2020年10月26日

「息子が勉強しなくてもよい」全てあるがまま、受け入れてみると 《自牧プログラム》



201026.jpg


自己牧会プログラムの証し。
今回は、「全てを受け入れて良しとする」です。


子供たちの春休み期間のことです。

ある夜、ゆっくりする時間があり、子供たちと一緒に風呂に入りました。
布団も敷いてあとは寝るだけ、明日の準備でもしようと、
かがんでカバンを開けていたら、
後ろから娘(11歳)が「パパ−」と言いながら抱きついてきました。

少しびっくりして立ち上がった拍子に、
観葉植物の鉢(プラスチック)に頭をぶつけてしまいました。
痛かったものの、それだけならまだよかったのですが、
その鉢が落ちてきて、
開いていたカバンの中に砂がザーッと入ってしまったのです。

それまでのゆったりした気分はどこへやら、
途端にイライラしてきました。
しぶしぶ砂を片付けていると、妻と、
高校進学を控えた息子の会話が耳に入ってきました。

聞くともなしに聞いていると、妻が、
高校から配られたパンフレットを見ながら、
「学校推薦の電子辞書があるんだね。36000円かあ」
と言っているのが聞こえてきました。

私は、「えっ、36000円?」と反応してしまい、
思わず息子に「何年か前に買った電子辞書、あるよね。
あれ使ってないんじゃないの?」と聞いていました。

すると息子が、
「あれ、古いし、電池入ってないもん」と言うのです。

私のイライラはピークに達し、
「電池くらい自分で入れたらいいじゃないか」と
きつい口調で言い放ってしまいました。

さらにそれでは収まらず、「春休みは自主学習の時間だろう?
ちゃんと計画を立てて予習、復習やってるの?」などと、
電子辞書とは関係ない話をたっぷり5分間、
息子にぶつけてしまったのです。
 
その後、息子は何とも言えない表情で寝てしまいました。


翌日、教会で「自己牧会プログラム」について学ぶ機会がありました。

「全てを受け入れて良しとしたら、どんな感じがするんだろう」
とイメージし、「全てを受け入れて否定するものがなくなったら、
平和な世界、一つの世界が見えてきます」というふうに導かれました。

この言葉が、私の心深くにしみ通っていきました。

そこで、「頭を鉢にぶつけてもよい。
かばんに砂が入ってもよい。
電子辞書が高額でもよい。
息子が勉強しなくてもよい」と言いながら、
全てを受け入れる努力をしてみました。

すると、「息子は自分のペースで勉強しているよ」
という良心の答えを感じたのです。
そうだな、彼は彼のペースでやっているなと思えてきました。

平安な気持ちで帰宅し、息子に
「昨日はすまなかったね。電子辞書、欲しいの?」と聞いてみました。
「うん、欲しい!」
「じゃあ買ってあげるね」

すると息子はニコーっとして、目を輝かせました。
口角が上がってのぞいた白い歯を見ながら、かわいいなあと感じました。

息子は、「僕、勉強頑張る!」と言って、
実際、その夜は12時くらいまで勉強していました。

全てを受け入れて良しとしていくと、
親子の心がつながって平安な世界が見えてきました。
こういう体験を積み重ねていきたいと思います。

(男性 40代)

全てを受け入れて良しとする
blessed lifeより


日常の何気ない証しですが、
心がほのぼのしてきます。

うちの上の子たちも、こんな頃があったなぁと、
懐かしい気持ちになりました。

ちなみにうちの末の子は、
本当に勉強をしませんが、
なのでそれを考えただけでストレスです。

気持ちがなんだか収まらない時、
ムラムラとした思いが湧くとき、
一度立ち止まって、自分自身を見つめ直す、
とても重要なことだと思います。

日常生活の積み重ねが、
未来の生活環境に影響を与えます。

いつも自分の「本心(良心)」に問いかけながら、
本心の願うとおりに歩んでいきたいです。





にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)

posted by ten1ko2 at 09:33 | Comment(0) | 自己牧会プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。