2020年11月25日

(証し)心がふさがれる日々。。。「自己牧会プログラム」で出会った神の愛



201124-20201122.JPG
2020.11.22☆


自己牧会プログラム
今日は、在欧日本人の証しを紹介します。

タイトルは
「私がお前をそこに送った」です。


国際祝福を受けてヨーロッパに嫁ぎ、
片田舎で暮らす日本人です。

夫が教会を離れて20年、次男が引きこもって10年たちます。
祝福家庭として希望を持って出発したはずでしたが、
願いがかなわない現実に気持ちがふさがる日々でした。

そんな中、自己牧会プログラムに出合い、
ワークの実践が始まりました。

「良心との対話」のワークや「光を投げ放つ」ワークなどに
取り組むうちに、少しずつですが、
自分でも気付かなかった心の傷、浅はかな思考、
固定観念などに気付くよう導かれました。

それらの全てを、
「本然の私とは何の関係もありません」
と言いながら、一つ一つ下ろしていきました。

ですが最初は、いくら下ろしたつもりでも、
現実の状況の変化を期待せずにはいられませんでした。


「私は一体どうしたらいいのだろう?
この田舎で私は何をやっているのだろう?」
全てに限界を感じ始めました。

そうして祈り求めた時、神様が
「私がお前をそこに送った」と言われました。
はっとしました。

それまで私は、独り身となった夫の母と
生活を共にするために
ここに引っ越したと考えていたのですが、
その言葉で、
「ああ、神様が私をここに送ってくださったのか」
と初めて気付いたのです。

「これが良心の声だったのだ」と感動するとともに、
以来、神様が私を通してなされることに
心を合わせようと思えるようになりました。


自己牧会プログラムのセミナーで、
 
「願いがかなわないのは
 誰かを何かを否定しているから」
 
「今の状態は自分がつくり出したもの」

という内容に触れたとき、ぱっと開かれた感じがありました。
まさに“目からうろこが落ちる”という感覚でした。

表面的には夫を愛し尽くす努力をしていましたが、
心の奥底では、
真の父母様を受け入れない夫を否定していました。

息子にも母として愛を投入してきたつもりでしたが、
心の深くでは、
「息子は幸福になれない」と否定していました。

カトリックの信仰が根強い地域にあって、
夫の母や姉から「家庭連合のことは一切、
誰にも話さないでくれ」と口止めされていたので、
「親族には何も言えない」
と自分で決めていました。


これらの否定や思い込みを一つ一つ下ろしていくと、
全ての現状は自分の囚(とら)われによって
つくり出してきたものだということが、ようやく分かったのです。

「良心さん、このことに気付かせたくて、
今までずっと忍耐してきてくださったんですね」
と語り掛けると、熱い涙が溢れました。

以来、「否定してきた自分は
本然の自分とは何の関係もありません」
と下ろしていくことを続けました。

 
そんな中、私の中に不思議な心の変化が訪れました。

真の父母様の願いである神氏族メシヤの歩み、
430家庭祝福を成し遂げたいと思えるようになったのです。

私は思い切って、夫に
「430家庭祝福に取り組みたい」と話しました。

それまでどうしても踏み出せなかった一歩でした。
すると夫は、
「あなたが願うならやればよい」と言ってくれたのです。

自分で壁をつくり、身動きできないように
してきたことに気付かされました。
そして良心が私と共に、そして私以上に
働いてくださっていることが分かりました。

全てを下ろすことの妙味に触れ、
私心がなくなれば
良心と共に全面展開できるという確信に導かれています。

道半ばですが、感謝、前進していきたいです。

(ヨーロッパ在住、日本人女性 60代)

私の心の中にいる神様 44
「私がお前をそこに送った」


祝福家庭であれば、大なり小なり
家庭内の問題で悩みがあると思います。

このお姉さんは、
海外にあって、頼りの御主人も教会を離れ、
本当に心がふさがれるような
毎日だったことでしょう。

しかし、自己牧会プログラムを通じて、
自分自身の心が解放され、
そうすることで、み旨に対する
意欲も出てこられました。
素晴らしいですね。

430家庭に向かうことをご主人に認められたのは、
とても大きな第一歩でした。

自己牧会プログラムは、
祝福家庭、最強の武器だと
改めて思わされます。

全面展開できることをお祈りいたします。



にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)

posted by ten1ko2 at 06:28 | Comment(0) | 自己牧会プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。