2020年11月19日

お父様が北韓訪問に携帯した聖書?! ダンベリーで通読、33日3時間33分…の奇跡



201119-1991.1206.jpg


真の父母様による電撃的な北朝鮮訪問から
もうすぐ29年がたちます。

金日成主席との会談を終え、
中国経由で帰国されたご父母様の御一行。
そのあとのエピソードを紹介します。


  元香港、ソウル世界日報特派員だった竹谷文夫さんから、
  ダンベリーで聖書を読まれた文先生のレポートが届き、
  その内容に驚きと刺激を受けています。

  以下、文先生が金日成に会うため
  北朝鮮を中国経由で行かれたその時の内容です。



北京の後、私以外の日本人食口は
全員帰国したのですが、
私は御父母様とともに中国に残り、
広東省恵州のPanda自動車社に移動し、
香港に抜けました。

途中、恵州で置き忘れられていた
アボニムのアタッシュケースを、
一行とは別に3時間遅れで私一人で運ぶことになりました。

そのアボニムのアタッシュケースの中には、
アボニムがダンベリー刑務所の中で読まれた
韓国語の聖書が入っていました。

その聖書には創世記から黙示録まで
全ての行が赤鉛筆で線が引かれていました。

裏表紙には韓国語で
「開始1984年12月11日午前0時、
 読了1985年1月13日3時33分34秒」

「読むのに要した期間、33日3時間33分34秒」
さらに「神の御旨をすべて明らかにした」
と書き込まれていました。

アボニムがこの聖書を読み通された期間は、
アボニムが御一人でダンベリーに残っていられた期間でした。

そして、私がこのアボニムの聖書を
恵州から香港に一人で運んだ日、
即ちアボニムがダンベリーで
聖書を読了された事実を知った日は、
アボニムがダンベリーでこの聖書を読み始められた時点から
丁度7年が満了するまさにその日、
1991年12月10日のことでした。

ポーランド国家メシヤ
吉田宏先生が
LINEグループに
紹介したものです
ホームページはこちら ↓  
「令和リバイバル」
(素晴らしい記事がたくさんありますので、
皆様も良かったら、読んでみてください。)


聖書の通読をダンベリーでしておられたお父様。。。
真理を解明され、原理を発表されたにも関わらず、
なお、聖書を読まれていたのです。

読了を3数で終わられたわけですが、
最後、1秒くらいずらして、33秒にしてもいいのに、
あえて、34秒にされています。

3数を越えるとか、何か意味があったのか、
あるいは、時間を意識せずに読まれて、
たまたま34秒になったのか。。。
ちょっと興味深いですね。

ちなみに、聖書の通読は、
休みなしで約100時間だそうです。

お父様は33日で通読されたので、
「一日3時間」と決められて、読まれていたのでしょうね。

お父様の精誠に対して、
改めて感服しました。

さらに、そのダンベリーでの精誠がつまった
聖書をもって、北朝鮮に命懸けで行かれました。

もしも荷物を置き忘れることがなければ
わからなかったことですね。

それからちょうど7年目の日だったというのも、
感慨深いものですし、
数理性の神様を味方につけておられる
お父様の生活、生涯であったと
改めて知ることができました。

素晴らしい証し、
ありがとうございました。





にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 07:24 | Comment(0) | お父様・お母様の路程 証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。