2020年10月16日

(証し)路傍伝道で良心の声、あざ笑う人のために祈ると… 《自己牧会プログラム》



201016-2020.10.11.jpg


自己牧会プログラムの証し、
「街頭伝道で聞いた良心の声」です。


街頭伝道での体験です。

人に声を掛ける時、「怖そうだからやめよう」とか、
「優しそうだからいけるかな」など、
自分なりの思考や経験から人を判断していることに気が付きました。

そこで「心の目で見る」ワークをし、
「真の愛を中心として正しく見させてください」と唱えながら、
神様、真の父母様の視点に近づこうと努力しました。

 
そういう中、少し離れた所で歩んでいた婦人が、
若い女性を止めて話を始めました。

ところが間もなく、友達とおぼしき人がやってきて、
「忙しいんで」と言いながら、その女性を連れていってしまったのです。
しかも、「何、あれ」と笑いながら……。

「こんなに頑張っている人を笑うなんて、
どういう神経してるんだ」と怒りが湧いてきました。


必死に「自覚を取り戻す」ワークをしながら、
意識を「今、ここ」に置いていると、
「あの人たちのために祈ったらいいよ」という
良心からの声を感じました。

それができるまでに少し時間がかかりましたが、
何とか「あの人たちは、今は何も分からないけれども、
いつか神様、真の父母様を知って幸福になれるように導いてください」
という、「祝福の祈り」をすることができました。

すると、真のお父様が迫害の中でも日本のために祈ってくださったこと、
イエス様も自分を殺す人のために
とりなしの祈りをされたことが思い出されました。

そして怒りもあるけれど、それ以上に
その人たちのために祈ってあげたいという思いが強く湧いてきたのです。
不思議でした。


そのまま「祝福の祈り」を続け、その後に声を掛けた青年が
関心を持ってくれて、受講が決定しました。

結果が出たこともうれしかったのですが、
私たちを笑う人、反対する人ために祈りたいと
心から思える自分がうれしくて、
そのように導いてくださった神様に感謝しました。

(男性 20代)

私の心の中にいる神様 38
街頭伝道で聞いた良心の声


東京を中心に街頭伝道は今も行われていて、
私たち、千葉の松戸家庭教会も細々ながら、
毎週活動を継続しています。

迫害は少なくなった気がしますが、
反対、拒否する人たちは相変わらずです。

この証しのように、
止めている人の邪魔をしたり、
偏見の目で見たり、
嘲る人たちもいますね。。。

しかし、この方は、良心の声を聞き、
祝福の祈りを捧げたのです。

そして、心情転換の土台で、
青年を導くことができました。

こういう心情の切り替えは
とても重要だと思います。

良心を呼び覚ます自己牧会プログラム。
まさに天一国時代にふさわしい
神様からのプレゼントですね。







にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 16:09 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。