2020年11月17日

新しい世界が無限に広がる! 海外からの喜びの声 《自己牧会プログラム》



201117.jpg


自己牧会プログラムは、海外でも
紹介されています。
ヨーロッパからの報告です。


私はこれまで、み言や聖書を学び、
訓読、祈祷、通教(教会に通うこと)と、
信仰生活をしてきましたが、それが
自分とどう関係してくるのか、分かりませんでした。

真の父母様が平和と地上天国実現のために、
その全生涯をささげ続けていらっしゃることは
よく分かるのですが、それを自分のこととして
実感することができなかったのです。

ですから、いつも信仰生活と
日々の習慣との間に矛盾を感じていました。

そんな私が、最初に「自己牧会プログラム」の
セミナーを受けた時、
「これは真の父母様の教えの実践法を教えてくれているものだ」
と思い、とても希望に感じました。

そして実際、このプログラムに取り組むと、
いろいろな変化が訪れてきたのです。


職場に人間関係でうまくいかない人がいて、
早急に解決する必要に迫られたときのことです。

自己牧会プログラムのワークに従って、
私の中に平和を感じる努力を続けた時、
相手も平和を感じ始めたことに気が付きました。

驚くべきことに、こういうことが、
毎回とは言いませんが、起こったのです。

このプログラムは、内面の平和を勝ち取ることを
助けてくれることを体験しました。


良心の声を聞く練習を始めてみると、
私がいかに良心の声を聞いていなかったか、
そして良心の声がいかに弱いかが分かりました。

それでも必死に良心の声に耳を傾けていくと、
「心と体を一つにしなさい」という意味の
真の父母様のみ言が少しずつですが、
理解できるようになりました。

真の父母様は、私たちが自分の肉身を自由に主管し、
善良で信仰的で原理的な方法で、
人々に影響を与えることを望んでいらっしゃると思います。

そのためには、心を強くする必要があると思うのですが、
それをこの自己牧会プログラムは助けてくれます。

スポーツや音楽の習得など、心を強くするのに
役立つ方法は他にもあると思います。
しかしそれらは神様の原理に沿って心を整えることはしません。
そこが自己牧会プログラムとの決定的な違いです。


私たちは、偉大な宗教指導者や預言者たちのみ言の土台に立つ、
とても光栄で大きな祝福を受けた立場にありますが、
平和は実践が伴わなければ意味がありません。

真のお母様が「私たちが平和をつくり、
実現させなければなりません」と語ることはできますが、
お母様が私たちを強制的に動かすことはできません。
それは私たち自身が自分の意志と力でやるしかないのです。

そのためには、平和をつくり出すための力、
いわば“平和の筋肉”とでも言うべきものが必要です。
ところがこの“平和の筋肉”は、そのままではうまく機能しません。
訓練が必要なのです。

その訓練をしてくれるのが自己牧会プログラムだと、
私は思っています。
ですからこのプログラムは、
神様の摂理にとても役立っていると感じます。


このプログラムに取り組む中で私は、
信仰と生活が少しずつですが近づいていることを
感じるようになりました。

そして平和な世界、天一国の創建は
実際に可能であることを確信するようになりました。

神様とつながっている良心に私がつながりさえすれば、
新しい世界が無限に広がっていくのです。

(イギリス人女性 二世 20代)

私の心の中にいる神様 43
「自己牧会プログラムは
真の父母様の教えの実践法」


今、自己牧会プログラムは、全国だけでなく、
海外でも用いられています。

韓国、アメリカ、ヨーロッパ、東南アジア・・・
先日、特別セミナーがあり、各国での活動の証しがありました。
マレーシアの姉妹が涙ながらに体験談を話していました。

み言は万国共通ですが、
自己牧会プログラムも同じく、万国共通だと思います。

誰にも良心があるし、
良心を目覚めさせる方法も
同じだからだと思うのです。

ワークも地道な作業だと思います。
小さな精誠の積み重ねにより、
多くの証しが生まれることを思って、
少しずつ紹介させていただきます。






にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 07:24 | Comment(0) | 自己牧会プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。