2020年11月09日

意外と多い、お祈りが苦手な人に?! 目から鱗の《自己牧会プログラム》



201109-samuel.jpg


自己牧会プログラムの証し。
今回は、「痛みを軽くし平安に導かれる祈り」です。


私は1982年に伝道されて以来、長く公職に就いています。

教会員と接する中で、祈りについて
課題を抱えている人が多いことに気が付きました。

「祈りが苦手」というかたに
「どんなお祈りをしていますか?」と聞くと、
「ひたすら一生懸命、お願い事をしている」
というかたが多いのです。

それは悪いことではないと思いますが、
神様の責任分担と人間の責任分担があり、
人間が5パーセントを果たしてこそ物事は成就していくのですから、
お願い事をすると同時に自分の責任分担を悟って実践していかないと、
お祈りが空回りするだろうなとも感じます。


また、責任者やスタッフのかたは、むしろお願い事をしてはいけない、
自分自身のことを祈ってはいけないと
強く思っている傾向があるように感じました。

そういうかたは、心情が下がったときほど
祈れなくなるという状態に陥りがちです。

こうした話を聞きながら、お祈りについて
もっと共に学ぶ機会があればいいなあ、
お祈りが変わると人生そのものが変化するのだから、
と思うようになりました。


そういう中、6年前に自己牧会プログラムに出合いました。

そこで取り組む「ワーク」は「小さなお祈り」であり、
「こういうときにはこういうふうに、心の中の神様に尋ねたらいいよ」
と細やかに教えられました。
“目からうろこ”の内容ばかりでした。

例えば、「自覚を取り戻すワーク」の中で、
自分の感じていることをそのまま実況中継して
客観視していくという内容があります。

心に何か痛みを感じているとしたら、
それをそのまま感じてみるのです。
それも一つの祈りの形であり、
それをするだけで痛みが消えていく場合があります。

外的に何かが変化するわけではなくても、
心の痛みや悲しみが消えて平安が得られるということが、
実際に起きるのです。

そういう例をたくさん見てきましたし、私も体験しました。


ある時、夫婦げんかをよくするという婦人から
こういう相談を受けました。

「夫とけんかをすると、1カ月くらい口を利かなくなります。
その期間は祈れない、感謝も悔い改めの祈祷もできないんです。
そういうときは、泣きながら掃除機をかけています」

そこで私は、
「神様の前に、思っていることを
そのまま祈ったらどうでしょうか」
と提案しました。

すると彼女は驚いて、
「思っていることをありのままに祈ってもいいのでしょうか」
と聞くので、
「大丈夫です、神様は全てご存じですから」
とお答えしました。

その後、その婦人は夫とけんかした時、
私が言ったことを実践してみたそうです。

2時間くらい夫への不満を訴えて、
どうしてこういう人と祝福を受けたのかまで、
率直に祈ったそうです。
すると、だんだんと楽になってきたというのです。

それで改めて「どうしたらいいですか」と尋ねると、
「夫の生い立ちを考えてみなさい」
という良心の声を感じたのです。

彼女の夫は、親の愛情を
あまり受けることができずに育ってきました。
ですから、人の気持ちを推し量るのが苦手で、
人を傷つけるような言葉を不用意に発する傾向がありました。

彼女は、
「もし同じ境遇だったら、
自分もこうなっていたかもしれない」と思い、
知らないうちに「夫を愛します」
と決意表明していたそうです。

それまでは1カ月くらい引きずることもあったようですが、
その日の夜は
夫を笑顔で迎えることができたと報告してくれました。


自己牧会プログラムでは、それぞれのワーク(祈り)を通して心に尋ねれば、
私の中の神様である良心がその解決法を教えてくれると説いています。

この良心との対話は、特別な人だけができるのではありません。
どんな人でも体験できます。
ただ、そこに至るためにはこつがあるのです。

それを分かりやすく体系化して説明しているところが、
自己牧会プログラムの素晴らしさだと思います。

(男性 50代)

私の心の中にいる神様 42
痛みを軽くし平安に導かれる祈り
(blessed lifeより)


ただ、祈るだけではない、
祈るには、こつがある、なるほどー。

『自分の感じていることを
そのまま実況中継して
客観視していく』

あんまり意識していませんでしたが、
これからは、常に意識して、
自分の心情に起伏があるときは、
実践していきたいと思います。

自己牧会プログラムは、
天一国時代における、最大の武器ですね。





にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)




posted by ten1ko2 at 07:04 | Comment(2) | 自己牧会プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>例えば、「自覚を取り戻すワーク」の中で、
自分の感じていることをそのまま実況中継して
客観視していくという内容があります。

例えば悲しい出来事があった時「xxが起きて、今は悲しいと感じている。」「泣きたい気持ちになっている」という具合ですか?
感じるままに自分の気持ちを表現したらいいのでしょうか。
理解不足ですみません。
Posted by はちみつ at 2020年11月10日 17:46


はちみつさん

私は、「客観視して」と書かれている人、本人ではありませんので、あくまでも推測でしかありませんが。。。

「自分の感情のままに、祈る」ということではない、と思います。

「自分がどうしてこのような感情になっているのか・・・」冷静になって自分を見つめていく、そういうことなのではないか、と思います。

今日の記事でも書きましたが、「神の立場になって考える」ということなのではないか、と考えます。

よろしくお願いします。


>例えば、「自覚を取り戻すワーク」の中で、
>自分の感じていることをそのまま実況中継して
>客観視していくという内容があります。
>
>例えば悲しい出来事があった時「xxが起きて、今は悲しいと感じている。」「泣きたい気持ちになっている」という具合ですか?
>感じるままに自分の気持ちを表現したらいいのでしょうか。
>理解不足ですみません。
Posted by ten1ko2 at 2020年11月11日 09:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。