2020年10月27日

1973年の日本へのみ言とお手紙 「軍隊」・10日に一度は〇〇をしなさい 《小山田先生》



201027.jpg


小山田秀生先生の自叙伝より、
『日本の行くべき道とは、〜10日に一度ずつ、
親、兄弟に手紙を出しなさい〜』の一部抜粋です。


(1973年)7月8日、旧松濤本部でお父様は
「一心不乱 一生懸命」と題してみ言を語られています。

日本は国難を乗り越えるために岐路に立たされていると指摘されながら、
5万人の核心要員と50万人の賛同会員の、
数的な伝道基盤の必要性を強調なさいました。

お父様はそのみ言の中で、日露戦争で活躍した
乃木希典・旧陸軍大将の話をよくされました。

乃木大将は、ロシアとの激しい戦闘の中で
2人の息子を失いながらも、後退することなく、
数多くの日本の青年たちに攻撃命令を下し、
国のために死を覚悟して突き進んでいった愛国者です。


お父様は、日本が直面する危機に言及されながら、
次のように語られました。


「世界的に恐ろしい軍隊があるとしたら、
恐ろしいほど訓練された軍隊です。
素晴らしい軍隊があるとしたら、
素晴らしいほど訓練された軍隊です。
それ以外にありません。

…訓練が必要です。
でたらめな訓練ではありません。
計画的であり、科学的であり、理論的であり、
実践的な計画の訓練が必要です」



そして、

「10日に一度ずつ自分の親、兄弟に手紙を出しなさい。
 君たちが社会に向けて活動する3分の1の
 努力があったら、氏族復帰は可能です。

 天国づくりは氏族基台を中心として、
 それから社会につながる12弟子と72門徒です。
 それがなければ、社会を率いることはできません」


と、氏族伝道について強調されています。


1973年3月13日、お父様はアメリカから
日本の食口たちに励ましの手紙を下さいました。


「皆様! 強く正しく、また、雄々しく励んでください。
 …数千年間に無き一時たる今の二年は、
 我らはもちろん、人類の運命が掛かっています。
 各自が責任分担を果たすように願います…」



このように日本における伝道の推進を期待し、
励ましてくださいました。

小山田先生の自叙伝
真の父母様の御跡を慕って 7

乃木大将についてのみ言
「日本の行くべき道とは、〜10日に一度ずつ、
親、兄弟に手紙を出しなさい〜」


私は献身する前、勤労青年として、
証券会社の営業マンをした時期がありますが、
ちょうど支店の目の前に乃木邸がありました。

乃木神社や、乃木邸を独りで巡り、
よくお祈りしていました。

この邸宅で明治天皇が崩御された時、
ご夫婦で自害されたのでした。

「お国のため、天皇陛下のため」
そんな崇高な精神を持っていた乃木大将。
私たちも学ぶべきところが多いでしょう。

また、お父様の「軍隊」に関するみ言、
10日に一度、親に手紙を書くように語られたみ言、
どちらも胸に刻むべきみ言ですね。




にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 07:00 | Comment(0) | 草創期の証し(韓国・日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。