2020年12月21日

思っても、これがなかなかできない / こういう祈りが聞かれる?! 《李ヨハネ先生》



201221.jpg


李ヨハネ(イ ヨハン)先生の「信仰と生活」より、
『犯罪行為の転嫁』です。


今まで堕落した人間は、
悪いのは、「あの人がやった」、
いいのは、「私がやった」と、
人に褒められそうなものは、
「自分がそこにいたからそうなった」と思うし、
どうも困ることが起こった場合には、
「私は知らないのだがなあ」と自分を正当化するのです。

それは堕落の心ですが、
本当の、本然の心はそうではないのです。


イエス様がこういう時に、
「世の罪は私が負うから」とおっしゃったのは、
全然私たちと反対です。

私たちは、この世が滅びなければならないとか、
私は聖なる者だが、この世はどうも汚いとか、
この世に対して不平を言ったり、
この世を裁いたりするのですが、
イエス様は、裁くのではなく、責任を負われたのです。

だから、自分が責任をとり、
良いものは人に誉れを返すのが信仰者の立場なのです。

これが、なかなかできないのです。
難しいのです。

理論的には、「それもそうだ」と思うけれども、
実際ぶつかってみれば、
すぐ、自分も知らないうちに
自分を隠してしまう時が多いのです。


しかし、そこをはっきり自覚した時、
泣きながら祈ったなら、
天から協助してくださるのです。

祈りは、自分が堕落性に捕まって失敗した時に、
「神様、こういう時にこうなりました」と
実情を報告すれば、神様が天から
その面を補助して、協助してくださるのです。

だから、祈りというのは、
具体的に祈らないと、その返事が来ないのです。

伝道するのも、一回ぶつかってみて、
その人のために祈りながら日本を祈るとか、
迫害を受けながら、蔑視されながら、
その人を思って祈りながら、人類のために祈るのです。

だから、実体の条件がない祈りは、
全然聞かれないのです。

信仰生活シリーズ 5
心霊を育てる生活原則
「心情開拓」
(「信仰と生活 第一集 原理の生活化」増補、改編)


『迫害する者のために祈れ』
イエス様も語られ、実践していかれました。

また、真のお父様も
同じ歩みをしていかれました。

私たちは、堕落性が強いので、
あえて否定的な環境を与えられ、
感謝して乗り越えることを通して、
イエス様や真の父母様が
通過された道を歩むのだ、と思います。

ただ、最近は、伝道においても、
直接的な迫害は少なくなりました。
内的な迫害、と表現したらいいのでしょうか。
無視、無関心な方が増えていると思います。

いずれにしても
負の思いにとらわれる時、
真の父母様の勝利圏に近づくために
祈りをもって、乗り越えていきたいと思うのです。





にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の哲学・思想ブログのバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 08:28 | Comment(0) | 信仰生活・信仰講座・礼拝説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。