2020年12月12日

(証し)父母に最も信頼された原理講師、周藤先生?! 愛される世界的講師となるまで



201212-sudo (2).jpg


「世界の教会員を教育した世界的講師」として
blessed lifeに寄せられていた
周藤先生の証しより抜粋して紹介します。


  「神様を見せてくれたら教会に行こう」

大学生の時、クリスチャンの友人が
一生懸命に教会へ来るよう誘ってきた。

「いいよ。でもその前に神様を見せてくれよ。
そうすれば一緒に行くよ」と周藤氏が言うと、
彼は無言になってしまった。

それから1カ月もたたないうちに周藤氏は
慢性腎炎を患い、大学を休学して
一年以上も床に就かざるを得なくなった。


  「ざんげ」に導かれ頬を伝う悔いの涙

そんなある日、神の癒やしについて書かれた本と出合った。

そこには末期がんから救われたとか、結核が治ったとか、
深刻な家庭問題が信仰によってきれいに解決したとか、
そのような奇跡の証しが載っていた。

最初は「こんなことがあってたまるものか」と
考えもしたが、繰り返し読んでいくうちに、
あることが分かった。

奇跡、神癒(しんゆ)の前には「ざんげ」があったのだ。

そして自分の中に悪と不純なものがあまりにも多くあり、
今まで真の意味において誰も愛してこなかったことに気が付いた。

悔いの涙が頬を伝い、枕に落ちていった。


  初めての祈りに応えられた神様

7日7晩、周藤氏の寝床と枕は涙でぐしょぐしょにぬれていたが、
自分の中の不正なものや不純なものが
悔い改めの涙によって洗い流されていくのを感じた。

7日目の晩、一冊の本を読みながら、
手を合わせて生まれて初めて神に祈った。

次の瞬間、冷水を浴びせられたような、
滝つぼにでも入ったような感覚になった。
そして右斜め上から白金色の光が差し込み、
全てを包み込むやいなや真っ赤な炎が脳天を貫いた。

何が起こったか分からず、周藤氏は
しばらくの間、呆然(ぼうぜん)としていた。

背中の所が何かおかしいので手を当ててみると、
腎臓の部分が振動していて、「癒やされた」と実感した。
そして次の日には病気がすっかり治っていたのだ。


洗礼を受けてクリスチャンに

復学後、下宿部屋に聞こえてくる美しい讃美歌の響きに引かれ、
それを聞きに教会に通うようになり、
その後、洗礼を受けてクリスチャンになった。


  イエス様との出会いと、食い違う教え

あるイースターの日の朝、
半分起きて半分寝ているような状態の中で
不思議な体験をした。

朝日が差し込む杉の森で周藤氏が
一人祈っていると、声が聞こえてきた。

「目覚めよ、われ復活せり」

誰だ? きょうはイースターだ。
イエス様ではないか。

それからイエス様との交流が始まったのである。

イエス様からのメッセージは、
直接イエス様から来る場合と霊媒を通じての場合があり、
その記録はノート3冊分にもなった。

そこで問題が生じるようになる。
イエス様が語る内容と牧師の説教の内容が合わなくなったのだ。

悩んだ周藤氏は断崖絶壁や滝に打たれて大きな声で祈ったり、
ある時は生駒山(奈良県と大阪府との県境にある山)の中腹に登って
一晩夜を徹して祈ってみたりもしたが、答えは見つからなかった。


  1962年の夏、統一教会と出合う

答えの見つからない日々を過ごしていたある日、
大阪駅の出口の所を歩いていると、向かい側にいる女性が
のぼりを立てて「六千年の悪の世界が消えて
新しい神の光が差す時が来た!」と叫んでいるのを見た。

1962年の夏のことであった。

このようにして周藤氏は統一教会と出合ったのである。

後にこの証しを聞かれた真のお父様は、
「最初の神体験は君の旧約だ。
クリスチャンとなって新約を経た。
そして成約の統一教会に来たんだね」とおっしゃった。


  初めての街頭演説

周藤氏が初めて原理講義を聞いた翌日、
ある先輩に「一緒に出掛けよう」と誘われた。

どこに行くのか分からないまま30、40分ほどバスに乗ると、
人通りが多くて有名な新宿駅に着いた。
「食事かな? それとも映画かな?」と思ったが、
そのどちらでもなかった。

その先輩は最も人通りの多い交差点へ行って
街頭演説用の看板を取り出すと、
身震いするほどの大声を出して、
腕を振り上げながら演説を始めた。

そんな先輩の姿を、「街頭演説の仕方を
見せようとしているのだ」と気楽に見ていた。

しかし演説をやめ汗びっしょりになりながら、
「さあ、今度は君がやりなさい」と言ってきた。

周藤氏は驚きのあまり「このまま走って逃げてしまいたい」
「こんなことをするくらいなら教会を辞めたい」と思った。
完全に窮地に立たされたのだ。

死んだも同然の思いで恐る恐るその場所に立ち、
その先輩が演説したのと同じように叫んだ。

「親愛なる新宿の兄弟姉妹の皆さま!」

驚いたことに、考えてもいなかった言葉が
口からすらすらと流れ出てきた。

自分でも何を言っているのか分からなかったが、
「これはすごいことだ」と自分が感じているということは分かった。

とても幸せを感じて、その日以来
ほとんど毎日、街頭演説をするようになったのだ。


  立正佼成会会長秘書の原理講義を担当する

1962年8月、当時立正佼成会で会長秘書をしていた
久保木修己氏(日本統一教会初代会長)が初めて教会を訪れた。

久保木氏への原理講義の担当に周藤氏が選ばれたが、
周藤氏は当時、二人の婦人と女子学生に講義をした以外には
誰にも講義をしたことがなかった。

そのような中で行った原理講義だったが、
久保木氏は驚くほどの純粋な心で、
幼子のようにほとんど全てを受け入れた。

講義をしていると、久保木氏の心は
まるで白い紙のようで、そこに周藤氏が
原理を書いているかのように感じた。
その目はキラキラと輝いていた。


  決死の覚悟で挑戦した英語による講義

1974年、教会を強化して第3次7年路程(1975〜1981)を
勝利するため、アメリカの全食口を
再教育することを目的とした修練会が行われた。

アメリカ全土からリーダーと食口(統一教会員)を集め、
全面的に教育をした。

周藤先生は真のお父様の指示により、
その修練会の講師を担当するようになる。

言葉の問題がある中で、
「とにかく始めなければ始まらない。
良い悪いは第二、第三。
やることが第一だ」と決意を固め、
断崖絶壁から飛び降りるような思いで
英語による講義に挑戦した。


  死ぬつもりで飛び込んでみると…

アメリカでの初めての講義。
アメリカの食口たちは、どんな人が来るのかと
怪訝(けげん)そうな顔で見ていた。

そんな食口たちとの霊的な壁を
何とかして破らなければと考えた周藤先生は、
あるあいさつを始めた。

「Can you hear me?(私の声は聞こえますか?)」
と尋ねて食口たちが答えた後にもう一つ付け加えて、
背の低い周藤先生は
「Can you see me?(私が見えますか?)」と言ったのだ。

そうすると大笑いが起き、
互いの間にあった霊的な壁がぶち破れた。
急に殻が破れて、心配していたことが
ボロボロと消えていく雰囲気を感じたのだ。

「大変だと思い死ぬつもりで飛び込んだが、
飛び込んでみれば案外楽だった」と、
後に周藤先生は語っている。


201212-sudo (3).jpg

(参考:中和新聞、
U-ONE TV「周藤健先生自叙伝 真の父母と共に歩んだ人生」)

日本統一運動史〜人物伝 4
「世界の教会員を教育した世界的講師」
(blessed lifeより抜粋)
経歴、講義した主な修練会一覧は下記


旧約、新約、成約の道を歩まれた周藤先生。。。

下記参照の通り、講義を通じて、日本だけでなく、
海外においても多くの人を生かしてこられました。

ウェスタンのメンバーに講義をしている写真、
よく見ると、演台の後ろに段を二つ置いていますね(笑)。

私も1990年代、済州島修錬会で
2週間、講義を受ける恩恵に預かりました。

そこで受けた珠玉のみ言は、
今も自分自身の講義に活かされています。

しかし、そこでの感動、魂の波動は、
どれだけ相続できているか、と考えると
足りないばかりです。

お父様が「周藤!」と呼ばれると、
「はい!」と対される周藤先生のお姿は、
まるで本当の息子のようでしたね。

U-ONE TVに先生の証しが網羅されています。
文字起こしは大変ではありますが、
機会を見て、紹介させていただきます。





にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


周藤健(すどう・けん)先生は、2001年から2013年まで日本の世界基督教統一神霊協会(現・世界平和統一家庭連合/以下日本統一教会)副会長を務められました。
 1960年代は日本国内で行われる修練会で講師を務められ、1973年に日本宣教師の一人として渡米して以降は、世界の教会員の教育に責任を持たれました。
 ニクソン政権時代、カーター政権時代、レーガン政権時代のアメリカで真の父母様と共に歩まれ、1974年〜1976年には十字軍の責任者を歴任されました。
 アメリカで歩んだ時代においては講義やみ言の教育に没頭し、メンバーからは「寝ない人」というあだ名を付けられたほどでした。
 2020年に天寶入籍勝利家庭となられました。

以下は、周藤先生が講師を務めた主な修練会の名称である。

・1962年12月10日〜1963年1月20日、40日修練会
・1963年3月1日〜4月10日、第1期特別修練会(30期まで運営と講師を担当)
・1975年、日本で行われた宣教師の修練会
・1990年ごろ〜、世界の約40カ国で原理講義
・1992年4月21日〜1993年12月1日、日本統一教会氏族的メシヤ修練会(韓国・中央修錬院)
・1992年6月18日〜、日本教会員修練会(韓国・済州国際研修院)
・1993年6月7日〜、アラスカ女性修練会
・1993年10月6日〜12月22日、5万名日本女性幹部特別修練会(韓国・済州国際研修院)
・1994年3月10日〜11月20日、日本女性幹部特別修練会(韓国・中央修錬院)
・4200名北・中・南米ボランティア派遣の日本女性に対する特別修練会(韓国・済州国際研修院)



201212-sudo.jpg


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 08:13 | Comment(0) | 私と御父母様 ・信仰の証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。