2020年10月28日

「顔は人のためにある」 マスクの弊害をこんな工夫で 《橘先生》



201028.jpg


橘先生のコラム、
今回は、「表情が見えないので…」です。


マスク着用が日常となって既に半年以上。
その影響が思わぬ所から報告されています。

保育所では、保育士の表情が見えにくいため、
子供との意思疎通がうまくいかず、
その結果乳幼児の様子に変化が出ている、
という内容の記事が地元紙に載りました。

食事の進みが悪くなったり、問い掛けへの反応が
鈍くなったりする事例が発生しているというのです。

幼い子ほど表情を通じたコミュニケーションが大事だそうで、
それが十分でないと子供の発達に大きな影響を与えかねない、
と専門家は言っています。

感染予防か健全な発達促進か、現場はジレンマを抱え、
保護者の意見も分かれているとのこと。

幼少期に情の啓発が十分にできなかったら、
先の世代の情が薄くなってしまうかもしれません
(既に薄くなってきていると感じている人もいます)。

今年度、新入生や新社会人になった人たちは、
いろいろな意味で気の毒だと感じています。

新しい同僚やクラスメートとは初対面からずっとマスク着用ですので、
相手の顔を十分に見ることができません。

学生ならば、昼食時や体操の時間に
「あ、こんな顔なんだ」と辛うじて分かるくらいでしょう。

かく言う私も、新しく入塾してきた子たちとは、
お互いマスク顔しか見ないままきました。
たまたま水分補給にマスクを外すところを見て、
「あら、そんな顔だったのね」という感じです。

そして、マスクの下の部分を想像して抱いていたイメージと
実際の顔のギャップに驚きます。
印象が本当に違うのです。

反対に生徒からも
「先生ってそういう顔だったんだ」と言われました。

生徒の顔認識と記憶を、頭の中で書き換える作業に、
元々顔や名前を覚えるのが苦手な私は苦戦しています。

先月、生徒用の机の3方がアクリル板で仕切られ、
講師にはマウスシールド(透明なアクリル製のマスク)が支給されました。
そのせいもあってか、生徒がよく質問してくるようになり、
その変化に驚きました。

そんな時に上記の記事を読んだのです。

マスクを着けてニコッとしても、単に
目を細めているようにしか見えないかもしれません
(遅まきながら鏡を見て確認しました)。

今年の3年生はおとなしい子が多いな、
とやや寂しく感じていましたが、
どんな人かよく分からない、という
無意識下の隔たりがあったのかもしれません。

そんなことを思っていたら、テレビドラマで、
マスクを着けた会社員が互いに
「初めまして」とあいさつを交わす時、
一瞬マスクを下げて顔を見せ合っていたのがとても印象的でした。

ああ、こういうふうにすればよかったのか、と今更ながら知った私です。
やっぱり顔は相手のためにあるのですね。

コロナ禍でのより良いコミュニケーションを工夫していかなければ、
その影響が後々出てくるかもしれません。
情緒を育むこと、心の問題は後回しにはできませんね。

夫婦愛を育む 136
表情が見えないので…
ナビゲーター:橘 幸世


「顔は人のためにある」
本当にそうですよね。

コロナ事態を通じて、
人との接触ができない状態なので、
握手やハグなどのスキンシップもできないですし、
にっこり笑ったつもりでも、
マスクをしていると伝わりません。

「ために生きる」ということが、
簡単にはできないような状況になっています。

しかし、日常生活のささいなことも
一つ一つの物事に対して、
見方を変えればどうでしょうか。

確かにちょっとマスクを外して笑顔で
会釈をするくらいは問題なさそうです。

真のお母様が、物理的にどんな大きな会場でも
集まることのできない世界中の人たちを、一度に
オンラインで大会に参加するようにしてくださったように、
ピンチをチャンスに変えることもできると思うのです。





にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 09:34 | Comment(0) | 信仰生活・信仰講座・礼拝説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。