2020年12月19日

私たちは本当に完成に向かっているのか?! 《金元弼先生の証し》



wonpil19900918.jpg


金元弼(キム ウォンピル)先生にまつわる
先輩家庭の証しです。


私の妻(米国人)が統一神学大学院の院生であった時、
お父様がベリータウン神学大学院に
しょっちゅうお越しになられました。

院生がお父様に質問する機会があった時、
妻が「私たちが完成したと、どのように分かるのですか?」
と質問しましたら、お父様は
「完成したら自然に完成したと分かるんだよ。」
とおっしゃられました。
   

元弼先生が58歳の時、私がとても真剣な顔をしているので、
「澤田さんどうしたのですか。」と、
高い女性のような声で尋ねられました。

先生は言葉使いがとても丁寧で、私のような者にも
「さん」付けで呼んで下さいました。
先生の話を聞かれた方はよくご存知ですが、
先生の声はとても高音なのです。

私が真剣な顔をしていましたので、私がする質問は
大切な質問だとすぐにお分かりになられました。

質問はとてもぶしつけな質問だったのですが、
私には信仰生活をかけた質問だったのです。


「元弼先生、先生は蘇生、長成、完成の
どの段階におられるのですか。
あるいは既に完成しておられるのですか。」
とお尋ねしました。

これは信仰歴が長くなればなるほど、
受ける者にとって厳しい質問です。

それまでいろいろな先輩に、
「今どの段階におられるのですか?」と尋ねても
はっきりと答えてくれる方がいませんでした。

お父様は、私たち堕落人間も祝福を受けて
復帰路程を歩めば完成できる、と語って下さいます。
しかし、身近にその見本の方が居ないのです。

もし、第一弟子の金元弼先生が
「私はわかりません」、と言われたら、
原理のどこに希望があるのだろう、と考えて悩んでいました。


私の信仰生活を賭けた質問に、先生は
「私は今完成期にいます。
そして限りなく完成に近づいています。」
とおっしゃられました。

その時、嬉しくて涙が止まりませんでした。

そして、先生は
「澤田さん、私と一緒に復帰の道を歩みましょう。」
と言われました。

それが1984年の出来事で、いまから36年前の話になります。

(文責:ten1ko2)

アメリカ宣教師・澤田亮一郎先生


元弼先生とのやり取りは、
とても貴重なものだと思います。

「完成期にいます」
とはっきり答えられた元弼先生には、
自信と確信があったに違いありません。

1980年代の元弼先生は、
年齢としては、50代だったでしょう。
私も今50代なのですが、そう考えると、
後輩から同じ質問されたとすると
「完成に近づいています」
と自信をもって答えられるでしょうか。。。

「神氏族メシヤです」
というのは、名ばかりで、
中身も何もない存在であると、
申し訳なく感じています。

内外ともに、公私ともに、
完成期にいることを誇ることができるよう、
さらに精誠を捧げなければ、と思うのです。

私は限りなく完成に近づいてゐます
まるくまーる(旧・教育部長の講義日記)



にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 07:15 | Comment(0) | 私と御父母様 ・信仰の証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。