するように言われます。
>保険を解約しろとか、○○を売却してお金を集めろとか。
>献金は本来、感謝の真心からお捧げするものだと思うんですが。
>これでは取り立て、集金です。
>
>分派が出来たのはこのような背景があり、これらが正しいと思えないから発生したのではないでしょうか。
>徳野さんも長い教会生活で、世間一般の常識とは違うお考えだと思われます。
>必ずしも世間一般の常識=御心 ではないですが、良心に手を当てて祈れば自ずと答えは出てくると思います。
>「私は正しい! 分派は間違ってる!」
>ではなく、どうして家庭連合から人が離れてしまったのか原因を考えてもいいと思います。
Posted by ten1ko2 at 2020年09月24日 20:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。